« 2012年4月14日 | トップページ | 2012年4月17日 »

2012年4月15日 (日)

皐月賞当たり馬券解説

 いやー、とにかく落馬しなくて良かったよ。
 あんまり気付いた人少なかったんかな、ゲート開いて少ししてワールドエースのユーイチJが落ちそうになった(ワタシは落ちたと思った)時に、「おわっ!!!」って大声出してたのワタシ以外に居なかったもんな。
 とにかく落馬してたら目も当てれんところやった、ヤレヤレ。
 

Cimg3230  ではその皐月賞、馬場は乾いてきてどうなるかと思ってたが、8Rも9Rも大きく内を開けて回ってきてたし、現に同条件の9Rの鹿野山特別はユーイチJのヤマニンシャスールが外から一気に差し切ってたのでそういう馬場だってことで。
 ただし、そこはG1なので人気薄の馬が内で逃げ粘ったりすることもあるかと考えたが、そこまで行ったら予想じゃなくて当てモンになってくるので考えるのを止めた。

 ◎ワールドエース:何とか馬体重は前走と変わらず、パドックも気合い入ってるように見えたので馬場もこの馬に向いてることやし王者の競馬で差し切りを。
 〇グランデッツァ:パドックで見た中でこの馬が一番よく見えた、しかし先行脚質のこの馬がどういう競馬をするかは分からん。だけどいつからアグネスタキオンの最高傑作がこの馬になったんだぁ? タキオンの最高傑作は間違いなくダイワスカーレットだろが。
 ▲ゴールドシップ:これもよく見えた馬、こんな馬場なので今回は出遅れてもらっても大いに結構。ディープを止めるのはステイゴールド。
 △ディープブリランテ:改めて見たらこの馬は2000mより1600m向きではないかと思えたので本当は単穴だったが下げた。とにかく問題は折り合いだけ。
 △アダムスピーク:追い切り一推し馬、でもこんな馬場では先行するこの馬にはキツいか。馬の状態は良くてもよほど上手く乗らないと難しいがそこはピンナJに託す。
 △コスモオオゾラ:追い切り関東枠一推し馬(だーかーらー)、馬場が悪いのは良いが、外からはたしてどんだけの脚で差して来てくれるか(まさか先行しまい)。
 
 モンストール:まだでしょ。
 トリップ:展開不向き。
 メイショウカドマツ:この馬の前残りが怖かった。
 アーデント:そこまで強くないだろ。
 ベールドインパクト:上に同じ。
 サトノギャラント:家賃がまだちょっと高い。
 スノードン:いつかは穴開けてくれると思ってるんだがそれは今日ではない。
 マイネルロブスト:この馬程度じゃ通用せん。
 フジマサエンペラー:どんだけハマっても掲示板もない。
 シルバーウエイブ:未知の魅力はあろうがそこに懸ける気にはならんくらいに相手が強い。
 ゼロス:大敗の予感。
 ロジメジャー:何とかこの舞台に出てくる切符は掴んだが父には及ぶことはない。

 馬券はワールドエースから馬単、3連複はグランデッツァと、3連単はゴールドシップと2頭軸。

 上述のように本命馬のワールドエースをじっくり見てたもんで、そのワールドエースの後ろに居たゴールドシップが何で直線で先頭に立ってんのか訳分からんかった。ウチパクJ凄いねー、あんな騎乗10回に1回も決まらんよ。さておきいきなり落馬しそうになったユーイチJ、だけど他の有力馬が後ろに構えたので少しほっとした。メイショウカドマツが行った所を外からゼロスも追走、2頭で後ろを大きく引き離しにかかる。3番手に図らずも単騎逃げみたいな形になっちゃったディープブリランテ、岩田Jやっぱ折り合ってるとは言い難い。アダムスピークが並んで併走し、その外にコスモオオゾラ。ケツから3頭目にグランデッツァ、2番目にワールドエース、最後方にゴールドシップ。向こう正面から3角辺りで先頭を奪ったゼロス、その1000m通過タイム59秒1、これで後ろからでも届くかと思ったが、あまりにも馬群が長すぎて大荒れかとも思った。その3角手前くらいからウチパクJが押して押して進出しようとするんだが、ワタシはどこに行こうとしてるのか当然見えてなかった。とにかく基準は2番手のメイショウカドマツ、この馬の外をみんな回ろうとしたもんだから外に膨れた。3番手だったディープブリランテですらあんだけ外回っちゃったんやから後続のコース取りは推して知るべし。なんだけどそこで一気にインをかすめるように良い所と悪い所のギリギリを通ったのがゴールドシップ、直線に入ったら瞬間移動したみたいに先頭に立って上がり最速の34秒6で17頭ぶっこ抜きゴール。2馬身半差の2着にワールドエース、落馬寸前の不利と言い、直線入口であんだけ超外回らされたにも関わらず上がり2番目の34秒9で上がったこの馬はとんでもない。ざっと見たところゴールドシップとは10馬身は差があったのに2馬身半まで詰めたんやから一番強い競馬をしたのはこの馬、果たしてユーイチJに次はあるかが問題やが、ダービーでは相当強い競馬を見せてくれることでしょう。3/4馬身差の3着にディープブリランテ、上で言ってたマイラーではないかってのは撤回。やっぱり掛かりながらも3着に来るのは凄い、しかし結局の所折り合いに進捗が見えない以上は強力な差し馬には屈してしまうんだよなー。4着ハナ差でコスモオオゾラ、あそこまで行ったら交わしてくれよー。先行しながらディープブリランテのハナ差まで迫ったのは弥生賞勝ちがダテじゃないってこった、流石関東枠追い切り一推し馬(しつこいって)。1馬身1/4差の5着にグランデッツァ、伸びあぐねたのは自分の競馬じゃなかったからか? 追い切り一推し馬のアダムスピークは何と最下位でした、馬場が合ってないのか中山が合ってないのか、ダービーでも巻き返しはあるのか興味深い。

 コメント。ウチパクJ「馬を信じて乗ってたので馬が強いですね。中途半端に仕掛けて行くと大外になってしまうので、いくら馬場が悪くてもロスだろうと。みんな外に出ていったが僕の馬は道悪を嫌がらないので内に行った。東京の方がこの馬もっと味が出ます」。ユーイチJ「タイミングが悪くて左の前脚が引っかかった。負けたとは思ってない、出し抜けを喰らった、東京コースなら」。岩田J「向こう正面で今日は絶対勝てると思っていたが、インからウチパクJを見た時”うっちゃん!!!”って思った」。柴田大J「思い切りレースできました、悔いはありません。でも3着は欲しかった」。デムーロJ「前回とは馬場が全然違ってた、何度も何度ものめってた」。

 さぁ、勝った馬と2着の馬は東京でこそと思ってるようだ、掲示板の馬も十分巻き返すチャンスはある、そこに絡んでくるダービートライアルの覇者は居るや居らんや。

 結果:3連単12620円×100円=12620円

 
 本日:3勝4敗△6180円/20000円   でもちょっとずつ違う。

 今日の当たり馬券:中山9R鹿野山特別のヤマニンシャスールの馬単。
 中山最終Rの春興S、これも外の差し馬であるミヤビファルネーゼから買ったが、ユーイチJが日和って内突きしたらどうしようかと思ったが、キッチリ外から差し切って皐月賞の騎乗が間違ってなかったと証明してくれたと思ってる。なのでダービーでも引き続き乗させて欲しいと切に願う。
 ちょっとずつ違うのは皐月賞の3-4着のハナ差と春興Sの2-3着、いや2-3・4着、ドリームピーチが2着やったらとタラレバ。

 今日の嘆きの馬券:阪神メインの淀屋橋S、キングレオポルドから買ってたがハノハノ痛恨の抜け、これもちょっと違う。
 これもある意味嘆きだが阪神最終R、軸はダヴィンチバローズでそこから5点買ったが、どれも馬券圏内に入らんかった、凹む。

 
 WINS高松で買った昨日の馬券、印だけ。

Cimg3218  中山GJ、マジェスティバイオ強すぎ。
 ◎バアゼルリバー
 〇マジェスティバイオ
 ▲アグネスラナップ
 △トーセンオーパス
 ×クラウンエンブレム
 バアゼルリバーも全然弱くなかった、現に3着のコスモソユーズを3馬身半ちぎってるし、4着以下大差やし。でもそれを8馬身ぶっちぎったんやから落馬とかない以上刃向かいようがないな。

Cimg3219  アンタレスS、ゴルトブリッツ強すぎ。
 ◎ゴルトブリッツ
 〇ニホンピロアワーズ
 ▲シルクシュナイダー
 ×アイファーソング
 ×トーセンアドミラル
 ×ブルロック
 とにかくゴルトブリッツが勝つ以上、後ろから差してくる馬はよほど力がないと無理。なので差しはシルクシュナイダーだけで後は前の馬ばっか買ったがアイファーソングが2着に粘ってしまうとは誤算であった。

 昨日:1勝3敗△7350円/8500円   健気にまぁ。

 
 さーて、2回続いた阪神開催も終了、少し息抜きさせてもらうか(嘘つけ)。
 土曜の福島牝馬Sは混戦も引き続きビッグスマイルとコスモネモシンを狙ってみたい。
 日曜のマイラーズCは登録が多すぎて訳分からん。
 フローラSも小粒すぎてサッパリ。
 やっぱ楽させてもらおう。

 今週もムチャクチャな一週間、明日は豊橋日帰り、木・金で東京~静岡。
 まずはこの風邪治さんと。
 なのでまずは酒を呑むこととする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年4月14日 | トップページ | 2012年4月17日 »