« 2014年3月23日 | トップページ | 2014年3月27日 »

2014年3月25日 (火)

2014年讃岐うどん巡りその2~①オビカ食品②まごころ③どんまい林田本店④山下うどん【番外編】清水屋⑤一屋⑥あやうた製麺⑦讃岐製麺所⑧田井製麺所⑨六平うどん⑩かすが町市場~

 先週の金曜に笠岡と福山、土曜は朝から瀬戸大橋を渡って今年二度目の讃岐うどん巡りを敢行した。
 ずいぶん暖かくなって、動きやすくなったが、しかしざるばっかりは食べんぞう。
 あまりの寒さに食べたかけのお出汁が業務用っつーか、出来合いになってる店が多かったから、うどん県と名乗るならばその辺の手は抜いて欲しくないからなー、確認々々。

 と、のっけからイチャモン付けようとしてるが、本当に名店と言われてる店でも不味い店があるんだって、驚くわ。
 果たして今回のうどん巡りや如何に。


17 321220070  ①オビカ食品:(大)200円ゲソ天70円

 ワタシはこの店に行くのを渇望してた、瀬戸大橋からなので必然的に朝一番に行ってええ店な訳だ。ここのうどんを食べて古き良き讃岐のセルフを味わいたい、という気持ちで一杯やった。丸亀卸売市場内の市場で働く人の為のうどん屋さんであるが、もちろん一般人が行っても大丈夫。そのうどんは!!! 迷わずに(大)を取って揚げ立てのゲソ天載っけて出汁タンクから熱々のお出汁を注ぐ…前に、少し生醤油をかけて食べたらこれが美味いこと美味いこと、興奮しながら必要最小限のみ出汁を入れてちゅるりと食べる。うーん、これはもちもちしてるとかそういうんじゃなくて餅やね、延び方が。香川のうどんが剛麺なんてワタシは認めん(いや、それはそれで好きやけど)。このもっちもち麺は本当になかなかお目にかかれん、そんでお出汁がまたいりこが利いて懐かしき讃岐のお出汁なのよ、サイコ~~~♪ もうここで5杯くらい食べて帰っても全然OKじゃないかと思ったりした大絶賛の目覚ましうどんであった。


Photo 1200100  ②まごころ:1玉200円ちくわ天100円

 まぁ、連続で行くには丁度ええ、さぬき浜街道続きや。この大箱セルフもオールドタイプのセルフでんなー。初めて行く人には必ず行ってセルフのお店のなんたるかを知ってもらいたい、そういう店。この日の麺は時間が良かったか結構生きてて、コシがあった。お出汁もワタシ好みの塩加減で、ちくわ天とぴったり合う。うどん食べ終わってからお出汁だけ少しだけやけどお代わりに行ったくらいやから。いやー、完成度高い店ばっかで次行くの嫌になってきたよ。


Photo_2 15250  ③どんまい林田本店:ざる(中・1.5玉)250円

 「林田」になって二度目になるか、8時開店のこの店にしたら9時という中途半端な時間に行っちゃったので作り置きの麺に当たってしまった。しかしその細めのうどんは素性は良いのはてかてかさでよく分かった、なのでなおさら惜しい。
100  しかーし、ここは「さぬき麺心」という麺メーカーが工場の敷地横に出してる店、なのでスーパーで売ってる生麺を直販してるんだが、それが驚くべき安さなのだ。関西のスーパーならよく見かけるが、生パスタとかも造ってるんだけど、市場価格4玉298円くらいのが何と100円ポッキリ。あり得ね~~~。なので生パスタ(スパゲティータイプ)4食+1食増量にリングイネ4食に丸め讃岐うどん4玉に丸め中華そば4玉、合わせて計17玉買っちゃった、なのにたったの400円!!!←だからどないして食べ切るんやっちゅーの。てな訳でここはことあるごとに来なくてはいけない店となった。


Photo_3 180_2  ④山下うどん:ざる(小)180円

 言わずと知れた坂出の「釜の」山下さんである。うどん巡りを始めた10年以上前から変わらずワタシの中では最上級にランクされている。しかし最近、お客さんも増えたか、多めに茹でて時間が経った麺が出てくることがあり、そういう場合は茹でたて〆立てをもう一回丼に入れてもらい、2玉食べないといけん。ここで既に4軒目、ペース配分を考えてリスクは避けたいので前回行った時に食べて美味しかった「釜揚げ」(これもまさに餅)、ないしは「ざる」にすると決めてた。30円増しになるが必ず揚げ立てか(釜揚げやから当たり前)〆立ての麺が出てくることが保証されてるのはありがたいこった。そんでざるなんだが、これがまったドンピシャに美味い麺で、お代わりしたくなる(それじゃ結局同じやっちゅーの)。お出汁もこれが讃岐だ、のお出汁やし、94歳のおばあちゃんが揚げる天ぷらも健在のようで、何度でも行きたい店なのであった。


321 Photo_4  【番外編】清水屋:八十八名物ところてん(酢醤油 辛子)小皿250円

 毎回、R11バイパスを東から西に、坂出から高松に走れば看板が見えており、気になる店ではあった。しかしところてんではなくうどんだろが、っちゅーので今まで見逃してたんだが、今回小休止ってことで寄り道。④から行くと途中JR八十場駅の踏切を越えて西へ入った辺りからどんどん道が細くなっていくが、信じて車を走らせればそこにところてんがある。空気も澄み切って水も冷えてておそらく夏も涼しいのであろう、3月下旬では少し肌寒かったが(笑)。
Photo_5 250  一番人気であるという酢醤油・辛子を注文すると、水の中から1本取り出して、うにゅっと押し出してくれたのがこのところてん。この瑞々しさは他に知らん、角がピシッと立ってるので口の中に当たる感触がとても楽しい。まさに別腹で食べれた一皿やった。
 黒みつが一番人気かと思いきや、酢醤油に辛子という硬派な味が一番人気とは、少し意外な「清水屋」さんであった。


Photo_7 230  ⑤一屋:ざる(小)230円   新規

 やっと新規。次の店に向かう途中で発見、飯山の西の麓辺りか? あまり通らん道やから、できてたの知らんかった。初めての店はざるやっちゅーんで、頼んでみたが、見た目からテケトーに盛られており、少しガッカリ来たが、ところがどっこいこれが結構生きてる麺でつけ出汁もナイスで次回はかけを食べてみたい。しかしここを通る機会があまりにもないので…。


Photo_8 200 Up  ⑥あやうた製麺:かま玉(小)200円

 この店にまた行きたかったのだ、最初に来た時にえらく美味い店やと、それにこれぞ真の田園セルフとも言える店。前回はざるやったので今回は珍しくかま玉、ちょっと柔らかいけど、って言われたけど、餅化するのなら全然構わんでしょう。実際その釜玉はもちもちしてて、釜玉が好きな人の気持ちが分かったような気がした。温かいお出汁も美味しいし、遠い所かと思いきや、ワタシ的に盲点のような場所のお店やったので、今後行く機会増えそうな店なのである。
Imag1574  その後、実際食べ終わってから隣の畑で土筆取りした(笑)。お店の人が親切に取って良い場所=生えてる場所を教えてくれたので、ビニール袋にこれでもかと取った。で、どーすんねやって話、とりあえず卵とじにして食べる予定。
 灰汁抜きが大変で食べる間に時間が掛かるこの土筆、しかしこういう文化は捨ておけんのだねー。
いやー、本当に春ですね、今日20度だって言ってたもんな。
 


Photo_9 Photo_10 15090  ⑦讃岐製麺所:1玉150円油揚げ90円

 この日一番驚いたのはこの店、かつては丸亀の神社うどんとして、なかなかに行きにくい場所やったんやが、今回は住所調べてカーナビで行ききるつもりで来たが、何と神社の敷地(じゃなかったんか)に道路が貫通してる。メイン通りからやとガ○トを西に折れればこのうどん屋さんがいとも簡単に見つけられる。例えて言うと、馬渕製麺所がサンフラワー通りが南北にできたら一気に誰でも行きやすくなった、的な感じ(分かりにくいだろが)。とにかく久しぶりのここのうどん、細いのと太いののどちらかの選択で細いのを頼んだが、むっちりした麺にキッチリと取られたお出汁とお揚げさんが相まって、実にけつねうろんになってた。関西人が食べても全く違和感ないきつねうどんと言える。しかし時代は変わる、数年行ってなかったらこうまで変わるもんかと唖然。


Photo_11 330  ⑧田井製麺所:ざる(小)330円

 上で11時45分、高松に戻るととっくにお昼も過ぎて、お腹も一杯過ぎてWINS高松に行くだけやったんだが、少し時間があったのでどこかねじ込もうかと、久しぶりにこの店に来たが、13時過ぎの入店で客はワタシだけ。嫌な予感がしたのでざる(小)を注文した後、中華そばに変更してと言おうとしたが、言えずに結局出てきた麺は見事に死んでた。元は凄く美味しかったと思うんやけどなぁ、無念。330円も払って死んだ麺を食べてしまった(閉める前の麺は半額にしてくれんかいな)、しかし丁度この時甲子園で池田VS海南の9回裏をやってて、エラーで出塁してからサヨナラまで見ちゃったので、観戦料ってことで割り切った、とほほ。


Photo_12 200_2  ⑨六平うどん:かけうどん200円   新規

 WINS高松で軽くボコられて〆のうどんを食べるべく、前もって調べてた店の中で18時半まで開いてる店がここやったので来てみた(実際の到着時間は17時)。場所は高松中央ICの西南、ここもほとんど通らん道やねー。店に入って知ったが何でもさぬきの夢2000を100%使用してるそうだ。注文してしばらく経って出てきたのは一般店やからか。そのうどんは角がない太麺でまるでスナメリを食べてるような感じ(だからいつ食べたんじゃい!!!)、それくらいぬめっとしてるってことが言いたいのだ。実に特徴のある麺なので極太麺好きな人は行ってみるがヨロシ、オリーブ牛を使ったオリジナルうどんも提供してるので。ただしこの店は本来「味噌煮込うどん」の店やから(だからうどんも負けずに力強いと思われる)、ははは。


321_2 115060  ⑩かすが町市場:そば(1玉)150円ちくわ天60円

 まーたいつものここに来ちゃってるよ。9軒じゃキリが悪いので、10軒行くなら開いてる店はここしかない。18時までやってる店が少ないってのも文化だよなー。うどんは終わってる可能性が高いとにらみ、あえてそばを狙ってみたが、死んでるどころかもろもろになってた(笑)。だけどお出汁はいりこやし、ちくわ天60円と格安、もろもろのそばでもうどんのような極太の香川のそばが食べれたんやからそれもまた良し。納得のフィニッシュであった。


 3月22日:10軒11.5玉3天ぷら1卵1揚げ2新規


 新規はもちょっとあってもええかとも思うが、全体の数字は素晴らしい。
 トリプルスリーみたいな達成感がある(打率3割・ホームラン30本・30盗塁)。
 次回は新規メインで行くか、それか久しぶりに東のうどんを攻めるか、何とか4月も行きたいもんである。

 明日からまたまた名古屋1泊2日、今週は土曜も出勤なので憂鬱なのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月23日 | トップページ | 2014年3月27日 »