« 2013年4月7日 | トップページ | 2013年4月11日 »

2013年4月 9日 (火)

五反田deラーメン「支那そば はせべ」さんの支那そば700円&「江戸前煮干し中華そば きみはん」さんの中華そば700円

 今日から2泊3日で名古屋から北陸に移動、恐ろしいことだ。
 ま、でも今回は生きるか死ぬかって案件じゃないし(いつもないっつーの)、観光気分ではないが楽しいかも。
 それはさておき、前回の東京出張、正しい順番はこの五反田でラーメン食べて上野でカレー食うて加須でうどん食べた、そんな順番。
 だから3月27日(水)に五反田に泊まって、泊まったホテルの近所を散策してみて美味いセンサーに反応した店ってこった。


PhotoCimg6103_2   ・支那そば はせべ:支那そば700円

 五反田駅から5分ってとこか、0時くらいに行った、呑んでたなー、しかし。
 水曜の深夜だったので流石に混雑はなく座れた。
 メニューから一番スタンダードな支那そば、ハシゴするつもりやし(ヲイヲイ)。

Cimg6104  待つこと5分ほどで出てきた支那そば、どや!!!
 分かりにくいかもしれんが、麺はいかにも手打ちな平打ち麺。
 では麺からちゅるるん♪ なんじゃこのびらびらな麺は、これは佐野ラーメンではないのか、栃木の。
 ってことはひょっとして青竹で踏んでたりとか? まさかな。
 しかしまさに佐野ラーメンな感じのメインの麺の部分にヒレみたいなびらびらが付いてる、この食感はなかなか他にはない。
 スープは豚骨に鶏ガラに野菜に煮干しか? 「支那そば」なるほどって旨味のあるスープ。
 チャーシューにメンマはさして個性はないが、とにかくこの店は麺を食べに行くラーメン屋さんって定義した。
 と言いながら酔っ払って行っても優しいスープなので〆の一杯にもOKでしょう。
 うん、美味い麺であった。


Imag0363  ・江戸前煮干し中華そば きみはん:中華そば700円

 これは五反田のガード下の店、隣の立ち喰いのうどん屋もなかなか美味かった記憶があるので、〆にうどんかラーメンか悩ましい選択をすることができる。
 何で画像が明るいのかというと、ここは「はせべ」さんの後に行ったので0時半くらい、酔いもそろそろ回ってて、店の写真撮り忘れたので翌朝行ったというお粗末な話。

Imag0362 Cimg6106  メニューこんなん、カウンターだけのお店なのであくまで省スペースなので食券制でもある。
 ラーメン700円ってこの辺りの相場なんかなんかな???
 こだわりと合わせてどや!
 中華そばの醤油味はお客さんに一番伝えたい味であるそうだ。
 鶏ベースのスープに数種の煮干しと本枯れ節で丁寧に仕上げたコクのある一杯だそうだ。

Imag0361  ではそのコクある一杯どん。
 だけど麺から食べる、ぞ、ぞぞぞー。
 ストレートな力強い麺で、そこはつけ麺もやってる麺って感じか。
 スープはワタシが思ういかにもな東京の中華そばって感じで醤油が前に出て煮干しがさらにぐいぐい押し出てくる。
 チャーシューはとろっとしてるが味的にこれじゃないといかんってば味ではなく、メンマも食感重視かな。
 とにかくこういう麺とスープのマッチングって関東ぽいなって思った。

 もっと他にも美味しそうな店もあったが、五反田に泊まることがあまりないので次回行く機会あるやなしや。
 しかしどこでも美味い店あるよなー、大阪なんて探してもなかなかないっちゅーのに。
 こういう所が東京の懐の深さやね。


 ああ、夜中にラーメンの話してたら先週食べたけどまた笠岡ラーメン食べたくなった、いかんいかん。
 いくら美味しいとは言え、笠岡には全く及ばんと声を大にして言いたいところだが、負け惜しみに取られても困るので言わない、って言っちゃってるけどな、ははは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月7日 | トップページ | 2013年4月11日 »