« 2014年3月18日 | トップページ | 2014年3月23日 »

2014年3月20日 (木)

豊橋de味噌煮込みうどん「長生庵」さんの味噌煮込セット980円

 1泊2日で名古屋から戻ってきた、なので連発で名古屋ネタ、つっても豊橋やけどな。
 忘れてないで、愛知県!!!

1395321520135  昨日も岡崎まで行ってたんだが、名鉄の東岡崎、今はゆるキャラのオカザえもんが有名か(ホンマかいな)。
 しかしキモイというか、癒しは全くないこのキャラ、勇気あるわー(笑)
 去年のゆるキャラグランプリで何位やったんか、気になる所ではあるな。

320  今日は朝からJRの岡崎駅、東出口には若かりし頃の徳川家康、松平元康の像がある。
 駅はかなり立派やけど岡崎駅周辺は何にもないな、まだ東岡崎駅の方が店あるわ。
 その東岡崎もいつもご飯どこで食べようか悩む所やけど、だからよっぽどやね。

 そんで一仕事終えて豊橋に向かってそこでお昼を摂ることとなった。
 ここって以前行って冷たいうどん食べて、麺のツイスト具合がえらく印象に残ってた。
 いつも一緒に行動してくれるディーラーさんが同じ敷地にあるラーメン屋さんに行こうって言ってたんだが、うどんにすることとなった。
 もう暖かくなってきたので、シーズン最後の味噌煮込うどんにしようかと。
 ワタシはこの店、ラーメン屋さんと同じ「満天星DODAN」さんのうどんVer.かとばっか思ってた、例えば親子でやってて親がうどんとそばで、子がラーメンかと。
 ラーメン屋さんには看板出てるけど、うどん屋さんには看板出てないので、同じ店かと思ってたんよねー(実際そうかもしれんが)。
 しかし、箸袋見たらちゃんと店名が書かれてあって、「満天星」さんではないと分かったので、取り上げることとした。


320  ・長生庵:味噌煮込ランチ980円

 場所は豊橋駅の南西、豊橋バイパスからなら豊橋港IC東の交差点を北に上がってすぐ(車ならね)。
 しつこいが同じ敷地に「満天星DODAN」ってオサレなラーメン屋さんがあるので間違えぬように。
 
 着いたのは13時少し前も店内結構お客さん入ってる、年輩の方が多いとの印象。
 かなり地元に愛されてる店と見た。

Photo  メニューこんなん、特選なランチメニューだそうだ。
 前来た時は煮かけうどんランチをころにして食べたんやったかな???
 日本語分かりにくいな、ワタシも「煮かけうどん」なんて言葉ここでしか聞いたことがないおそらくただの「かけ」やろう。
 「ころ」はぶっかけうどんの名古屋での呼び方、決して鯨の脂のころではない。

980 Up  10分と待たずに出てきた味噌煮込ランチどーん、うどん丼、いや鉢メチャでかいんですけど!!!
 しかし鉄鍋でも土鍋でもないので死ぬ程熱いって訳ではなかった。
 ご飯に小鉢はひじき、漬物が気休め程度に付いてくる。

Up_2  結構、具材がたくさん入ってそうじゃ、では直接箸で食べてみるが、そうは言えど熱いので断念して器に移して冷ましてちゅるっと食べる。
 うんうん、麺は細めの四角ではあるがツイストしたまぎれもない手打ち麺、この熱さでもしっかりと食感がある。
 某有名店みたいに太くてかちかちに固くて、ってんじゃない。
 ちゃんとしなやかな麺でもある。
 お出汁は八丁味噌ベースで、ワタシ的にはもちょっと味が濃くても良いかと思うが、寸止め的に少しショッパくらいで、旨味とコクが出てる。
 具材もざっと白菜・玉ネギ・ネギ・ゴボウ・椎茸・蒲鉾・豚肉、そんでワタシの好きな油揚げと卵は隠されて途中から出てくるって小技が効いてる。
 これは一味唐辛子をてんこ盛りして入れて丁度ええくらい。

 途中からは取り皿を止めて直接ずるずる食べたが、実にバランスが良いというか、上品に仕上がってるというか、これといった不満はない、漬物ショボイくらいか。
 味がそれほど濃くないので、あまりご飯おかずになりにくいので、半分くらいのご飯は残った汁の中にどぼんと入れちゃった、そんで味噌雑炊にして食うた。

 980円もするだけあって、結構食べさすよなー、満足満腹じゃ。
 次はやっぱ冷たいうどんで本領発揮か、しかし煮かけうどん、つか出汁も気になるし、ここは再訪しないけない店だと言うことか。

 「満天星DODAN」さんとの関係は気になるが、それはそれ、美味しいうどんがあるので行くだけ。
 まぁ、間違っても「豊橋カレーうどん」を食べることないと思うけどな。

 さー、明日は早朝から新「青い巨星」号で中国地方から四国にうどん殴り込みや。
 今の所朝の一食目は「笠岡ラーメン 山ちゃん」かな、と思う。
 ダイエットできないままひたすら食う旅に出るので、来週はよほど節制せないかんぞう、ヤレヤレや。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月18日 | トップページ | 2014年3月23日 »