« 2012年9月15日 | トップページ | 2012年9月21日 »

2012年9月17日 (月)

京都deラーメン「麺屋 黒船」さんの醤油麺650円&「中華そば ほそかわ 西院店」さんのラーメン650円

 2ヶ月ぶりに京都でラーメン食べた。
 これは先々週月曜日に仕事で行く用事があったので、いや、ラーメンが食べたくなったので仕事を作って行ったってところが本音か。
 とにかくここんとこ出まくってて、余所のラーメンばっか食べてて関西人としてのアイデンティティーが崩壊しそうだったので確認する意味でもえがった。
 

93  ・麺屋 黒船:醤油麺650円ランチライス無料

 例によって少し早めに京都に着いてラーメン屋さんを物色、今回は北に上がってみようってことで四条まで出てみる。
 つっても西院の辺りやけど、するとあの定番の店と何だか分からない店があったので行ってみることに。
 何事も新規開拓は肝心やからね。

93_2 A  マンションと古い戸建てが並んでいるのね。
 左の(西の)角がこの店、なんかよく分からんがTVチャンピオン優勝者の森住氏「ちゃぶ屋 店主」プロデュースの店、なんだって(書いてて意味不明)。

 お腹空いてたので躊躇なく入店、定番であろうと思われる醤油麺を注文すると、後ろで食券買ってくれと言われた、券売機が壁に埋め込まれてたので分からんかったのだ。
 
Photo Photo_2 メニューこれ。
 裏はこんなことが書いてある、「麺作り・麺料理」に”こだわり”麺本来の旨味を追求、厳選した五種類の小麦粉で仕上げた麺、なんだそうだ。

650  お昼も少し時間が外れてたのでそれほど待つことなく出てきたラーメンがこれ。
 見た目メッチャ醤油濃そうやん、某ブラックみたいな佇まいや。
 あ、ちなみにランチタイムではご飯がサービスになるでー。

 では毎度のことながら麺から食べてみる。
 おおおおお、平打ち麺かい、その麺がしこしこして歯応え良く確かに麺美味しい。
 ではスープはと、豚骨ながら白濁してなく、かといってあっさりしてるんじゃなくて旨味のあるスープ、それが濃い口の醤油ダレと合わさってこれがイケる。
 焦がしネギってのがポイントか、とにかくスープが濃い為もやしが載っても構わんのだな。
 ここの濃いスープならご飯と食べたくなるね。
 この店は麺とスープの組み合わせがナイスでしょう。

 京都ラーメンではないが創作ラーメンとしてワタシは個人的に好きかな。


93_3  ・中華そば ほそかわ 西院店:ラーメン650円

 ワタシはいつも西大路の方に行くので実は西院にも店があるとは知らんかった。
 西大路の方は花屋町店と言うらしい、へぇへぇへぇ。
 西院店の方が店は古いね、つか花屋町店が新しくなったんかな。

 では正真正銘の京都ラーメンを食べにいざ入店。
 もう13時過ぎちゃってたので空いてたのでカウンターの奥に座る。
 この店変わってて、奥は一段高くなった座敷なんだけど、その畳の部屋にもカウンターとイスが置いてあるのは外国人用って解釈で良いのかな?

Photo_3  メニューは至ってシンプル、要はラーメン食べてご飯は要るのか、サイドメニューとしてキムチか玉子は食べるか、その前にビールを飲むのか、なのね。
  潔くてヨロシイ!!!
 
650_2  そのド定番の典型的京都ラーメンはこれ、どん。
 見事なまでの濃厚豚骨醤油、この表面に浮いた脂の泡がたまりやん。
 では麺から食べてみよう、ぞぞぞぞぞーん♪
 そうそう、この細めのストレート麺のちょっとへにゃっとした感じが京都だ京都だ。
 スープはと、すんごい獣臭(もちろん良い意味でね)の濃厚でクリーミーなスープはたまらん。
 チャーシューは柔らかく薄い割には肉々しい。
 そんでメンマ、これが肉厚で少し甘めでこの濃厚スープに合うんだよなー。
 2杯目ながらぐいぐい食べてあっさり完食、京都食べたー、って気になる。
 このラーメンには絶対一味唐辛子が合う、そんでスープがくどくなったらお好みで酢を入れるとまたまろやかになるので楽しいぞ。

 とにかく京都と言えば薄味だと思われがちだが、ことラーメンに関してはかなりの濃厚さ、これが「地」ラーメンの力じゃ、いっぺん食べに行ってみ!!!
 と言いながら今週は水曜から東京出張で「地」ではない(と思う)ラーメンを食べてくる予定。
 うーん、3連休であったが休んだ気がせんのはどういうこった…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月15日 | トップページ | 2012年9月21日 »