« 2012年3月21日 | トップページ | 2012年3月24日 »

2012年3月22日 (木)

広島deお好み焼き「電光石火」さんの肉玉焼きそば680円麺ダブル150円

 今から広島まで1泊2日に出張のため、昨日の追い切り「私見」が半分では申し訳ないので、キッチリ一本上げていく。
 先月行った広島ネタのお好み焼きVer.。
 今回は広島でこれだ! と思ったお好み焼きを紹介する。

223  ・電光石火:肉玉焼きそば680円麺ダブル150円

 去年の4月から中国地方も担当することになって、定番の店はずいぶん食べたが(ワタシなりに)、広島駅前にお好みテーマパークがあったとは今年に入って風の噂で聞いたくらいで全く知らなかった。
 八丁堀のパルコの南の「お好み村」ではない(あそこは閑散としてる、店舗もまばらやし観光客向けとはいえ寂しい)、「広島お好み広場」。
 場所はJR広島駅前の郵便局の横断歩道渡った所のビルの6階。
 「お好み村」と仕組みは全く同じだけどキャパはこちらの方が倍以上広い、3倍かも、3倍!?(すいません、ガンダム世代なもんで、3倍には反応するのです)
 もちろん初めてなのでどこに入れば良いかが分からん、だから一番客の多い店に入った、それがここ。
 だけどこの「お好み広場」もそう混雑してる訳じゃなかったんだけどね、木曜だからと言っても。

Photo  ではカウンターに座ってメニューを見る、小さくて読めないだろうけど上記のド定番メニューを頼んだ。
 肉玉の焼きそばダブルじゃなくて肉玉焼きのそばダブルだよ、一応言っておくが。
 ちなみに鉄板焼き部門の人気ランキングは1位がハツのタレ焼き735円、2位が豚もやし420円、3位がえびまよ!!!680円、4位が牡蠣の鉄板焼き735円、で5位が鶏もも肉おろしポン酢630円だそうです。
 だけどワタシはお好み焼きのそばWであればいくらでも酒呑めちゃう人間なので(儲からん客や)注文は至ってシンプル。

 さぁ、この店の焼き方はと(全く嫌な客だ)。
 かなり粘度の強い生地をコンパクトに丸く伸ばし、まずは魚粉、ぎゃふんじゃない、魚粉(どこまでしょーもないこと言うねん)、そしてたっぷりのキャベツに天かす、そしてもやしに豚肉。
あまり押さずに焼いていくと同時に麺を茹でる、袋のデザインからおそらく「いその麺」であろう。
茹でられた麺は鉄板に置かれソースで味付け、2分ほど焼いてお好み焼きに載っける。
卵は鉄板の上で軽く黄身を潰し(ここもポイント、べたーっと広げるのは好みではない、お好みだけにな←だからつまらんことを言うな!
 生地を載っけひっくり返して丸く丸く仕上げていく。
 これまで見てきたぎゅうぎゅうに押す店とは真逆、ホントに丸く整形していくのである。
 そしてたっぷりのソースにたっぷりの青のりにごまで仕上げ、ここまでで15分程度か。
 
830  では肉玉焼きそば680円麺ダブル150円、どや!
 これがまさに今のワタシの理想のお好み焼きかもしれん、個人的にはぺったんこに押し潰されたお好み焼きよりここまでじゃなくても良いが、ふんわりしたお好み焼きが好きなのである。
 なかなか理想に出会えなかったが、ここがまさにそれであった。
 ビール2本飲んで後は焼酎ロックでぐいぐい、満足させてもらいました。

 
 さて、今からまた広島まで行くのだがJRの北側にメチャクチャ美味い店があるという評判がワタシの耳元に入ってきたのだが、広島の呉の屋台がワタシを呼んでる声がする(暖かくなってきたので)。
 なのでその辺は行き当たり場当たりで、それでは行ってきまーす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月21日 | トップページ | 2012年3月24日 »