« 2013年5月18日 | トップページ | 2013年5月20日 »

2013年5月19日 (日)

オークス外れ馬券解説

 いやー、参った参った参りました。
 まさかの幸四郎J&メイショウマンボ、フィリーズレビューは獲ったけどまさかその1400mのフィリーズレビューを勝つような馬が2400mのオークスを勝つとは思わんかった。
 スズカマンボ×グラスワンダーで全く勝って不思議ではないけど桜花賞の大敗も訳分からんかったし、ちょっと買えんかった。
 馬場は完全に内有利やったけど、ペースが速かったので付いていった先行馬が壊滅したから必然的に外から差して来れた、そんな印象であった。


Cimg6657 ということでオークス。
 10RのフリーウェイSを見て分かるようにあれが今の東京の馬場、先行して抜け出しが基本。

 ◎トーセンソレイユ:大外枠もウィリアムズJがある程度ポジション獲りに行ってくれるのを期待したが、誰が2番手に付けろと言った(誰も言ってないけど)。馬体重+で出てきたし、最後の脚期待してたんだけどねぇ。
 〇デニムアンドルビー:どうやって最後方から来るのか想像付かんが能力だけならここでは一番、のはず。
 ▲ローブティサージュ:とにかく岩田Jが全く乗れてない、もう2週間は勝ってないんじゃない? しかし岩田Jの内突きは捨ておけん。
 △エバーブロッサム:デニムアンドルビー買うならこれも買わないと。
 △サクラプレジール:エバーブロッサム買うならこれ買わないと、いやいや、坂路の動きがもの凄かったのと、スムーズな競馬ができれば残ってもおかしくないかと。
 △アユサン:桜花賞組で来るならこの馬だけかと、東京得意やから。
 △セレブリティモデル:忘れな草賞勝ち馬は買わないと。

 レッドオーヴァル:もともと買う気なかったけどパドックで一銭も要らんと再確認した。
 ブリュネット:前走は凄い勢いやったけど、この枠と馬場では厳しい。
 メイショウマンボ:上述の通り。
 ティアーモ:こんな馬に乗る為にフランスから帰ってくるようなら武者修行が聞いて呆れる。
 リラコサージュ:馬格が欲しい。
 クラウンロゼ:途中一頓挫あったとか。
 フロアクラフト:スイートピー組やし。
 プリンセスジャック:ガチンコで2400mの馬じゃないでしょ。
 クロフネサプライズ:2400mの逃げ切りはなかろう。
 スイートサルサ:直線一気も難しいし枠も外では。

 馬券はトーセンソレイユ馬単流し(エバーブロッサムが抜けてたのでPATで買い足した)、3連複はデニムアンドルビーと、3連単はローブティサージュとの2頭軸。

 今回は逃げ宣言してたクロフネサプライズが大外からハナを奪いに行ったが、何で付いて行っちゃうんだよー、ウィリアムズJ(泣)、前半で脚使いすぎやっちゅーの。1000m通過が59秒6、速いかな。この辺りではクロフネサプライズの大逃げの形になって、離れてトーセンソレイユとクラウンロゼが併走、そこから離れた集団の中団にエバーブロッサムとメイショウマンボとアユサンが、その後方にローブティサージュとレッドオーヴァル、更に離れてプリンセスジャック、ぽつん最後方であったデニムアンドルビーは後方3番手にまで押し上げる。直線に入って馬群は縮まったが、まだ先頭を走るクロフネサプライズ、トーセンソレイユも残り400mまではまだ走れてたが、結局そこからは差し馬の台頭、幸四郎Jは本当に冷静に乗れてた。インに張り付いて走ってたが直線で下がる先行馬を交わして上手く外に持ち出してそこまでが伸びる馬場なんだ、ってとこをギリギリ走って力強く抜け出して上がり最速タイの34秒6で1馬身1/4差を付けて完勝。2分25秒2って時計も優秀、最初から長距離路線使ってくれてたら買いようもあったのに…。2着に最速タイの34秒6で戸崎Jが必死にエバーブロッサムを追ったが差が縮まることはなかった、馬場の内外もあったからな。2馬身差の3着にデニムアンドルビー、3角から4角でムチ入れて上がろうとしてたが、フローラSの馬場では届いたが今日の馬場では3着が精一杯、馬場負けやったな。1馬身1/4差の4着にアユサン、しぶとく伸びて3着あるかと思わせたが、デニムアンドルビーの脚に屈した形。1馬身3/4差の5着にフロアクラフト、正攻法の競馬で良く走った。ローブティサージュは見せ場なく9着、クロフネサプライズは12着に沈み、トーセンソレイユは15着撃沈、レッドオーヴァルはブービー負けであった、やっぱりな。

 コメント。幸四郎J「強い競馬をしてくれて最高の形で結果を出せて本当に嬉しい。内ピッタリのロスのない競馬ができた、全部上手く行きました」。戸崎J「とにかく馬が凄く良くなっていた、今日は悔しいけど今後が楽しみ」。ウチパクJ「無理に行かせると負担になるので行かせなかった、3角・4角で前回のような手応えがなかった」。丸山J「この馬の競馬はできた、ただレース前のテンションが高いのと距離が長かった」。松山J「ゴール前夢見たんです…、我慢して我慢して行ったんですけど決め脚の差です、悔しい」。

 まさかのメイショウマンボやったけど勝つ時はこんなもん、桜花賞組のレベルの低さが露呈した形か、ってトーセンソレイユ本命のワタシが言うことではないが。
 いずれにせよ距離の壁があった馬も居たので秋華賞はまた楽しみかも。


 とにかく来週のダービー獲りゃ何の問題もない、ちゅーことで当然エピちゃんから行く。
 相手はキズナ、ロゴタイプは距離に不安ありで3着までで買う。
 って言うてもJRAの造る馬場次第でレースは変わる、ダービーくらいはガチンコな馬場にしてくれ(ちなみに今日の馬場ではキズナは来れないよ)。

 今週は名古屋~東京~埼玉と過酷な日程、腰も風邪ももう少し良化しないとキツい、ヤレヤレ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月18日 | トップページ | 2013年5月20日 »