« 2013年12月13日 | トップページ | 2013年12月15日 »

2013年12月14日 (土)

緊急掲載(何が緊急だっ!笑)姫路城大天守修理見学施設「天空の白鷺」

 ここんとこ姫路によく行ってたのだ。
 名古屋のディーラーさんが、こっち方面に来ることがあったので、今回はワタシがアテンドで車を運転して行ったんだが、やはり外から来た人には気になるようで、姫路城。

 ワタシはあんな工事中の箱物なんて何の興味もないんだが、今しか見れない物を見たいってことを言われたので、そういうもんかと一緒に行ってみた。

 
Photo

 お城の前の駐車場に車を停めて、急いで行く(入城時間16時まで)、途中お堀にこんな風情ある光景が、これは乗ってみたいかも。

 あまり時間がないのでホント急いで正面の門から入って遠くに見た張りぼてがこんなふうに遠くに見える。

111_2

 以下、様々な角度から見てもらおう。

Photo_2
Photo_3
Photo_4

 入城料400円払ってこれで初めて「天空の白鷺」に登れる資格を得る訳だ。
 しかし要は入城イコール「天空の白鷺」に登るってことやから(こんな箱だけぐるりと見てもしゃーねーでしょー)、姫路城大天守修理見学施設入館料200円と合わせて600円もしちゃう訳だ。

Photo_5

 お城の真下まで来て、東側からぐるっと回って階段でこの箱物に上がって、そして中の券売機でチケットを買う。
 土・日・祝は混むのか、1階は整列して並ばせるようなウェイティングゾーンが出来てたが、この日は平日の金曜日の16時少し前なので並ぶ訳もなく、エレベーターまで一気に行けた。

Photo_6
Photo_7

 さぁ、「天空の白鷺」、 平成の大天守保存修理である。
 平成21年の仮設工事から始まり、この張りぼてが解体されるのは来年一杯掛かる模様。
 とてつもない工事規模やからな、しかし見た目はただの張りぼてやけど(しつこいって)。
 
 何でこんなにしつこく言ってるかというと、ハッキリ言って全く面白くなかったから、こんなつまんねーものに600円もぼったくりよってからに信じられんわ。
 

 ではエレベーターで上がったら上下二層の見学できるんだが、これが上の8階からの景色。
 下の画像は上の画像を切り取っただけ。

Photo_8
Jr

 ここからの景色は確かに素晴らしいが、しかしこれが解体されて城の一番上から見た方がええに決まっとる。

 では城を同じ目線で見てみよう、8階の見学スペースね。
 つっても見る所なんて幅10mもないからほとんど何が見える訳ではない。
 工事もだいたい終わっちゃってるので職人さんも居なかったしな。

Photo_9
Photo_10
Photo_11

 こんだけ。

 じゃ、下の7階に階段下りて行ってみよか、はいこんだけ。

Photo_12

 魚ぉぉぉ、つまんねー!!!
 ディーラーさんはえらく感動してくれてたが、ワタシは全く面白くなかった。
 確かにこの世界遺産姫路城の天守閣をこの高さで外から見ることは二度とないであろう、しかしガラス越しにちょこっとだけ見て何が心に訴えられるのやろうか、つまんねー。


 と言う訳で、来年は大河ドラマが黒田官兵衛なので、姫路はB-1GP以来の盛り上がりであるが、 この「天空の白鷺」が来年の1月15日に閉館になるからといって焦って行く必要は全くありまへん。
 もう1年待って新生姫路城を見に行った方が10倍お得でっせ。

 以上。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年12月13日 | トップページ | 2013年12月15日 »