« 2012年3月4日 | トップページ | 2012年3月8日 »

2012年3月 5日 (月)

盛岡de冷麺「ぴょんぴょん舎 盛岡駅前店」さんの盛岡冷麺800円

 昨日は熱発が治まらなかったが、夜に一人豚ニラ鍋で栄養を摂り、ついでにアルコールまで摂って今朝を迎えた。
 今日からは当然仕事なので体温計は使ってない、怖い数字が出たら行く気なくなるからな。

 では盛岡三大麺その2、盛岡冷麺だ。
 ワタシの中ではじゃじゃ麺と言えば「白龍」で冷麺と言えばここ「ぴょんぴょん舎」である、そう刷り込まされてしまった、ははは。
 まぁ、観光客のほとんどがそうだと思う。


908  ・ぴょんぴょん舎 盛岡駅前店:盛岡冷麺800円

 場所はJR盛岡駅前すぐ、って盛岡駅前店だもん当たり前か。
 この日は被災地に初めて入って衝撃映像を見てしまったので、そりゃー夜は呑んだよ。
 そんだら呑んでる最中に余震があって呑んでても固まっちゃったって訳だ。
 阪神大震災がトラウマになってるワタシには辛い瞬間だねぇ。
 とにかく駅前の焼鳥屋さんでビールと焼酎を呑んで、〆の一杯を食べに行った。
 本当は〆たくなんかないが(嘘付け)、滞在時間は限られてるもんだから、食べれる時に食べておかないと、と自分に言い訳、こうやって今の自分の肉体があるのだねぇ。

 ちゅーことでほろ酔い加減で入店、画像は最終日の昼間に撮ったので明るいが、行ったのはラストオーダー寸前、だっちゅーのに生マッコリを注文してみたり。
 いやー、酔っぱらいは恐ろしい。

 この駅前店は初めて行ったのだが、ムチャクチャきれいなお店。
 焼肉に冷麺って雰囲気からは地球からイスカンダルくらいに遠い(なんだそりゃ)。

 店内はとても静かだったので、ワタクシも静かにマッコる(マッコリを呑む、の略語、今作った)。
 
Dsc_0109  すると20分くらいで出てきたのがこの冷麺、これが盛岡冷麺だ!
 デジカメ持ってなかったのでスマホで撮影したのでピントも何もかも甘い、スマホのカメラとデジカメ(コンデジでも)は全く別物だと声を大にして言いたいワタシである。

 いかん、脱線しちゃった。
 説明によると小麦粉と馬鈴薯澱粉で作られたツルツル麺に牛骨に鶏ガラを合わせたさっぱりスープ、キムチは冷麺用の特別なキムチだそうだ。
 季節柄スイカは付かず、リンゴになってる。
 ワタシ的にはこの茹で卵だけでポイント高い。

 どれどれ、崩すのがもったいないがずずっと麺から。
 ワタシ的にはそば粉の冷麺ってかなり好きなんだけど、これはこれで美味しい。
 まぁ、アレルギーもあるしねぇ。
 しかし5年くらい前に釜山で冷麺やら温麺やら食べまくったが、あの時はそば粉やったか、うーん、記憶が薄い。
 とにかく今はこれがスタンダードなのであろう。
 牛骨スープは個人的に牛骨臭さが逆に新鮮で好き。
 しつこいが釜山では真夏であったが、冷麺頼んだらやかんに熱々の牛骨スープが出てきたもんだ。

 うーん、〆がどやこや言うてたが、食べると関係なくなるね。
 美味いのでお代わりくれと言いたい。
 そんな観光客の為に盛岡のベタなお土産としてぴょんぴょん舎の冷麺は非常に手に入りやすい、とワタシは思う。
 見かけた方は買って損はないのでたくさんのお湯で茹でた後は冷水でしっかり〆ましょうね♪

 あ、ちなみに大阪では心斎橋の東急ハンズのもちょっと東に寄った所の「jengo」という「青森・岩手・秋田」の物産と観光の情報館で購入することができますので是非どうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月4日 | トップページ | 2012年3月8日 »