« 西新宿5丁目de冷やしラーメン「肉そば家 笑梟」さんの冷たい肉中華650円ランチライスサービス | トップページ | 福山de謎の関東煮「稲田屋」さんの関東煮3本420円純米酒1合500円2級酒2合700円 »

2014年1月22日 (水)

仙川deラーメン&カレー「支那そば めでた屋」さんの支那そば600円大盛150円&「魔女のカレー」さんのチキンカレー690円カレーライス大盛100円カレーライス大辛50円

 続いて東京遠征第二弾である。
 京王線で新宿から仙川というちょっとおされな街に行くことになった。
 今後かなりの頻度で行くことになる。
 で、先週行った際に午前と午後の二回に分けてお客さんの所に行くことになったので、一旦駅近辺でお昼を食べてから舞い戻ることになった。

 さて、どこでご飯食べようか。
 まずは駅前散策してみたが、パン屋さんはワタシには物足らん、線路沿いを西に行けば「二郎」発見、しかしここは夕方から、開いてても行かんけど。
 その手前にカレー屋さん発見、着いたのは11時半前やったのでまだ開いてなかったのか休みなのか、判別着きにくかったのでとにかく閉まってたからスルー。
 商店街を歩いてみる、少し行くと築地直送かなんかの回転寿司の店があった、6カンに赤出汁が付いて399円とかなりリーズナブル、しかし6カンじゃ足らん。
 南に突き当たるまで歩いてそこから東に折れたたら大きな道の角にしゃぶしゃぶ食べ放題の店が、これはそもそもスルー。
 そこから南はもう何もなさそうだったので北に上がる、すると画廊かなんかがテナントで入ってそうな建物に雰囲気ある店発見、入ってみるか。


116Photo ・支那そば めでた屋:支那そば600円大盛150円

 結局の所ぶらぶら歩き回って11時45分頃入店、この仙川って土地がどういう所か分からんが先に居らっしゃったお客さんは結構高齢な方がお二人それぞれ。
 まぁ、ガテン系ではないしここら辺はパッと見住宅街だわな。
 それともお昼過ぎたら学生達が集まってくるとか、それとも夜の繁盛店なのか。

Photo_2 とにかく入ってメニュー確認、ワンタンもチャーシューもつけそばも餃子もシューマイもメンマも玉子ももちろんビールもイラン(まだね)。
 と言うことで支那そばに大盛は必然、ご飯とかランチとかはなかったような。
 しかし餃子どんだけ美味しいか知らんが450円って、ラーメン&餃子注文したら1050円やんけ、グレード高い店やのー。
 じゃ、期待しちゃうか。

 大きな釜に麺を放り込みバラけるように何度もかき混ぜる大将、頃合いを見計らって、丼に醤油ダレとネギを入れてスープを入れる、そんでしっかり湯切りした麺を入れて後は奥さんがトッピングでお待ちぃぃぃ。

750 コの字形のカウンターの端に座ったワタシに出された一杯がこれ。
 おおおおお、オーソドックスと言うかトラディショナルと言うか懐かしいというか、そんな一杯やん。
 丼受け取った時から煮干しの香りがむわっと、そういう味ですか、うんうん。
 では麺からすすってみよっか、ずずっと、細めの麺は緩く縮れており好みの堅さや。
 思ったより麺の量が多そうで嬉しいぞ。
 ではスープはと、じゅるり、鶏ガラに煮干しの淡麗醤油って感じか。
 チャーシューは肉厚で噛めば旨味が溢れる、メンマは柔らかめで弱酸味。
 海苔もええけどキヌサヤが泣ける。
 
 無化調だと思うんだが、実にごまかしのない東京のラーメンやなぁって感じ。
 突飛な仕掛けはないが手堅くまとめられててこれは確かに高齢の方は安心して食べられる味ってか。
 逆に若い人には背脂ギッシュな方がウケはええやろうが、ワタシはこういう方が好きやね。


 さて、満足して駅に戻ってみたらだいたい徒歩5分くらいの距離であった、そんなもんか。
 まだ時間がある、そして何か物足りない、しかしもうええような気もする。
 そうしてふらりとさっきの線路沿いのカレー屋さんを見に行ってみたら開いてた、やはりさっきは時間が早すぎたか。
 となったらもう食べる気になってた、ヲイヲイ。


116_2Photo_3 ・魔女のカレー:チキンカレー690円カレーライス中盛100円カレーライス大辛50円

 がらっと店に入ってみて少し驚いたのがカレー屋さんなのに先客2人はどっちもつけ麺食べてたこと、カレーつけ麺食べてたみたい、何じゃそりゃ。
 炙りチャーシューとか訳分からんのー。
 カレー屋さんが人気取りでカレーつけ麺ってか、安直すぎるような。

Photo_4 カウンターのみの店で一番奥に券売機があるのでここでスタンダードなチキンカレーを中盛で購入、ナンデヤネン。
 辛さは当然大辛としても中盛かーい、病気やね、ホンマに胃拡張かっちゅーねん。
 まぁ、カレーは別腹やからな。
 または飲み物とも言うからな、何でも許せるけど後で文句ばっか言うのがカレー、それは宿命なのであまり店の人は気にする必要はない。

69010050 そうして5分程で出てきたチキンカレー中盛大辛がこやつ。
 ほー、チキンのもも肉が一枚入ってるやん、コ〇イチのチキンカレーなんてどこにチキンが入ってるのか分からんけど(んなこたぁない)、一枚肉とは嬉しいやんけ。
 ちなみに福神漬けとらっきょうはカウンターに積まれてあってお好きにどうぞ、であった、ラッキー♪

 では食べるぞー、ぱくり。
 うんうん、チキンカレーだけあってカレーに鶏の旨味が出てるなって印象。
 大辛なのでそれはそれなりに辛いが、このカレー自体が特別スパイシーって感じではなくて、玉ネギの炒めた旨味とかもあってそこに大袈裟でなくスパイスを合わせてる感じ。
 小麦粉使ってとろみがある、そういうカレーではない。
 洋風かとも言うと違うし、もちろんインド風でもない、やはり日本のカレーやろね。
 特徴あるカルダモンやとかクミンのモッサリ感とかでもなく、カレー粉自体はスタンダードで上手にスパイス使ってる思うな。
 そりゃカレーとなったら皆自分のカレーがある訳やから、ワタシやったらここにチャツネかタマリンド入れて甘いか酸っぱいかを足したい気になるし、個人的にはカイエンペッパーもっと入れたい。
 しかしそんなこと言ってたらキリないので、そういう意味では結構最大公約数的なチキンカレーと言えるのでは???
 チキンはスプーンでほろっと崩れるくらいに柔らかいのでやはりええ出汁出てるんちゃう??? 
 
 カレーだけにナンを言えば(つまらんギャグを入れるな)ライスが炊きたてであったのでツヤツヤしすぎてルゥのノリがイマイチやったってことか。
 あ、あとソースがなかったこと(ワタシはインドカレー以外はどこでもカレーにはウスターソースなのである)。

 「カレーの魔女」さんって言うからどんなメルヘンな店かと思いきやカウンターのみの雑多な店で店主かバイトの兄ちゃんか知らんけど、メルヘンから程遠いウガンダ人みたいやった(あ、ウガンダの人スイマセン、ワタシの勝手なイメージですのでお気を悪くなさらず!!!)。
 ちなみにこの店主か兄ちゃんか知らんけど、ミスチルファンのようで、店内のTVにDVDかなんか流してるんだが、客がワタシ一人になると合わせて歌い出すから参った。


 ということでまずは仙川のラーメンとカレーを攻めてみた、ラーメン屋さんは「めでた屋」さんの向かいに一軒見つけてるので次はあそこか。
 399円の寿司も気になるし、駅の北側はまだ散策してないのでまだまだ美味しいであろう、開拓するぞ、おー。

 さて、明日が最後の年始挨拶回り、朝から松阪に行って三重と愛知の県境まで行って、そっから中京競馬場のもちょっと向こうまで行く。
明後日は恐ろしいことに名古屋から新幹線で米原まで行ってそっからサンダーバードで武生入り、北陸でっせ、どんだけ寒いんか想像もできんわ。 


 とにかく無事に帰って来ま、とほほ。

|

« 西新宿5丁目de冷やしラーメン「肉そば家 笑梟」さんの冷たい肉中華650円ランチライスサービス | トップページ | 福山de謎の関東煮「稲田屋」さんの関東煮3本420円純米酒1合500円2級酒2合700円 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/58992538

この記事へのトラックバック一覧です: 仙川deラーメン&カレー「支那そば めでた屋」さんの支那そば600円大盛150円&「魔女のカレー」さんのチキンカレー690円カレーライス大盛100円カレーライス大辛50円:

« 西新宿5丁目de冷やしラーメン「肉そば家 笑梟」さんの冷たい肉中華650円ランチライスサービス | トップページ | 福山de謎の関東煮「稲田屋」さんの関東煮3本420円純米酒1合500円2級酒2合700円 »