« 2013年2月13日 | トップページ | 2013年2月17日 »

2013年2月16日 (土)

岡山deうどん「大吉」さん&「セルフうどん さざなみ 藤田店」さん&「めん処 源久」さん

 一年ぶりくらいか、八重洲口の方にある南インド料理の「 Dhaba India」さんで美味すぎるカレーやらなんやらを食べてきた。
 本当にここのスパイスの使い方は別格や、巷のインド人かパキスタン人がやってるなんちゃってインド料理とは訳が違う、感動してまたはあらゆる毛穴から汗を噴き出して店を出て新幹線に乗って大阪に着いて家に戻れば23時半。
 シャワーを浴びてデジカメの画像を整理、ついでに一本アゲっちゃえってことで。
 しかしその「Dhaba India」さんのネタではない、先週の3連休に行った岡山うどんの話。
 本当に岡山のうどん文化は香川に負けない物がある。


210 450  ①大吉:ざるうどん450円

 場所は分からん、テケトーに走っててどうやら手打ちっぽいので何の情報もなく入った店。お初の店ではざるを食べるので注文、まだ店開けたとこやったか一番客であったようで茹で始めてくれたので10分待ち、オッケイでっす。待ってる間もママさんはお総菜を作ってカウンターの上に載っける。これはどれも美味そうや、近所にあって夜開いてたら呑みに行っちゃうね。さておきキッチリ水で〆てくれた麺はどんなんやというと…、別にエッジがどうやこうやとかそういうもんではなくごく普通、普通のざるうどん。ただ生麺を茹でてるから美味しい、けどうどん県岡山ならこれは450円ではなく280円にしてもらいたい。ちょっとコストパフォーマンスが問題か。でも普通に美味しいうどんやった、定食でお総菜とかあったらそれはお得なものかもしれんな。


210_2 40050170 Up  ②セルフうどん さざなみ 藤田店:ぶっかけ(小)400円-50円&ゲソ天170円

 前からこの赤い店が気になってた、しかしチャラい店かと思ってたが、ゲソの天ぷらが名物だという、ならゲソ天男のワタシを納得させてみぃやぁ!!! ←切れてどうする。岡山駅からだと(遠すぎるっちゅーねん)R30を南に20分は走らんとあかんだろな。HPで見たら今で11店舗あるチェーン店のようだ、だから2月1日からぶっかけ50円引きセールとかやってるのね。とにかくでかいんだと、ゲソ天が。なら食べさせてもらいまんがな、ってでかすぎやん! 普通足2本やのに4本、だけどその足が太い、太すぎる!!! うどんから撮ったら大きさも分かりにくいが、ゲソ天から撮ったらその迫力はいくらか分かってもらえるであろう。
Photo  太くてでかいのでハサミがちゃんとテーブルに置かれており、チョキチョキして食べる。これは家族のゲソ天やね。凄いトッピングやわー、170円はお値打ち品。肝心のぶっかけはピシーっと〆られて歯応え凄くある麺で、ぶっかけの出汁は少し甘めであったがとにかくごっつい店であった。ちなみにかけ(小)は135円、これとゲソ天で305円で腹一杯になること請け合い。侮れませんぜ、旦那ぁ。


210_3 27080  ③めん処 源久:かけ(中)270円あげ80円

 岡山で再訪したい店の一つがここ、とにかくここは麺のこしを追求してる。硬い麺がこしの強い麺ではない! と嘆いてらっしゃいます。こしが強い麺とはやんわり、もちもち、それでいて全体がしっかりした麺だそうだ。完全セルフなので丼に盛られた麺を取って、テボで温めるかしないか、ワタシは温めない。しかし取る段階で丼に入った麺がイマイチ元気そうに見えんのだなぁ、前回もそうやったけど。少しガックリしながら珍しくお揚げさん取って出汁タンクから辛口の出汁を少量注ぐ。ちんちんに熱い出汁やから早よ食べな、ずるずるずる。なにぃ~~~!!! この熱々の出汁に浸されても麺がもちもちでくねくね縮れてしっかりこしがある、凄ぇっ!!! 本当にここの言うところの「こし」ってのがよく分かる、剛麺が讃岐うどんだと言うのは間違いなんだと言うことに気が付けよー。と、岡山の「讃岐」うどんに気付かされた。ちなみに辛口と甘口の出汁があるが、辛口は甘くはない程度で、甘口は辛口ではないと言う程度。今度はざるを食べてみたい、一見家族で賑わう大型セルフなので舐めてしまうが、舐めたらあかんで、見かけに騙されたらいかん典型的な店であった。
 

 以上、岡山うどん侮り難し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月13日 | トップページ | 2013年2月17日 »