« 2014年2月16日 | トップページ | 2014年2月23日 »

2014年2月21日 (金)

福山deから揚げ「福龍」さんのから揚げ定食6ヶ800円

Imag1386  2泊3日の東京~静岡~名古屋出張から戻ってきた。
 今日が特にハードで池袋朝出て、浜松まで行ってそっから豊川でフィニッシュして名古屋に戻ってくるというムチャクチャな移動、しんどいっちゅーねん。
 画像は浜松にそびえ立つハーモニカビル、目立ってるねぇ。
 本名は(本名って)アクトシティ浜松、YAMAHAとかKAWAIとか音楽な街なのでハーモニカをモチーフにしたビルが建つ訳だ。

Imag0929  さておき、今日のお昼も「さわやか」さんでげんこつハンバーグを食べてきた。
 ホント、何でこんなに美味いんか、ハンバーグなんだが、これはステーキなのね(だからハンバーグステーキだろが)、外がカリッと焼けてて中がレアな食感もたまらんし、肉自体がとにかく美味い。
 長澤まさみ嬢が言わんでもワタシが美味しいと言います。

 そんで来週は広島に2泊3日の出張が既に決まってる、ヤレヤレや。
 なので先に広島は福山で食べた物を紹介したい。
 以前からこの店の唐揚げ食べて来い、って言われてたのよ。
 だけどワタシは根っこがラーメンマンなので、どうしても後回しになっちゃうのよねー。
 ちゅーことで、1年くらい放置してたのをやっと食べに行ったのがこないだ。


1128_2  ・福龍:から揚げ定食6ヶ800円

 場所はここは南蔵王というのか蔵王西というのか東深津というのか、R2から行くとラウン〇ワンの交差点を北に上がってJRの高架を越えて下って「ラーメン匠」さんのちょい先。

 店の画像見れば分かると思うが「ギョウザ・から揚げ」と謳ってる、ラーメンじゃなくてギョウザとから揚げなんや、へぇへぇへぇ。

Photo  着いたのは割と早くて11時40分くらいか、駐車場が空いてたのでねじ込んで入店、入口のカウンターに座ってメニュー確認。
 一番左の福龍定食ってのが何でも入っててお勧めっぽかったけど、から揚げ食べろという話なので選択肢はナシ、ラーメン定食も捨てがたいがから揚げ。
 4ヶと6ヶがあるが、4ヶじゃ物足らんだろ、6ヶ6ヶ!!!

6800  トイレ行って戻ってスポーツ新聞読んで10分後くらいに出てきたのがこれじゃ!!!
 相変わらず大きさが分かりにくいが、から揚げの量に比べてご飯が少ないような…。
 ワタシは少しのおかずでご飯がナンボでもススム君なのでこれじゃ足らんがな、後でメニュー見たらご飯(大)30円増しやったので、これは悔しい。

Up_2  この画像では更に大きさが分かりにくいが、ポイントはそこじゃなくて酢醤油に辛子で食べるってこと、スープと千切り大根を煮たのが付いてきた。
 右上に辛うじて写ってるがカレー用なのか、らっきょうがあったのでそれもいただく、らっきょう好きじゃー!!!

Up_3  ではから揚げそのものをUPで。
 ますます混乱しそうやけど、どれくらい大きいかというと拳骨くらいにでかい。
 ワタシのグーパンチくらいのが6ヶもある、すげー。
 ますますご飯が足らんやないか。

 では食べてみよう、一口では当然食べきれんのでがぶっと囓る。
 おおー、ジューシーで肉汁溢れるような感じ、衣は分厚い感じではないが当然結構角があって鋭い所もある。
 何が言いたいかっていうと、半分くらい食べてる時に囓ったから揚げの一部が扁桃腺の上辺りに突き刺さり、ズギュンと痛みが走った。
 そう、血膨れができてしまったのだ、これ痛いんよなー。
 出来た血豆を潰せばいいんだが、以前指で潰そうとし押したら、血豆が広範囲に分散してドえらい酷いことになったことがあったので、今回は無視しようとしたが、次から次へとから揚げを食べないかんかったからちりちりした痛みが倍増。
 なので思い切って舌で潰しにかかったら、やはり血豆が分散して左の扁桃腺の周辺が鬱血したみたいに悲惨な状態に、もう痛さで味分からんちゅーねん。

 しかし何とかかんとかして6ヶの巨大から揚げ完食、ボリュームありすぎやん、なのにご飯がワタシ的には小ライスやったのでひたすらから揚げだけ食べたみたいな感じ。
 こりゃランチじゃなくてディナーでしょ、要はビールってこと。
 夜使いしたい店やねー。
 ギョウザの店でもあるみたいなので、まずはビーギョから始まりから揚げも最初はビールで、途中からは芋焼酎のロックもらおか、ぐぃ~~~っと、うぃ~~~。


 まぁ、実にパンチのある中華屋さんであったことよ、ひっきりなしに客は来るし(ガテン系ではあるが)、店も奥は座敷とか、結構な大箱やし、人気店やねんなー。
 また行くのは1年後かな、こん時の口の中のダメージが忘れられんのでな、ケッ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月16日 | トップページ | 2014年2月23日 »