« 2013年10月8日 | トップページ | 2013年10月14日 »

2013年10月13日 (日)

秋華賞ハズレ馬券解説

 スプリンターズSはカンボジアはシェムリアップに居たのでIPATで馬券だけ買ったが、いよいよ天気も秋めいてきたので本格的にGⅠ始動。
 来週は数年ぶりに天気次第やけど京都競馬場に行く、もちろんエピちゃんが菊花賞を楽勝するのを観に。 軽く5馬身はちぎってもらわねばなー。


Cimg8107Cimg8108 では3日開催の中日の秋華賞、もうええから3日開催止めろ、ボゲJRA。
 ボゲJRAはさておき、今日のレースのポイントは馬場と展開、珍しくアホな頭で考えた結果がこの予想じゃ。
 馬場はかなりのスピード馬場で逃げた馬が行ききってたが、長距離戦では差しも決まってたが果たして。

 ◎シャトーブランシュ:重馬場専用と思われる向きもあろうが、本格的に芝を走るようになってから良馬場にならなかっただけで、小回り適性もあるし距離適性もある。そんで今回狙うのが差し馬だから人気も薄いこの馬から。というのもこのレースの展開は行きたい馬が揃った中でも1200m戦から参戦したビーナストリックが握ってる。間違いなく玉砕覚悟で行くであろうし、そういうペースメーカーたれ、という指令も出ているであろう。その逃げを放っておくかというとそうでもなく、少し離れてセキショウが単騎逃げみたいな形で行くし、ノボリディアーナにサクラプレジールにティアーモも続くであろう。GⅠなので、それ故に走破時計も速くして欲しいので必然的にペースは上がり前が残ることはなくなる。すると差し馬が台頭するってのがJRAの狙ったレースのプラン、今やGⅠはJRAが勝たせたい馬(それが分かれば簡単だが)か、JRAが狙った展開を読まねば当たらない。強い馬が勝つ時代ではなく、JRAが勝たせたい馬や展開を読む時代なのである。なのでこの馬の差し脚に賭けた。内枠も関係なく前走のように大外からぶっこ抜いてくれると期待した。
 ○デニムアンドルビー:という馬場なので末脚自慢のこの馬が対抗。ただウチパクJは最近馬場が読めてないような気がするのが気になる。
 ▲メイショウマンボ:上2頭より前で競馬できるのが良い、外枠も問題ないでしょう。前走はいかにも叩き台のような感じやったし、使って上向きは間違いない。
 △トーセンソレイユ:前走は馬体重が増えて良かった良かった、で終わってしまったが、今日は-12kg、無駄な肉がそげて一発ありそうな気がしたんだけど。
 △ローブティサージュ:ローズSは先行して粘ったというのか、それともこんなもんなのか、とりあえず買うが、この馬の今後はここで検証する。
 △スマートレイアー:調教もメチャメチャ良かったし、パドックもえがった。しかし問題は枠順、最内枠でじーっとしてたらバテた馬が下がってきてどこにも行くとこなくなって終わってしまう可能性もあるので印を下げた。
 ×ティアーモ:前行って残る可能性があるならこの馬かな。

 コレクターアイテム:終わっちゃったと見た、じゃなかったら短距離戦で復活。
 セキショウ:今日は展開が向かないだけ、この馬が弱い訳ではない。
 ウリウリ:ここまで一所懸命走ったのでもう上積みなし。
 マコトブリジャール:前に行って潰れる。
 サクラプレジール:上に同じ。
 リボントリコロール:差し馬なので紛れて来るかもしれんがこのレベルで馬券にはならん、チチカステナンゴやしねー。
 エバーブロッサム:前走は確かに馬場が合わなかったんであろうが、それにしても見る所もなかったので、生涯のパフォーマンス終えちゃったんじゃないか?
 リラコサージュ:馬体は絞れてたが前走最下位からの巻き返しなんて聞いたことない。
 ビーナストリック:ペースメーカー。
 セレブリティモデル:買う要素が何もない。

 馬券はシャトーブランシュからの馬単流し、トーセンソレイユからも同じく、3連複はシャトーとデニムの2頭軸、3連単はシャトーとマンボの2頭軸。

 スタートしていきなり下げたのはスマートレイアーの大先生、こんな競馬初めてやろうに、躊躇なく下げたのはやはり行き場がなくなるのを避けたかったからか(本当の理由は下参照)。デニムアンドルビーはスタートは出たが言われてるように、二の脚が付かず、ウチパクJが必死に押っつける。ここでじっくり溜められた大先生と途中脚使ったウチパクJで既に2着と4着が別れたと言っていいであろう。セキショウが逃げようとするが当然ビーナストリックの方が速いので必然先頭に立つ、後は大方の予想通りにセキショウにノボリディアーナにティアーモにマコトブリジャールが続く。先行を見る形でローブティサージュだけど折り合いが付いてないような感じ、内にウリウリ、コレクターアイテムとトーセンソレイユが居て、リラコサージュの外にメイショウマンボにシャトーブランシュ、ここら辺が中団の底。ドンケツを走るセレブリティモデルを抜きにしたら後方から3頭目に中団の底から少し離れてデニムアンドルビー、最後方にスマートレイアー、レースは1000mを58秒9で進む。3角から4角で進出したのがデニムアンドルビー、余裕で上がっていくメイショウマンボに張りに行く、だからウチパクJはここで行かねばならんかったんか? 大先生と同じように最後の切れに懸けたらどんな末脚使ったか、タラとレバーは禁止やけど。直線に入ってセキショウが先頭に立つがメイショウマンボの勢いが凄い、あっさり捕らえて1馬身1/4突き抜けて1分58秒6の好時計の完勝で二冠達成。2着には外から猛追したスマートレイアー、こんな競馬もできるとは驚いた。ここで初めて強い相手と戦ったが、これは良い経験になったであろう、エリ女に出てきたらおもしろいかも。アタマ差3着にリラコサージュ、スマートレイアーには差し負けたがデニムアンドルビーには内から伸びてハナ差抑えた、15番人気のまさかの激走であった。3着写真判定が確定になった時に阪神競馬場内ではやるせない嘆きが覆った、実に微笑ましい光景だと思った(笑)。その4着にデニムアンドルビー、京都大賞典のゴールドシップ同様、噛み合ってない騎乗であったかな。どっちも腹くくって最後方からの末脚か4角からの進出という選択肢はなかったか? 馬場が速いので後ろからでは届かないという思い込みが強かったような気がするウチパクJの騎乗に見えた。だって5着のリボントリコロールは直線最後方でメチャメチャ外回って最後の直線だけで上がり最速の33秒8でデニムアンドルビーの半馬身差にまで迫ったんやから。ワタシの本命馬シャトーブランシュはこっちはもう少し早めにアクセル踏めてたらもう少し上の着順があったのではないかと思わせる勢いであった、ちなみに外のリボントリコロールとはハナ差の6着、内枠が効いたな。トーセンソレイユはクビ差の9着、自己条件からやり直しましょう。ローブティサージュは完全に追い負けて11着、条件はマイルがベストかな?

コメント。幸四郎J「状態が良かったのは分かってたので、馬を信じて変な細工をしないで焦らず乗ろうと思った。一瞬4角で反応が少し鈍かったが、エンジンが掛かってしまえばゴールまで衰えることなく伸びてくれた。人気で結果を出せたので嬉しい」。大先生「ゲート内で突然暴れ出したので出遅れると思ったので馬ナリで走らせた、最後弾けなったなー」。池添J「せめて2着が欲しかった、4角でデニムより手応えは残ってたが」。ウチパクJ「またまた人気に応えられなくて参ったなー」。


 さて、エリザベス女王杯、今年は3歳馬のレベルが低いと言われてるが、古馬牝馬相手に歯がたたんのかどうなんか、少なくともワタシはエリ女が楽しみになった。
 まずは明日の府中牝馬Sはアロマティコで今日の負けを取り返させてもらいまっさー。
 南部杯はエスポワールシチーと言いたいが、ホッコータルマエで仕方ないか。
 オッズ見ながら考えます。
 

 ああ、3連休って素晴らしい!!!
 けどやっぱり3日開催はイラン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月8日 | トップページ | 2013年10月14日 »