« 2013年3月10日 | トップページ | 2013年3月16日 »

2013年3月12日 (火)

神戸de鴨つけ麺「鴨いち」さんの鴨つけ麺(そば・冷・並)700円

 明日から広島2泊3日、しかし2泊とも福山泊まり。
 最近広島市内で泊まってないような…だからお好み焼きで酒呑むってことをしてないような気がする。
 そう考えると食べたくなって来ちゃうんだよなー。

 しかし今回は珍しく地元ネタ。
 京都以外でなんてメチャクチャ珍しいことかも。


31  ・鴨いち:鴨つけ麺(そば・冷・並)700円

 場所は三宮さんプラザB1、最近この辺行ってなかったけど、今や半分は外国の料理が占めてんのなー。
 インドカレーにベトナム料理、もちろん中華、そんな中カウンターのみだが清潔感溢れるお店だったのがここ。
 その手前でビーギョしててぶらっと奥に行ったら美味そうな店ってのがビシビシ伝わってきたので食べてみることに。

Photo  ではメニューはこちら。
 鴨のつけ汁は変わらんが、麺はラーメンかうどんかそばを選べる、そんであつ盛りか冷や盛りか、麺の盛りを小・中・大。
 ワタシは鴨はそばだろと思い注文したが、ラーメンがお勧めらしい。
 ならば麺の熱さはと聞くとそれは好き好きです、って回答やった。

 まずは麺を放り込んで茹でる、その間に小鍋に濃い目のつゆを入れて、そこに薄く切られた鴨を放り込んで一枚一枚剥がしていく。
 麺が茹で上がったら水で〆て、先につけ汁が出され、そしてそばが後から出される。

Photo_2 Up  これが鴨つけ麺の冷たいそばで2玉な。
 意外とそばの盛りええやん、どれどれ麺からぞぞーっと。
 うんうん、こりゃ美味いわ、でも熱々の鴨つけ汁だと〆られてるとはいえ麺が弱くなっちゃうな。
 そこで麺だけ食べてみる、おろ? ピシッとしてるやん、なのにくたっとしちゃうのはそばの責任ではなくつゆの熱さ故か。
 そのつゆは鴨に負けない濃いアタリを取った鴨ベースの醤油つゆ、そんなに甘くはなく硬派な味。
 そこに煮られた鴨の脂と旨味が出てレモンの薄いスライスが一枚あってサッパリ食べさすんやな。
 素材が鴨なのでテーブルスパイスは一味と黒コショウのホールと花山椒のホール、ミルで挽いて入れるのが美味しいよってことだったので途中から花山椒を入れたがこれはバッチリ鴨の脂に合う。
 途中当たり前やがつけ汁が冷えてくる、そうすると今度はそばが生き返ってくる。
 つゆが冷たくなって嫌、とか言うんじゃなくて、今度は麺が美味しくなる時間帯やってこと、二度美味しいじゃん。
 そんで食べ終わったら生姜湯が出てきて残ったつゆを割ってまた三度美味しい。

 はい、そこで店主さんトーク。
 そばは食感をピシッとさせる為に小麦粉の割合を少し多く配合してるらしい。
 そんでそばなのでボリュームUPで1玉250g、中なので500gも食べちゃってる訳だ、がちょ~~~ん。
 らーめんは230gで玉子麺ではないが寝かしに時間掛けてかん水で黄色くした少し平打ちな麺でそれも美味しいと思った。
 そんでワタシも思ったが、案外と鴨の臭いがキツくないのよ、ワタシは豚肉みたいな感じやと思ったんやけど聞いてみると、国産の鴨はやはり臭いが強いのでガラでスープに使ってるんだと。
 じゃあ、つゆに入れる鴨はというとフランスとスペインの鴨を掛け合わせたのって言ってたか、聞けばかなりこだわった材料を使って居られるようであった。

 麺も美味しいんだけど鴨の上品な肉とそんで美味い脂と濃いつゆのマリアージュはかなりイケます。
 他にも鴨メニューが一杯あるようなので三宮に行ったらまた行きたいな。
 しかしさんプラザのこの店の辺りって上述のようにアジア系の人達がとにかく多くなってるな。
 ま、ワタシは特にベトナムのシンパやから心はいつもホーチミンやけどな(意味分からんし)。


 という訳で最近東京で流行ってる日本そばの鴨つけ麺を三宮でいただいて来ましたー!!!
 上でも述べてるが久しぶりに地元ネタでありました、ちゃんちゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月10日 | トップページ | 2013年3月16日 »