« 2012年11月24日 | トップページ | 2012年11月27日 »

2012年11月25日 (日)

JCハズレ馬券解説

 うーん、最終開催になってもレコードを出す馬場を造ってくるとはJRAは懲りない団体。
 アルカセットのレコードを突き破って2分21秒どころか2分20秒を切ることすら考えてるのかも知れんこのクソ団体は、穿った見方をすればビートブラックを最内枠に入れて、大逃げ指令を出してるものと思われる。
 なーんてことまで疑ってかかりたくなるね、もはやJRAは信用できない組織。

 ま、今更この腐った団体についてどうやこうや言っても仕方ない、我らは黙って馬券を買うだけなので(全然黙ってないが)。

Cimg4930 Cimg4931  JC、馬場はこの開催ずーっと内側からしか伸びてない、ローラーでもかけた馬場で不公正極まりない。
 普通秋天であんだけ内からしか伸びなかったんだから、開催が進んで普通は外差しになるはずなのに、あくまで内側にこだわって競馬をつまらなくさせてるのはどういうことなんだぁ???
 とにかく外からは届かないので如何にして内に入るかが鍵か。

 ◎ダークシャドウ:秋天も本命に据えてたくらいやもん。400mの距離延長なんて何の問題もない。ミルコが距離にこだわって優しく後ろに付けるといかん、札幌記念みたいに前目で乗ってクレイ。
 ○ルーラーシップ:パドックで見た限りはもう一回り絞れそうな感じではあった。出遅れが怖いがすんなり出たら香港みたくあっさり突き抜けて勝つかも。
 ▲エイシンフラッシュ:二度目のピークを持ってこれるか、しかし相変わらず馬体は美しいんだよなー。
 △フェノーメノ:内枠で自在性もあるので無難な選択。
 △オルフェーヴル:おそらく凱旋門賞のゴール前で差されろ、って絶叫したのはワタシくらいなモンであろう。とにかく今のガラパゴス化した日本のいびつな競馬が世界で通用したらいかんのだ(ドバイとブリーダーズCは許す)。
 ×ビートブラック:JRAの指令を受けてどこまで逃げれるか。

 スリプトラ:外国馬については語ることは何もない。
 ジャガーメイル:流石に8歳馬では。
 マウントアトス:外国馬の中ではこの馬が一番良く見えたがもちろん買う訳もない。
 レッドカドー:この程度の馬しか来ないんやから、外国馬が1頭も来ないJCダートと何が違うのか、来るだけマシって話か。
 メイショウカンパク:もっと他に馬居なかったんか。
 オウケンブルースリ:論外。
 ジャッカルベリー:この馬が一番の実績馬か? まぁ、何もできずに終わるのは明白。
 ローズキングダム:終わってるってもう。
 ソレミア:凄い貧弱な馬体で驚いた。
 ジェンティルドンナ:今年の3最牝馬は全く評価してないので一銭も要らん。
 トーセンジョーダン:まだ、だよな。

 馬券はダークシャドウから馬単流し、同じくルーラーシップからも、3連複はルーラーシップと、3連単はエイシンフラッシュと2頭軸。

 やはり出遅れたルーラーシップはウイリアムズJが内に入れてポジション獲りに行ったので上手いと思った。そんでジェンティルドンナの岩田Jも大外から徐々に切れ込んでインベタを選んだ、元々岩田Jは内突きが得意な騎手やからな。トーセンジョーダンが2番手を進み、ジェンティルが3番手、ソレミアが続きフェノーメノ、中団の前目にエイシンフラッシュ、中程のインにルーラーシップ、外にオルフェーヴル、そのケツにダークシャドウ、違う、違うよミルコ!!! 1000mを1分00秒2でゆったり行った後は3角から引き離して逃げ出したビートブラックの石橋脩J、レースが動き出した。3角から4角で10馬身くらい離したビートブラックであったが、直線に入る頃には凄い勢いでオルフェーヴル接近、ダメだこりゃ。寄れてるのか意識して内に入れたか、ここまでしか伸びないって馬場を通るオルフェーヴル、楽勝かと思いきや…内から死んだふりしてたジェンティルドンナが一気に抜け出してオルフェーヴルを弾き飛ばしてしまったが2頭のマッチレースを制して何と3歳3冠牝馬がJCまで勝つ偉業達成、おみそれしました。2着はハナ差オルフェーヴル、吹っ飛ばされてなかったら勝ってたが競馬はそう言うもんだからな(これで降着やったら先週なんやったんやってことになるからJRAも苦しい)。そんでワタシが買った本命対抗馬は2馬身半離された3-4着争い。何でウィリアムズJが大外ぶん回したんか分からんが、距離に不安のあった(と思われる)ダークシャドウと共に仕掛けどころが遅く、結局出し抜け喰らった形での3-4着争いになってしまったのはもったいない。ちゅーか、結果だけ見たらフェノーメノの位置ですら伸びてなかったから、内側3・4頭分しか伸びてなかったな。こういうもんだと分かってたが競馬を面白くなくしてるのはJRAだということにええ加減に気づけよ、ったく。とにかくそれでも強烈に外から伸びたがローラーには勝てなかったってことでしょう。ちなみにこの上位4頭の上がり3ハロン、32秒8>32秒9>32秒7>32秒8。更に2馬身半離された5着のフェノーメノの上がりが33秒5、こんな競馬はつまらん!!! ちなみに外国馬の上がり最速は8着レッドカドーの33秒4、これじゃ今後外国馬が来る訳ない見事な日本による日本の為の競馬。ええや、6着に粘った(と言えるか)トーセンジョーダン、エイシンフラッシュは伸びを欠き9着、ソレミアは13着、スリプトラは大差負けやったので実質の最下位はローズキングダム、隔世の感有りってことか。

 コメント。岩田J「逃げ馬を交わすのに微妙な進路を取ってしまい申し訳ない。道中最高のポジションを獲れたし、4角まで完璧、接触がなければ…。ジェンティルが底を見せてないと言うことを証明できた、初めて彼女の本気を見せてもらった、東京の左回りは最高」。池江センセ「完全にぶつけられて失速した、JRAのジャッジには従う、次走は未定」。石橋脩J「あれ以上速いペースにはできない、この馬にしては頑張ってくれましたよ」。

 重の得手不得手ならまだしも、内と外での差がでかすぎる馬場ってのはどうなのよ。
 とにかくイコール馬場造ってくれよ、JRA。
 競馬がつまらんぞ。

 2勝8敗△1760円/22500円

 
 さて、次回は阪神開催になるが毎度外国馬が来ないJCダート、砂にも細工してくるかな、JRAはよう。
 哲Jが全治どれくらいか分からん重傷なのでエスポくんの騎乗は誰になるの?
 ダートに狙いを定めたトゥザグローリーの走りや如何に。
 トランセンドの復権ありやなしや。
 前走のJBC圧勝でここもあっさりかワンダーアキュート。
 連勝の勢い衰えずローマンレジェンド。
 連勝は止まったが再度あの差し脚を見せるかハタノヴァンクール。
 異次元の強さは本物かイジゲン。
 個人的には前回のJBCで儲けさせてくれたワンダーアキュートといつも狙ってるエスポくんを狙いたいが果たして。

 
 ちゅーけれど、来週の土曜日は会社の忘年会で静岡まで駆り出される。
 中京を観てから行くか検討中、行くなら金鯱賞は連闘で臨むオウケンブルースリから買ってみたい(ヲイヲイ)。

 とにかく競馬ファンだと言っても恥ずかしくないように競馬の地位を上げてくれよ、JRAさん。
 こんなレースではドラマは生まれない、今のワタシみたいなただの博打で良いのなら構わんのだけどな。
 言いたかないが、昔の競馬は面白かったよホント、いつからこんなんになっちゃったんだろーねー。

 と、愚痴を垂れ流して終わる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年11月24日 | トップページ | 2012年11月27日 »