« 2012年9月17日 | トップページ | 2012年9月23日 »

2012年9月21日 (金)

池袋deラーメン「創新麺庵 生粋」さんの上生粋正油950円大盛100円

 疲れた、疲れ果てた。
 この週末どんだけ休むかにワタシの遅れてきた夏休みの成否は掛かってる。
 今週は4日だからと、火・水で東京へ1泊2日で行った、これで5週連続出張。
 既に来週の月・火の広島&岡山行きは決まってるので、火曜日出張から戻ってきて、翌日から旅に出ることになる。
 今週取ったチケットの行き先はラオスの首都ヴィエンチャン、ここから世界遺産の町ルアンパバーンにラオス国内線で飛ぼうかと考えている。
 それもこれもこの疲れ果てた肉体ではあまり楽しくないので土・日はグダグダして過ごして少しは体力回復を図りたい。

 では今回は一昨日に行ったラーメン屋さんをネタにする。
 一昨日と昨日って東京でも本当に暑かったんだよなー。

Cimg4120Cimg4121 ・創新麺庵 生粋:上生粋正油950円大盛100円

 場所はJR池袋西口のマルイを北に上がったとこ。
 お店に着いたのは11時45分くらい、なのでカウンターだけのこの店でも並ぶことなく入れた。
 店員さんに入ってすぐ右手にある券売機でチケットを買うよう促された。
 

Cimg4125Cimg4122 さて、何を食べようかと思ったが、スタンダードに正油、しかも上で大盛行っとけってことで950円に100円足してチケット購入。
 
 お昼時になって混んだらかなわんので一番奥に座る。
 座ったはええが、ハッキリ言って暑い、エアコンなしの扇風機なし。
 一体どういうコンセプトのお店ですかぁ???
  とにかく何度も言うが暑かった日なのに追い打ちを掛けるようにこのもわっとした暑さ、これで熱いラーメン食べちゃうの???

Cimg4123Cimg4124 注文して5分ほどで出てきたラーメンはこれ。
 後で見たが、この「上」は要するに全部載せだそうだ。
 道理で凄いサービスだ。
 パッと見チャーシュー分厚いのが3枚に煮玉子、淡路島産のタマネギが付いてくる。

 では麺から食べてみよう、おおお、中細の四角いピシッとしたストレート麺が口の中に入ってくるだけでもの凄いあの臭いがする、そう秋刀魚。
 この店は秋刀魚のスープで有名な店なのであった。
 そのストレートのしこしこぴちぴち麺を食べただけで秋刀魚の香りがまとわりついてくるぐらいやからスープを飲んでみると…メチャメチャ秋刀魚やん!!!
 出汁材に秋刀魚も使ってるんやろうけど、最初の醤油ダレが秋刀魚醤油じゃないかと思われる。
 ほんまに口の中に秋刀魚爆発、初めての経験やわ。
 では肉厚のチャーシューをと、これがまた箸でほろほろに崩れるんだが、これがまた秋刀魚のスープを吸い込んで秋刀魚チャーシューになってる。
 煮玉子は赤ワインを使って煮詰めてるらしいが、黄身まで味がしゅんで美味い、しかし時間が経つと秋刀魚ワールドになっちゃう(笑)。
 しかしワタシ的には唯一正気に戻してくれるのがメンマの存在であった。
 この細めの歯応えあるメンマを食べたら我に返るんだよね、不思議やー。
 最後の方にタマネギを入れてみたらこれがまたさっぱりと中和してくれて楽しませてくれる。
 

 本当によくできた一杯で、麺もスープも具もかなりの高レベルな店だと思う。
 値段も大盛じゃなければ950円と凄いええ値段、そんだけ取ってんやからこそエアコン入れろや。
 カウンターはワタシの汗かラーメンのスープが飛び散ったんか分からんくらいにぐちゃぐちゃになってた。
 美味しかったけど絶対夏には行かん、そーゆー店。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月17日 | トップページ | 2012年9月23日 »