« 2013年5月24日 | トップページ | 2013年5月28日 »

2013年5月26日 (日)

日本ダービー外れ馬券解説

Imag0559 はうー、競馬場から帰ってきてもまだ溜息が止まらん。
 それくらいに今年こそはと懸けてたし、実際これまでで一番近かったと思ってたんだがそれでも半馬身届かんかった、くしょー。


Cimg6711 と言うからには本日絶好のコンディションで行われた日本ダービー。
 水曜に浅草寺でおみくじ引いたら大吉やったから獲ったも同然と思ってたが…。

  今日のポイントも馬場、ちゅーか、今の競馬は馬場が5分と言っても過言ではない。
 今日の京都を見てれば分かるように、最終週なのに行かねば馬券対象にならんかったくらいやからな。
 そこでポイントになったレースは同条件で行われた直前のダービースタリオンズS、ここで外から猛然と追い込んできたユーイチJのプレミアムテーストであったが、結局内の馬を捕らえきれずに4着、逃げたスーサングレートが2着に残っちゃった。。
 つまりはそういう馬場、なので1枠1番で最後方から行く馬にはキツい競馬になるであろうと思った訳だ。

 ◎エピファネイア:ソエとか坂路追いとか-8kgの馬体重とか、いろいろあったが他の厩舎ならいろいろ考えることもあるが、角居センセなのでそこはぬかりはないと思った。皐月賞はロゴタイプに差されたが、そもそも距離が伸びる時点で逆転は可能、なのでいかにユーイチJが上手くなだめて乗るかに尽きる。
 〇コディーノ:先行して抜け出す競馬をする為のウィリアムズJの起用、この馬こそ好枠を行かして抜け出してくる。これこそが相手筆頭と見た。
 ▲キズナ:9R見て印一個下げた。最後方から大外回して届くイメージが湧かんかったからので。オークスのデニムアンドルビーと一緒で届かず3着に近いイメージ。
 △ロゴタイプ:とはいえ全く切るには皐月賞が強すぎた、なので押さえ程度に。これがミルコならば怖いけどクリスチャンなので、ってのもある。
 △メイケイペガスター:ま、ないと思うけど一発あるならこれかと(共同通信杯獲らせてもらったし)。

 アポロソニック:青葉賞2着程度では通用せん、しかもレベル低い一戦やったし。
 クラウンレガーロ:皐月賞9着やからキズナが入って10着くらいか。
 ラブリーデイ:どないせいっちゅーねん。
 ヒラボクディープ:カミノタサハラやったら買ってた、格が違う。
 タマモベストプレイ:今回も一所懸命走るやろうな。
 テイエムイナズマ:上に同じ。
 サムソンズプライド:実はプリンシパルSで馬単と3連単的中させて大儲けさせてくれた馬、しかし流石に相手が強くなり過ぎ。
 マイネルホウオウ:スズカフェニックス…。
 アクションスター:出遅れ癖あるし無理だろ。
 フラムドグロワール:とにかくエピちゃんより外の馬は要らんってこと。
 ペプチドアマゾン:先行してなだれ込んだとしても前で競馬する馬がもっと強い。
 レッドレイヴン:前走全く走らず。
 ミヤジタイガ:弥生賞で最高のパフォーマンスしちゃったのでもう無理。

 馬券はエピちゃんから馬単、押さえの3連複はコディーノと、3連単は強気で1着固定でどや!!!

 スタートは全頭決めてサムソンズプライドが行こうとした所を内からアポロソニックが主張、離れてフラムドグロワールとペプチドアマゾン、その後ろにロゴタイプ、しめしめ。って言うのは、エピちゃんにとっては今回は間違ってもロゴタイプより前で競馬して欲しくなかったから、できるなら後ろにマークして最後に直線で交わすのが理想。実際その後ろにコディーノとエピちゃんは付けてたんだが、これがまた行きたがって行きたがって、正直ここでレースは終わったかと思った。そんでケツから4頭目にキズナ、しかしこれがきれいに折り合ってたんだよなー。何を思ったか向こう正面辺りでメイケイペガスターがどんどん前に進出しちゃって先頭に、確かに1000mを1分00秒3とスローに見えたってのもあったんやけど。3角回ってる時にもまだ人馬一体になってないエピちゃんとユーイチJ、あーぁ。直線に入ってメイケイペガスターが垂れて変わってアポロソニックが先頭に立って、ペプチドアマゾンが並んできて、しかし外からロゴタイプを交わして、後ろのコディーノを突き放してエピちゃんが残り100mで突き抜けた、んだけど更に外からキズナ急襲、ロゴタイプにやられた皐月賞のように今度はダービーの舞台でキズナにやられた。エピちゃんが上がり2位タイの33秒9で上がってるんだがキズナの上がりなんと33秒5、決着時計が2分24秒3なのでかなり優秀。エピちゃんはとにかくスムーズにレースができてたら、と何度も思わせる、着差が着差だけに。1馬身1/4差の3着に何と逃げたアポロソニックが粘り込み、ちゅーか、そういう馬場だなんだよ本当は。ハナ差4着にペプチドアマゾン、つまりはそういう馬場だってこと。そんでハナ差5着にロゴタイプ、3・4着馬に負けたってのはこれは距離適性やろ。コディーノは弾けず9着、調整失敗か? メイケイペガスターは11着に沈んだ、藤田Jよぅ。しかし今回も6着とテイエムイナズマはよう走った、7着のラブリーデイと8着のタマモベストプレイも。アポロソニックが8番人気、ペプチドアマゾンが13番人気、テイエムイナズマが14番人気、ラブリーデイは17番ブービー人気、タマモベストプレイが10番人気やもん、意外と混戦ダービーやったか。

 コメント。大先生「最高の気分です。彼の良い部分が出れば十分に届くと思って追ってました。人と馬と人と人といろんな絆があって、その絆を信じた結果勝てて良かったです。今度はキズナを世界一の馬にしたい。そして僕は帰ってきました!!!」、いろいろ思うことがあった大先生、このインタビューはちょっと良かったかも。ユーイチJ「あと一歩の行ってたんだけどな。あり余る闘志をコントロールできませんでした。凄い手応えで抜け出してきたんだけど交わされてしまった、僕が至りませんでした」。勝浦J「普通なら沈むパターンだけど3着に盛り返してくれた、秋に頑張りたい」。田中センセ「良い所で競馬できたけど最後は力負けでしたね」。C・デムーロJ「坂を上がってきた所で怪しくなった、2000mを超えるとね」。


 さー、今年も終わった(いや終わってないんだけど)。
 来週から2歳戦も始まるし、また一年かけて戦うぞ。
 キングヘイローの大敗やマルカシェンクの4着、アサクサキングスの2着や1番人気で迎えた去年のワールドエースの4着では足らんかったってこと、この悔しさこそが来年のダービージョッキーへのモチベーションになる。
 また良い馬に巡り逢いたいもんだ、来年こそ獲るぞ、ユーイチJ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月24日 | トップページ | 2013年5月28日 »