« 2012年3月17日 | トップページ | 2012年3月19日 »

2012年3月18日 (日)

阪神大賞典当たり&スプリングSハズレ馬券解説

 しかしムチャクチャなレースやったけどおもしろかったなー。
絶叫したした、そんでレース後しつこいくらいにガッツポーズしてたから周りドン引きやった、お恥ずかしい。

Imgp3074318gGG_2 では早速注目度No.1のレースである阪神大賞典、パドックの人だかりはG1級のもの凄さであった。
  馬場は稍重、外差しも効いてるが逃げ勝った馬も居たので重馬場適性が問題か。

 ◎オルフェーヴル:そりゃ普通に走ったら勝っちゃうだろ。距離に馬場不問、追い切りも坂路超抜の時計、死角はあるの? ま、競馬は走ってみないと分からんこともあるが。
 〇ギュスターヴクライ:近走ついに本格化、前走はケイアイドウソジンの逃げにやられたがあれは交通事故みたいなもん。この馬も距離に展開不問、乗れてるユーイチJに逆転を賭けるしかない。
 ▲ヒルノダムール:ワタシはこの馬の馬体が実は大好きなのです。ワールドエースとかオルフェーヴルとかの小さくて身が詰まったようなのよりこういうすらっとタイプが好み。さておき、この馬はやっぱ切れで勝負するタイプなので重い馬場は上の2頭には劣るか。

 トウカイトリック:流石に10歳では。
 ジャガーメイル:流石に8歳では。
 コスモヘレノス:なかなか良くなってこないねぇ。
 ナムラクレセント:この馬がレースの鍵を握る馬、なんだけど復活の兆しが見えにくい。
 ピエナファンタスト:家賃高すぎる。
 コパノジングー:21ヶ月ぶりで???
 リッカロイヤル:元町S勝ったのには驚いたがそこまで。
 ビートブラック:勝つイメージがない。
 オウケンブルースリ:まだ老け込むには早いと思うが今回はない。

 馬券はオルフェーヴルから馬連流し、馬単は負かす馬券、縦目でギュスターヴクライからヒルノダムールへ。

 レースはスローで流れたところを和田Jの英断でペースを変えてこの結果となった。外から勢い付けて先頭を奪ったので当初から折り合いに難があったオルフェーヴルが行ってしまった。最初はナムラクレセントに並び掛けるくらいだったが、2週目の向こう正面では内外離れながらも先頭に立つ事態。そして3角から4角で故障でも起きたかというくらいのコースロス。大きく沈んだオルフェーヴルであったが、4角から池添Jがオルフェーヴルを解放すると一気に進出し先頭に立つ勢い。ワタシはこれで勝ったら漫画や! と思ったが、現実はそこまで出来過ぎてなかった。インをロスなく回って来たギュスターヴクライが最後まで力強く伸びてオルフェーヴルを押さえきった。つか、流石のオルフェーヴルも最後の最後で止まった感じで半馬身届かず。2馬身半の3着にナムラクレセント、逃げると何かが起こるのが競馬だ。1馬身1/4の4着にヒルノダムール、オルフェーヴルが上がっていった時に付いていけなかったか。5着に2馬身半差でジャガーメイル、これって好走と言うんかいな。
 さて、ではオルフェーヴルの審議について述べなければ。直線でオルフェーヴルが斜行したため、ヒルノダムールの藤田Jは最後立ち上がる形になり追えなかった。ワタシはあれはOUTではなかったかと思うんだが如何でしょ? JCでブエナビスタが降着になったのと変わらんと思うんだが。別にギュスターヴクライからヒルノダムールの馬単持ってたから言ってる訳じゃなくてね。降着にしちゃったら影響でかすぎたとは思うが、やっぱあれはヒルノと入れ替わりの4着が適切なような気がするんだけどねぇ。

 コメント。ユーイチJ「3角でオルフェーヴルが逸れたので中止かと思った、あんな競馬で2着に来るからあの馬は凄い」。池添J「先生スイマセン」。池江センセ「大外枠で壁を作れなかった、先頭に立った時に嫌な予感がしたが逸走するとは思わなかった。とにかくオルフェーヴルが無事で良かった」。

G_3 で、レース回顧。今日は元プロ野球選手の浜中さんが来ていて、そんでレース回顧もあった、ここがおもしろかった。
 ユーイチJ開口一番「いろいろスイマセンって感じ」、これで場内爆笑。
 ユーイチJはオルフェーヴルより前で競馬しないといけないと思ってたそうなんだけど、オルフェーヴルが横に居たので驚いたとか。そんでインを走りたかったが、前のリッカロイヤルが邪魔でどうにかその前のポジションを獲りたかったんだと。で、上手く入り込んでオルフェーヴルがコース外れたらみんなが行けると思ってスイッチが入ったって言ってまた爆笑。そんで凌ぎきって勝ったと思って横見たらオルフェーヴルが居たので、ええ!? とそれでまた大きくパドックが湧いた。オルフェーヴルの感想として「あの不利があって2着に来るなんて凄い、日本の馬では適わない。一枚も二枚も上で普通に走ったら勝てない」、だって。しきりにケンイチの気持ちも分かると気を遣ってたのも好感度更にUP。ギュスターヴクライについてはこれからもっと良くなる馬って言ってた。当初は逃げるプランもあったそうだけど、今回は蛯名Jに相談しなかったんだって。天皇賞では蛯名Jがガッチリ押さえ込んで行く、つってた。
 個人的にはユーイチJは最近もの凄く折り合いに気をつけて乗ってるという印象。昨日のワールドエースもそうやけど、ペースを読んでひたすらじっとしておく時はじっとする、そんな感じを受けた。ここんとこ馬と折り合えてない岩田Jと正反対のような感じ。
 ここまで来たら来週の日経賞のルーラーシップは負けれんな、ウインバリアシオンって格好の仮想オルフェーヴルも居るし、頭鉄板で行きます。

 結果:馬連400円×1500円=6000円
    馬単2160円×800円=17280円

Imgp3075 続いてはスプリングS、ここで皐月賞戦線の大方の勢力分布が分かる。
 馬場は重、こうなりゃ内より外差しか。

 ◎ディープブリランテ:ひとえに重馬場巧者に尽きる、あの極悪馬場の東スポ杯を圧勝したんやから。馬体重も減って出てきたし。まさか前走みたいに逃げることはないであろうからかなり勝ちに近いかと。
 〇グランデッツア:一頓挫あったラジオNIKKEIでも3着、乗り込まれたここは勝負駆け。陣営は良馬場が良いと言ってたようだが、札幌2歳で稍重勝ってるし。
 ▲ゼロス:逃げ馬なら若駒Sを重で勝ったこれか。
 △マイネルロブスト:札幌2歳も好走してるし、前走では距離も克服してる。
 △アルフレード:一応買ってはみたがこの馬そんなに強いか?
 ×サトノギャラント:果たして今日の中山で切れる脚が使えるか。
 ×バンザイ:この馬も重馬場で逃げて勝ってる。

 モンストール:常識的に考えて手術明けでは。
 ストローハット:中山初出走か、止めよう。
 ロジメジャー:メイショウスザンナを捕まえられんようでは。
 コウユーサムライ:普通に今日の最下位。
 ビービージャパン:逃げ馬多いなー。
 ショウナンカンムリ:未勝利勝ち上がりでは辛い。
 サトノプライマシー:ここ叩いて次買いたい。

 馬券はディープブリランテから馬単、で、最初はグランデッツアから逆の馬単買うつもりであったが、安全策とって3連複2頭軸にしたのが失敗、3連単は1着固定。

 結局、中山は合ってないし、折り合いに進境が見られなかったことと、東スポ杯は今となっては相手が弱かったってことか。所謂ディープ産駒のマイラーなんかな。道中の岩田Jとディープブリランテとその後ろでマークしてた(であろう)デムーロJとグランデッツア見たら一目瞭然、4角で一気に先頭に立って突き放したが、やっぱ最後はバテて止まった所を最後まで伸びきったグランデッツアに1馬身1/4差付けられた完敗。そんで注目の3着争いは3馬身半ちぎられたがロジメジャーがハナ差でサトノギャラントを制し皐月賞の優先出走権を得た。2馬身差の5着に逃げたビービージャパン、6着モンストールでNHKマイルCでは走りそう、マイネルロブストは見せ場なく7着、逃げずに最後方に構えたバンザイは9着、これまた逃げなかったゼロスが10着で、2歳王者のアルフレードは12着激敗であった。
 これで皐月賞はワールドエースにグランデッツア、そんでベストディールの争いか。毎日杯でヒストリカルが勝ってもきさらぎ賞でワールドエースに完敗してるし、マウントシャスタが圧勝したら話はまた変わってくるか。
 いやー、今年のクラシック路線は去年よりおもしろいですねー。

 

 本日:3勝9敗△30040円/19000円   やっと芽が出た。

Imgp3076 今日の当たり馬券:阪神2R初ダートのカナロアの馬単。
 それと実質今日の儲けのほとんどがこの中山最終Rの馬単、ミトラが勝ちそうやったので、相手には追い切りで坂路50秒を切ってきたエキナシアを本線で買ったらキッチリ来てくれてようやっと噛み合った、これで来週のGⅠに気持ちよく向かえる。

 


 その次開催は上で述べてる毎日杯、ヒストリカルとマウントシャスタの一騎打ち。割って入れるかダローネガとスピルバーグ。
 日経賞はしつこいがルーラーシップに追いすがれるかウインバリアシオン、割って入るならトーセンラーかスマートロビンか。
 マーチSは小粒すぎて分からん。
 そんで高松宮記念、普通ならロードカナロアVSカレンチャン、だけど馬場がサッパリ分からんので土曜観てから考える。

 それでは明後日お休みなので今夜は気持ち良く呑みます、うぃ~~~。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年3月17日 | トップページ | 2012年3月19日 »