« 2012年4月25日 | トップページ | 2012年4月29日 »

2012年4月28日 (土)

2012年讃岐うどん巡りその4

 昨日は会社の年に一度の全社会議があって東京に行って来た。
 東京に行くのは良いんだが、会議が10時半から、新幹線7時のに乗らんと着かんっちゅーねん。
 すると新大阪に6時50分くらいに着くには家を5時半には出ないといかん。
 ならば起きるのは4時45分、ヲイヲイ。
 そんなかなり始発に近い時間に出て帰りは終電、しかもその終電の阪急電車で酔っ払った兄ちゃんがゲロ吐いて、それが結構豪快だったのでワタシのスーツに飛び火しちゃった、頼むで、マージーでー。

 それはGW前ってことで優しい気持ちで許してあげる、今日はワタシもGWを満喫するとして久しぶりに和歌山に和歌山ラーメンを食べてこようと思う。
 ワタシなりのレジャーだ、ちゃんと店開いてたら良いけどね。

 
 ではせっかく4月に行ったので4月讃岐うどん巡り、こん時も出張帰りで疲れてて何で行くかなーって感じやった。
 もう「毎月」にこだわってるとしか言いようがないが、もちろんうどんが美味しいからでもある、それと行ってガシッと食べてストレス発散もある。
 ここんとこ東讃とか高松市内ばっか行ってたので、丸亀辺りを攻めてみることとした。

 
423 210  ①宮川製麺所:(大)210円

 瀬戸大橋を渡って丸亀で降りて行った一軒目はやっぱ待ちに待ってた一杯だから究極の麺食べたいじゃん、つーことで善通寺のこの店。8時から開店してるので安心、到着は9時少し過ぎやったけど、この店はとにかくお客さんが多いので回転が速いし、店のおばちゃんもなるべく〆立てを丼に入れてくれるので安心して新鮮な麺を食べれる。ここのシステムは丼の大きさを選んで(小・大は同じ丼で小か大か申告、3玉特大は特大丼を持てばおばちゃんが3玉入れてくれる)、天ぷらはお好みで出汁も自分で入れる。冷たい出汁が欲しい人はおばちゃんに言うと注いでくれる。丼に入れてもらった麺見た瞬間に食欲がどばっと湧いてきた。最近の大箱セルフではありえない細見の麺は瑞々しくてエッジが利いててコシもあって、それがちょっと塩気の強い出汁と相まってとにかく美味い。いやー、特大にしても良かったかなー。ちなみにお勘定は食べた後に天ぷらの有無含めて自己申告。

 
Photo 240  ②せい麺や:ざる(小)270円   新規

 宮川の後、スマホ検索で近所の店を探してみたら西にすぐの所に行ったことない店があったので急向、食べたら立て続けに食べたくなるのだ。丁度開店前だったみたいでこの日の一番客、後4分くらいかかるから、って言われたから喜んで待つ。茹で上がりが食べられるのならナンボでも待つがな(いやナンボでもは待たんけど)。当初冷やかけを頼もうかと思ったが、できたてならばとざる注文。出てきた麺は流石茹でたて〆立ての跳ねる麺でとにかく活きが良く、お出汁もこだわってると言うことだったが、つけづゆも美味しかった。次回は冷やかけを食べたいと思う、しかしまだ行ったことない店でも美味しい店はいくらでもあるなー(出来たてやから美味しかったとも言えるんだけどね)。


Photo_2 200  ③大川製麺:つけ麺うどん(小)200円

 善通寺のちと外れ、50年やってる製麺所屋さん。昔初めて来た時にはその店構え(いや、製麺所そのままの姿)に驚いたが、ここ数年で隣に飲食ルームを設け、テーブルで座って食べられる。着いた時間は10時くらいだったのでちょっと麺が死んでて残念、出来あがりは美味しいんだけどね(当たり前)。つけ麺うどんってあまり聞いたことないメニューなので頼んでみたら、これが要は湯だめうどんであった。結構ここの熱いつけ汁って好きかも。

 
Photo_3 170  ④めんくい:しょうゆ(小)200円   新規

 満濃方面に行こうとR319を南下してJRの高架を越えたマルナカの隣のセルフ店、行ったことないから行ってみただけ。入った瞬間に疲弊した感じを受けたので生じょうゆうどんにしてとっとと食べて次に向かう。しかしここでトラブル、7年前に買って普段使いしまくってるPENTAXの500万画素のデジカメにメモリーカードエラーって表示が。家に戻って確認した所、結局メモリーカードが悪い訳じゃなくてカメラが終わってたということが判明。なのでここからはスマホのカメラで写してるので画像がショッパい。

 
Photo_4 120  ⑤三嶋製麺所:(小)120円 

 土器川をどんどん登っていってとある所を東に折れてこちゃこちゃした所(どんな説明や)。とにかく大昔に最初に来た時は果たしてこれがそうかと入るのに悩んだ記憶がある。最近では映画「UDON」のロケ地でもあり、一気に人が増えた時期もあったが、この日はいつもの日常が戻ってきたような感じであった。入った時間は11時過ぎで前に居たお客さんは地元のおじいちゃん一人。店に入ると懸命に麺を伸ばしてる若大将に茹でてるおばあちゃん、店内取り仕切るおかみさんと、代替わりはしたが(と思う)麺の旨さは変わらず。こういう昔からの店って麺が太くないんだよねー、やっぱ商業的になると時間の問題から太くなっちゃうんだろうな。閑話休題、この店は醤油をかけて食べる選択しかない、ので釜玉か生じょうゆかどっちか。たいがい茹でたて入れてくれるので釜玉好きの人にはお勧め、ワタシのような麺を冷やで食べたい人にもお勧め。とにかく立地と美味しさと、深遠なる讃岐うどんの世界を垣間見て欲しいお店。


414  おまけ:谷川米穀店

 三嶋に行く道を更に南に行ったうどんテーマパーク(ヲイヲイ)。もう並ぶことがイベント、「山越」とか並んでまで食べたい人にはうってつけの店、行って1時間並んで1杯120円のうどんを食べたいって方は行けば良いと思う、もちろんワタシは行かん。


Photo_5 320  ⑥藤よし:ざる320円   新規

 これも同じ土器川沿いの道を今度は北に下っていくとある店、今まで行ったことがなかったのは一般店だからかねぇ。お昼時で地元のじいさんばあさんで混雑、確かに周りには何もないので家で食べない限りはここになるんやろう。320円って若干高めな値段も一般店なので茹でたて〆立てがほぼ確約されてるので安心して食べられる。この麺がまったしっかりした麺でピチピチ、このくらいの太さの麺はやっぱ良いねぇ。ホント、飛び込んで入った店でも美味しいんだから、ワタシ的には別に1時間並んで食べる必要が感じられないんだよなー。

 
Photo_6 15050  ⑦たむら:(小)150円昆布天50円

 今更説明不要の有名店、道の駅滝宮で疲労度ピークの為、仮眠取ってた。おかげで12時半も過ぎちゃったのが流石に6軒では帰れないのでここら辺りで食べられる美味しい店として行った。3年ぶりくらいに行ったが、大将変わってるやん。しかしこの新しい大将がまた気さくな方で、混んでたが不快な思いは一切なかった。ワタシのコンディションがイマイチであったので食べれんかったが、(大)にしたら良かったと思わせる麺と出汁。コシがとか剛麺とか全く問題にしない、何とも優しい麺は噛みしめると目が下がる。出汁も麺の邪魔をしない大人しい味で、昆布の天ぷらがまったりさせる、やっぱ美味しい店は美味しいと思ったねー。

 
 以上、7軒8玉1天ぷら3新規

 
 この帰りに愛車「青い巨星」号の不調になったんだが、昨日修理が出来たとの連絡があった。
 エアコンもガス入れてもらったし一応この夏も乗れそうなので引き続き乗ることとなった。
 今日からの3連休には乗る機会はないが、後半戦のGWには起動させる。
 しかし今から1泊2日って言っても宿がないんだよなー。
 
 では今から和歌山まで行って来ます、うぃ~~~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月25日 | トップページ | 2012年4月29日 »