« 2012年3月3日 | トップページ | 2012年3月5日 »

2012年3月 4日 (日)

弥生賞&中日新聞杯ハズレ馬券解説

 今日は結局家競馬、熱発が治まらず逆に昨日より酷くなったため。
 しかし問題はPATの残金が7000円しか残ってなかったってこと。
 なので自転車操業、あかんかったらメインが買えんとこやった。
 しかしちゃんと買ってるので何とかなったんだよねぇ、これが。
 だけど道のりは険しかった。
 最初に買ったのが阪神6R(あ、中京はダートが逃げた馬しか馬券になってないので最初から買う気はなかった、せっかくの新装なのに残念、それはあんな馬場を造ったJRAが悪い)のサクセスセレーネからエスジーブルームの馬単、これが最後の最後で逆転されてひでぶ。
 次は阪神9Rのアルメリア賞のマウントシャスタの馬券、この馬は新馬戦で負かしにいって逆に負かされたので次に出てきたら狙おうと思ってた馬。
 馬単と3連単1着固定で勝負したが、出遅れて巻き返してくれたのは良いが2着に8番人気のキャトルフィーユをハナ差残されてしまってぎゃぼん、狙いは7番人気の3着馬タムロトップステイだっただけにでかい負けであった。
 さー、後がなくなってきた所での中山9Rの富里特別。
 悩んだがトーセンジャガーから買った、これが有力馬が競り合って大逃げの形になり、3番手追走から抜け出して快勝、ヒシカツジェームスが2着に来てくれて一息ついた。
 しかし阪神の10Rの大阪城Sではミッキードリームから買うが58kgが効いたか雨が良くなかったか、4着に沈んでこれまたピンチ。
 これを救ってくれたのがまた中山、10Rの上総Sでマイネルオベリスクが行ききってくれてサイオンが2着でまた馬単的中で全メインの挑戦権をひとまず得た。
 で、その中日新聞杯で負けて阪神でゴルトブリッツのあまりの強さで取り返したが弥生賞でドボン。
 まぁ、あのグチャグチャのレースではああいう結果もあるだろう、今日は中山に助けられたのは確かやけど、やっぱ好かん。

Photo_3 では弥生賞、しんどいので簡単に。
 馬場は内伸びで外から差し込んできても勝った馬は居ない。

 ◎フェノーメノ:前走でスピルバーグを完封、中山は走ってないが一回だけなら分からん。何よりディープインパクトを止めるのはステイゴールドだろ。 
 〇アダムスピーク:そんなに強いとは思わんが切るには怖い。好位からレースできるのも強み。
 ▲クラレント:だから外からどうやって差して来るんだっつーの。まぁ、重賞勝ち馬の割に人気も全然ないし。
 △トリップ:期待したラジオNIKKEIは案外やったが、あの時はソエが出てたとか。ならばここで本領発揮、枠も良いし。
 △メイショウカドマツ:内枠の逃げ馬、要注意。
 △エキストラエンド:この馬のレース見たことないんだが、良血馬のようだし。

 レースは最後の直線で不利があってムチャクチャやったな。ブリスアウトが挟まれたんか、その影響で馬が外に外に逃げちゃって、特にワタシの本命馬のフェノーメノに至っては、何でそんなとこから出てくるのってくらいに最外からで掲示板にも載れず6着が精一杯。だけどあの位置から6着にまで押し上げたのは凄い、しかしこのままでは皐月賞に乗るには賞金が足りないねぇ。勝ったのは先行して押し切ったコスモオオゾラ、重い馬場も合ってたか。なんせ1分03秒1のスローで行ったから後ろからではどないもならんわな。2着にこれまたそつなく立ち回ったトリップ、3着にアーデントで全くクラシックに繋がらなさそうな弥生賞であった。1番人気のアダムスピークは不利もあったのかもしれんが、その前に終わってたような感じで8着敗退、やっぱディープ産駒は必ず転けるな。クラレントは道中最後方というとんでもない競馬をやってくれて12着敗退、小牧Jはローゼンケーニッヒが居るからもうこの馬良いんじゃない?
   しかし勝ち時計2分3秒9って仁川Sのゴルトブリッツの勝ち時計2分2秒3より遅いってねぇ。
 

Photo_4 その前に行われたのが中日新聞杯。
 ダートは行った馬しか馬券になってなかったけど、芝はまだ差しも決まってた。
  しかしサッパリ分からんのでこの中で強いであろう馬から買う。

 ◎ダノンバラード:大外枠だけど何とか前に出して行ってくれればなだれ込んで(切れるとは言わん)くれるでしょう。
 〇コスモファントム:左回りがどうなのか分からんが枠が良いのでな。
 ▲ダノンスパシーバ:馬体も絞れたし馬場も重くなってきたし。
 △スマートギア:前走復活の2着、1年休んでての激走やから頭が下がる。
 △メイショウカンパク:決め手はあるんだよな。
 ×エーシンジーライン:かつてのエイシンデピュティばりの粘りやった前走、マークは必要だろ。

 しかしスマートギアに今まで乗ってた名手達は何をやってたんでしょうねー。ハーツクライの発想ではないが、スマートギアほどの末脚があるならもう少し前で競馬したら全部交わせるのにとは今まで思わんかったんかいな? ワタシは小倉大賞典で前で競馬させた松山Jに驚いたが、今日もあの前目の位置を獲ったときに、こりゃ全部交わされるわと思った。外にダノンバラードが居たが、スマートギアより切れる脚使える訳ないじゃん。結果、上がり最速タイの35秒0で1馬身3/4差を付けてようやく重賞初制覇、遅すぎだって。2着のダンツホウテイもワタシ的には買い辛い馬なんだけど、しっかり差し込んできてダノンバラードに半馬身先着、7歳馬の1-2とは想像でけんかった。3着にダノンバラード、切れる訳でもなし、皐月賞3着馬がこの程度。今年の4歳馬はオルフェーヴル以外スカタンばっかや。これもディープ産駒の弊害か。4着のヒットザターゲットは3着もあろうかの4着、上がり最速タイで差しても来れるのね。5着に逃げたエーシンジーライン、しぶとかったので今後も要注意ですな。ダノンスパシーバは不発の9着でもっと走らなかったのがコスモファントムの15着、どーいうこった???

 本日:3勝7敗△750円/24000円   よく遊んだ。

 次開催は阪神S・J 、これはバシケーンかディアマジェスティか? よう分からん。
 アネモネSは中山でやる以上、オメガハートランドは難しいか。
 フィリーズレビューにもオメガハートランドの登録あるやん、阪神の方が良いって、相手は強いけど。やっぱイチオクノホシか、だけども阪神JFを獲らせてもらったアイムユアーズを狙いたい。

 あー、疲れた。
 少量のアルコールと風邪薬飲んでとっとと寝るとしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月3日 | トップページ | 2012年3月5日 »