« 2014年1月10日 | トップページ | 2014年1月18日 »

2014年1月13日 (月)

徳島de鳴ちゅるうどん「大井食堂」さんの竹輪入代400円&「舩本うどん 本店」さんの鳴門うどん(大)500円

 昨日と一昨日で四国に行って来た、徳島と香川。
 どっちもうどんがメイン、岡山の讃岐うどん? もおもしろいけど、徳島の讃岐うどん? もやはり味があって面白い。
 何故か岡山と徳島のセルフのうどんには共通点が多いんだよなー、文化の伝播の仕方は不思議や。

 さて、徳島だとウチから走れば車で1時間半、四国へ行く橋の値段が今と変わらなければこのままのペースで食べ歩きに行くことができるが、元の法外な値段になれば四国は孤島になってしまう、懸命な判断に期待したい。

 その徳島、ラーメンでも有名だが、いやラーメンが有名だが、個人的に去年から細々と食べ歩いてるのは「鳴ちゅるうどん」、聞いたことないってか???
 では「鳴ちゅる」の定義、以前掲載した物をコピペする(ヲイ)。

 『徳島県の鳴門には、昔から地元の人々に長く愛されつづけてきた独特のディープなうどんがあります。徳島県の写真家・中野晃治氏が命名したその名も“鳴ちゅる”!! 出汁は黄金色であっさりした醤油味、麺は細めで柔らかくて不揃い。具はねぎと刻み揚げが基本パターンで、名物のわかめやちくわを入れる店もあります。いずれも出汁との相性が抜群!  寒いときはもちろん、夏バテ気味や二日酔いの時も「ちゅるっ」といけちゃう癒し系のイケ麺。はじめて食べてもどこか懐かしい… おうちで手づくりしたような親しみのあるうどん。なのに一度食べるとまた強烈に食べたくなる不思議な感覚。鳴門市内のお店には昼時ともなると、ちゅるちゅる音をたてながら出汁まですすり、至福の時を過ごす人でいっぱいになることも。お店ごとに個性もあるので【ちゅるマップ】を持って、さあ、食べ歩きに出かけてみましょう!』だ。

 鳴門市自体がそんなに広くない上にお店もそれほど多くないので今年中には全店制覇してしまいそうだが、今回探索してみたら閉めてる店や既に跡形もない店もあったりと、今行かなければ廃れてしまいそうな儚さがある。
 しかしまだまだ老舗も健在なのでこの変なうどんが引き継がれればいいなと思う次第。


111 ・大井食堂:うどん竹輪入代400円

 場所は小鳴門橋を渡ってR28撫養街道(と言うらしい)を南に、JR鳴門駅をもちょっと南へ下がって踏切を西に越えてこちょっと入ったとこ。
 場所は分かりにくいが(余所者には)なかなかの繁盛店のようであった。

Photo お品書きこんなん、食堂ながらうどんしかやってないようである、潔い。
 やはりここは竹輪の入ったのを食べるのが正統かと。
 鳴門やからわかめうどんがあるのかと思いきやない。
 そんで大盛りが100円増しとかじゃなくて純粋に倍の価格がするのも興味深い。

400Photo_2 さて、出てきた鳴ちゅるなうどんはこれじゃ。
 分かりにくいので箸に取って見よう、ちぢれてるねー。
 分厚かったり薄かったり、細かったり太かったり、とにかくまちまちな所がおもしろい。
 こちらの麺はおそらく茹でて時間が経った物を温め直したもので、麺のコシもへったくれもないが、そんなことよりこのぶよぶよ感が笑える。
 ただぶよぶよなだけではワタシだって流石に怒るが、お出汁がメチャクチャ美味しいのである。
 鰹と昆布でしっかり取られた出汁は確かに黄金色で香りがとにかくええのだ、もちろん醤油加減も絶妙でどっちかと言うと関西に近い(しかしここまでしっかり出汁取ってるお店ももう少なかろう)。
 竹輪は正直もはやどうでも良くなってたが(コラコラ)、とにかくこういう物があるのかと思うと実に食の世界は深いと思っちゃう訳だねー。

 昭和レトロどころかこの店だけでテーマパークになりそうな古さであったが、きちんと使われてる気持ちの良い古さで結構居心地が良くて常連さんが多いのも頷ける店であった。


 さて、ここで上述にあるように2軒程調べてた店を探してみたんだが、1軒は長期休養? で1軒は跡形もなかった、人材育成は急務や。
 ではと、「鳴ちゅる」では最も有名であろう店に行くことにした。


111_2 ・舩本うどん 本店:鳴門うどん(大)500円

 以前、JR徳島駅前のそごうの地下のアミコ店に食べに行ったのが丁度1年前、今度は本店や、都会から一転大田舎。
 「大井」さんからだとUターンして小鳴門橋を北に渡って西にぐばっと走った小川の側にある。

 ということで今更ながら新「青い巨星」号を紹介する、ワタシにとっての初めての大手メジャー自動車会社の車(どんなんや)、トヨタMR-Sである。

 ちなみにワタシの車歴。
 いすゞ(もらい物)→スズキ(また変な車を)→MINI(左ハンドル仕様という訳分からん車であった)→マツダ(後付けターボがレア)→トヨタ(これがまた不人気車なのよ・笑)、である。
 ミッドシップでクイックなハンドリングが売り、エンジンは1800ccで140psと大衆エンジンを流用してるのでパワーはないがエンジンのツキは良いので特に低中速域ではキビキビ走る。
 旧「青い巨星」号も2シーターであったが、FRであったのでリアにトランクがあったが、今度はミッドシップなのでトランクなんぞない、シートの裏に小さなラゲッジスペースがあるくらいだが、別に日本一周する訳ではないのでこれでワタシ的には十分なのである。

 余談はさておき、何せここは場所がかなり辺鄙な場所にあるので11時半くらいに着いたがお客さんはまばら。
 新しいが老舗の佇まいを兼ね備えた店に入って何食べるか見てみるが、ここも基本うどんとおでん、おにぎりがあるくらいか。
 ここでは「鳴門うどん」と呼ばれており、(大)を頼んじゃう。

500Photo_3 そうして出てきた出てきた鳴門うどん、これもやはり分かりにくいので麺も見てもらおう。
 どうよこのちぢれ具合は、こっちの方が全体的に細麺。
 そんで麺自体が古くないのでぶよぶよながら新しさがある。
 しかしお出汁は「大井食堂」さんの方がしっかり取れててワタシの好み、出汁交換したら最高かも。
 
 もちろんどっちが好きかは個人の問題、とにかくこういううどんもあるってこと。
 ただでさえおもしろい麺なのに、お店でもこうも違うとは全く人の手ってのは興味深いこった。

 「舩本」さんでは「鳴門うどん」と呼んでるが、鳴門のうどん屋さんでは別に「鳴ちゅる」と言わないだけで普通のうどん屋さんでも同じ様なちぢれぶよぶよ麺を出してるのかもしれん。
 その辺はよく分からん所やが、とりあえず分かる範囲の店にはチャレンジしてみたいと思う。
 
 ホント、いろんなうどんがあるもんだと、じーつーにー興味深い。


 ちゅーことで明日から4日間は広島~東京~名古屋と家に帰らずの3泊4日のハードな移動、しばらくさいならー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月10日 | トップページ | 2014年1月18日 »