« 2013年4月3日 | トップページ | 2013年4月7日 »

2013年4月 6日 (土)

笠岡deうどん巡り「いなかや」さん&「かも福」さん&「な〇の」さんのざるうどん

 木・金と広島&岡山に行って来た。
 木曜は特に昼ご飯に江波の広島ラーメンの超老舗の一店「陽気」に30分以上かけて歩いて行ったんだが(これは仕事と全く関係ない場所にあるのでタクシー乗る訳にもいかん)、店発見した時は喜々としたが、近づくにつれ眉間に皺ができる、そう、開いてる様子がないのである。
  すわ! 定休日か!? と思ったがそうではなく、そもそも開店時間が16時半からであった。
 中電前の大手町店では昼に食べてるので、当然ここも昼から開いてると勝手に思い込でたワタシの初歩的なミスであった、とほほ。

 結局その近所の食堂で日替わり定食(メインは酢豚ならぬ酢鶏に小鉢2品に味噌汁にご飯大で680円)を食べたのだが、仕事が夕方に終わってそのまま福山に移動すると、結局広島で何も食べなかったことになるので、広島駅北側のいつもの「お好み焼き いっちゃん」さんで肉玉そばと芋焼酎をロックで5杯ほどがぶがぶ呑んで大将とうだ話。
 春キャベツになるとお好み焼きの味も変わるので今の内に食べてた方が良いらしい。
 そんでテケトーな時間に新幹線に乗り込んで福山入りして昨日金曜日。

Imag0417  毎回朝は岡山側に遠征することにしている。
 もちろん朝ラーしたいからでもあり、夕方来るとR2が渋滞することもあるから。
 なので1発目のお客さんを10時半くらいにアポ取ってるので早めに出て9時半から開いてる「中華そば 坂本」さんでいつも食べてる。
 前日呑みすぎた胃にはここのシンプルで滋味深いスープがまた染みる、そんで笠岡ストレートと笠岡煮鶏と笠岡メンマと笠岡ネギ(いい加減にしろ)が癒してくれるんだ。
 ホント、どれだけ凝ったラーメンでもここのシンプルな一杯の前では霞む。


 いや、そうではなくて、本題は笠岡は岡山の端ではあるがしかし岡山なのでうどんも美味いって話で、笠岡うどん巡り。
 これはそうネタ続かんよ、これで2回目やが、3度目はあったとしても4度目があるかどうか。


45Photo460 ①いなかや:ざるうどん460円   新規

 場所はR2の4番町の交差点を南に下って、笠岡グランドホテルを越えて笠岡警察署を越えて、その先にある。道路の反対側は岡山県備中県民局井笠地域事務所、要はこの中の食堂に鶏と鰹節がぐいぐい利いたスープの笠岡ラーメンを出す「大松食堂」さんがあるって、そんな位置関係。
Cimg6156 ちなみにお店の画像撮って身体を160度くらい回れ右して撮ったらこんなん。余談ながらこの県民局の向こう(100m程)には「本原」さんと「しだはら」さんが並んで切磋琢磨しており、東南に200m程歩けば市場内ラーメンの「おっつぁん」さんがある、この周辺は狭いながらも凝縮された濃いラーメン地帯なんである。
 余談、そんで「大松食堂」さんでかつて食べて道路出たら手打ちうどんの店があったので、いずれは行かなければ、と思ってたがやっと行けた。着いたのは丁度お昼頃、しかし行って気付いたが、お昼だから出来たてかというとそうではなく、お昼時なので待ち構えてるうどんであったということ。おばあちゃん、いやお母ちゃんにざる注文、麺を水で流して盛りつけて出てくる。見た感じは確かに手打ちや、平たかったり細かったり太かったりの手切りでもあるのか。ではつるっと食べてみる、おおー、後30分前ならかなり美味しかったやろうに。しかしそこかしこに手打ちの片鱗は伺えた。ちゅるっとしながら芯もあったり、やっぱもちょっと早く行かなければいかんってことか。自らを反省。


45_2500Up ②かも福:ざる(大盛)500円

 JR笠岡駅北側徒歩1分の「かも福」さんである。去年の暮れに来て以来やから4ヶ月ぶりか。だからここ笠岡駅前には「坂本」さん(ここから歩いて3分)に行く為朝9時半には来るが、昼にはあまり来ないのでご無沙汰になったが、今日はうどんがテーマ。するとこの店は外せんだろ。言うても12時15分くらいに入ったがここに関しては問題ないナイナイ。
Cimg6157何故かカウンターにサイフォンが置かれてたが、ここの大将は調子乗りなのでスルーするー。丁寧に冷水で戻された麺が出てきたよ~~~、ではぞぞっと口に入れる。!?!?!? そうそうそう、こんな麺やったわ!!! 全く角がなく堅い食感は一切ない、まるで極上の濡れたシルクを噛むが如く、これって本当にうどんですかぁ??? ここの麺を食べたらうどんのコシってもんが分からなくなる。ここのうどん食べたら香川でうどん食べれなくなるよ、それくらいに讃岐で似たような麺を知らん。対抗できるとするなら観音寺の「峠」さんのざるやね、タイプは違うが「峠」さんの加水率超高めのふるふる震えるうどんは甲乙付けがたいか。しかしそういうこと言うとここの大将はまた調子乗ってピースサインなんかしちゃうので言わないけど。改めてここのうどんは凄すぎるので頻度を上げて行こうと思う。しかし「坂本」さんというラーメン屋さんと「かも福」さんといううどん屋さんがあればワタシはもう笠岡で生きていけると思うな(笑)。


45_3Photo_2500_2 ③な〇の:ざるうどん500円   新規

 9時半に朝ラー、うどん2軒、内1軒大盛、もうええかとは思うが、スイッチが入っちゃってるのでもはやうどんハンターと化した。そういやあそこにまだ行ってなかったと思い直して再度あそこに行った。そう、この店は毎度々々行ってる「坂本」さんの真隣の店。手打ちうどんと書いてあるしな、店に入る時はうどん定食がお得そうやったのでそうしようかとも思ったが、やはり初めてはざるだろ。おばあちゃん、いやお母ちゃんが厨房に入ってお湯湧かしてネギ切って出汁入れて、そんで奥から引っ張り出してきた麺は冷凍麺でした(笑)。しかし冷凍麺も美味しくできてるねー、手打ちと言っても分からんで。しかし麺としては角がなく丸い麺で冷水で〆たのではないので出来上がりはコシはあるが生ぬるく、 とにかく500円で冷凍麺食べさせられたら「かも福」さんの500円にも失礼やし、お隣の「坂本」さんにも失礼な仕事や。歩いて2分の「笠岡いなり」さんなんて生うどん茹でたて〆たてでざるで250円やもんなー。ま、そういうこともあるさ。


 と言うことで最近の冷凍麺の完成度は高いってことで今回を〆る。
 な訳あるかい、ラーメンも美味しいし、うどんもレベルの高い店があるここ笠岡。
 「おかやまや」さんと「かも福」さんの二大巨頭があるが、それ以外にも美味い店を見つけてやる、と使命感に駆られているワタシでした。

45_4 まぁ、そうは言ってもなかなか笠岡に行く機会はないと思うが、そろそろGWも近くなってきた。
 ラーメンにうどんにカブトガニの街でもあるし、倉敷に行くついでに足伸ばすとか、竹原の町並み保存地区に行く前に腹ごしらえしてから行くとか、そんな使い方をしてクレイ。


 以上、笠岡親善大使より。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月3日 | トップページ | 2013年4月7日 »