« 2012年9月7日 | トップページ | 2012年9月11日 »

2012年9月 9日 (日)

笠岡市役所食堂&重要文化財遍照寺多宝塔

 夏競馬も終わり(とか言いながら今日は猛暑であったが)秋の阪神開催になって、競馬ネタも復活かと思ってたが、今日の中山のマイル戦の日本レコードで止めた。
 相変わらずバカバカしいので論ずる気にもならん。
 馬券は買ってもネタとして取り上げることはないかな。

 ではいつ公開するか機を窺ってたが、今回上げることとする。
 いつものあのネタ、そうしやくそ食堂巡りにプラスして名所・旧跡。

629  ・笠岡市役所食堂(ランチハウス いなりや):中華そば400円

 前回のネタでも取り上げてるように笠岡と言えば「笠岡ラーメン」、そして今後は笠岡での讃岐うどんも紹介していきたいんだが、当然しやくそも行かなけりゃと思ってた。
 しかし最初はとにかくワタシのツボにはまった笠岡ラーメンを食べたくて、ガシガシ食べてきた。
 だけどここにきてある程度行ったので、ようやく余裕が出たからしやくそに行ってみることに。
 場所はJR笠岡駅を北側に出てメイン通り? を北東に5分ほど歩けばすぐ。
 って場所詳しく言って誰が笠岡しやくそにご飯食べに行くんやっちゅー話なんやけど(笑)。

Photo  最近はしやくそでも食堂のないことが多いので、このしやくその規模だとどうかと思ってたが、ちゃんと食堂があった、ひゃっほーい。
 このそっけない佇まいがしやくそ食堂してる。
 上にも書いてあるがここはしやくそ食堂ながら店名があって「ランチハウス いなりや」という。
 ここでピンと閃いたワタシは既に笠岡人、これはおそらく笠岡駅を北に出て東の昔ながらの商店街の入口にある「いなりや」さんがやっておられるのでしょう。

Photo_2Photo_3   メニューこれ。
 単品のおかずとごはんの組み合わせか中華そばかうどんかカレーな訳ね。
 値段的にはあと50円安ければ良いかなって感じ。
 そんで週替わりメニュー。
 6月29日に行ったってのがバレちゃってるな。
 この日は焼き魚・煮魚、これにごはんと味噌汁を組み合わせるので600円くらいか。

400  しかしここは笠岡なのでひょっとしたらと思って中華そばを頼んでみた。
 なんだけど出てきたのは笠岡でも何でもないただの中華そばであった、がくり。
 小ぶりな丼にワカメがどばっと入ってチャーシューにメンマにもやしにネギ、そんでゴマ油の香り、やっぱ「いなりや」さんやね、同じ味。
 岡山県備中県民局井笠地域事務局の職員食堂の「大松食堂」の笠岡ラーメンへの力の入れ具合と全く違うね。
 
Photo_4  良かったのはお店のおねいさんの愛想の良さか。
 こうやって写真を撮ろうとすると普通は不審がられるし、愛知県の某しやくそ食堂では何で写真撮ってるのかと問い詰められたこともあったが(ただの食堂のおばはんに)、ここではにこやかに笑ってピースサインをしてくれた、シャッターチャンスとはズレてたけど。
 
Cimg4062  あとはサービス券。
 10円引きだよ、笠岡のしやくそ職員ならかなり良いサービスなんじゃない?
 って歩いてやはり5分くらいに「中華そば 坂本」さんがあるから別にたいしたサービスでもないか。
 

 笠岡市役所食堂:☆★

 しやくそ食堂があった、ってことくらいやね、それ以上でも以下でもなかったわ、ははは。

 食べ終わった後で駅前散策してたんだが、メイン通りを西に折れたら突然ごっつい建造物と遭遇、それが重文の遍照寺多宝塔。
 公園の中心に重文の多宝塔があるのには驚いた。
629_2
Photo_5
Photo_6
Photo_7
Photo_8  
 うんちくによるとこの公園は高野山真言宗遍照寺の境内地でだったそうだ。
 寺のまち笠岡のシンボルなんだと(寺のまちやったん!?)。
 んでその遍照寺は笠岡駅前の土地区画整理で昭和52年に西の浜の埋立地に移転されたんだけど、この建物と大きなイチョウの木は残されたらしい。
Photo_9
 江戸時代に笠岡は幕府の直轄地で、備中の代官の小堀氏は遍照寺を支援して1606年に建てたそうだ。
 この多宝塔は木造方三間で本瓦葺、1693年と1793年に大修理を行ったんだが、各部の保存は良好、岡山県下にある四基の多宝塔の中でもっとも古いとのこと。
 将来は移転された遍照寺に移築されることになっとるとか。
 今の遍照寺が見たい人は笠岡ラーメンと絡めて早よ行かな!!!

 と、またもや岡山観光大使ぶりを発揮してしまった。
 今月は仕事で行くかな?
 それよかプライベートでまた岡山行きたいわー。
 偶然にも会社に岡山の大学を卒業した者が居て、美味しいラーメン屋さん情報得たとこなのよ。
 体育の日でも攻めてみるか、ウフフ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月7日 | トップページ | 2012年9月11日 »