« 小倉大賞典ハズレ馬券解説 | トップページ | 「敦賀ヨーロッパ軒 駅前店」さんのチキンカツ丼840円 »

2012年2月 5日 (日)

きさらぎ賞当たり&東京新聞杯ハズレ馬券解説

 久しぶりに阪神競馬場に出勤、しかしこの時期あんだけの人が居る所へ行くのはやっぱ感染リスクが高いよなぁ。
 満員電車もそうやけど、やっぱ人の居ない所が望ましいが仕方ないねぇ。
 今日も競馬場で見たから(TVやけど)客が強ぇぇぇ! と言った生の声が聞こえたしね。

 
153  という訳できさらぎ賞。
 今日みたいにバカ強いワールドエースが全然届かなかったAコースの馬場って何やったんやっちゅー話。

 ◎ワールドエース:とにかくAコースの京都なんてクソみたいなレースばっかやった。だから前回の負けで少しは混戦になるかと期待したがやはり圧倒的な1番人気。でも前走勝ってたら1.5倍くらいに被ってたから良しとするか。とにかく問答無用で前を一呑みすることでしょう。
 ○ヒストリカル:この馬が人気下がってたことの方が美味しかったか。とにかく前走も馬場が全て、コース替わりと外回りで末脚爆発。
 ▲ジャスタウェイ:良馬場なのでここで走らないとどこで走る。
 △アルキメデス:1ハロン短くなって外回りなら見直せる。
 △ベールドインパクト:この馬本当に強いかここで見極める。
 △スノードン:いつかもう一発穴空けると思ってるんだが。

 レッドアーヴィング:前走1番人気が一気に11番人気にまで下がるって凄い。
 マデイラ:新馬戦は凄かったが、他の馬の方がもっと凄い。
 プレミアムブルー:だからAコースで好走した馬なんて買う気ないんだって。
 ローレルブレット:この馬の強さがよく分からん。
 マジカルツアー:典型的Aコース勝ちの馬。
 マイネルアトラクト:ジェンティルドンナに負けた馬がここで通用するかい。
 キングクリチャン:今日の最下位。

 馬券はワールドエースから馬単、3連単は1着固定。

 何が行くかと思ってたが、何故かアルキメデスが行っちゃった、あちょー。ローレルブレットが続いてベールドインパクトは先行集団、その後ろにジャスタウェイ、更にスノードン、先行集団が塊の底にワールドエース、少し離れてヒストリカル。ワールドエースは坂の上りまで力んで走ってるように見えた、後ろの楽に走ってるヒストリカルと比べたら一目瞭然。坂の下りから先に仕掛けていったのがベールドインパクト、ワールドエースは外から行くがマジカルツアーが邪魔で振られて0.1秒ロスしたか。ここで一瞬ヤバいかと思ったが、小牧Jがエンジン掛けたら一気に前を呑み込んでアンカツJのヒストリカルが詰め寄ってきたらさらにもう一伸びして1馬身半差の完勝、だってムチ使ってないんだもん。ヒストリカルは32秒8の剛脚で迫ろうとしたが突き放されちゃったなー、でも3着のベールドインパクトを3馬身ちぎってるから勝ち馬が強すぎたってこと。その3着のベールドインパクトは積極的な競馬だったが上の2頭が強かった。1馬身半差の4着に内を突いたジャスタウェイ、ここ叩いて次の方が良くなりそう。1馬身3/4差の5着にローレルブレット、これって好走? スノードン不発で7着、先行争いしてしまったアルキメデスは9着敗退やった、がくり。
 小牧Jは代打騎乗やったんかしらんが、お手馬のローゼンケーニッヒもかなり走るのでそっちも楽しみ。
 去年のディープ産句はどれもたいしたことない馬ばっかやっったが、今年はこのワールドエースと来週のディープブリランテは要注目だす。

 結果:馬単1260円×800円=10080円
     3連単4970円×200円=9940円

 
154  続いては東京新聞杯、ハッキリ言って自信なし。
 馬場は10Rでダコールが外から来たが、結局勝ったのは内のギュスターヴクライ、まだ内の方が有利ってことでしょ。

 ◎フレールジャック:馬体見てガッカリ、また体重減ってる。鳴尾記念はガレてると思ったが、今日はコンパクトって感じ。しかし何で成長しないのかねぇ。マイルもそんなに良いとは思わんけど(なら何故買う)。
 ○コスモセンサー:ファイナルSも強かったけどニューイヤーSはもっと強かった。ついに本格化したかとの印象。
 ▲フミノイマージン:マイルは短いが直線の長い東京で何とかならんか。
 △ミッキードリーム:ベストは1800mでマイルよりは2000mの方が良いとは思うが毎日王冠でかなり強い競馬したのでこのくらいの相手なら何とかなるかと。
 △ダノンシャーク:この馬1番人気になるほど強い馬か?
 △アスカクリチャン:キングクリチャンと同じ馬主かと思ってたら違ってた。東京なら末脚炸裂するか、でもカッチーやからなー。

 セイカアレグロ:今日の最下位。
 ゴールスキー:早熟馬やったか。
 キングストリート:ぶっつけでは。
 ガルボ:前走コスモセンサーに0秒5ちぎられた2着では間に何頭か入ると思うわな。
 ヒットジャポット:重賞では家賃が高い。
 ブリッツェン:ピーク過ぎたか。
 スマイルジャック:衰え隠せず。
 サダムパテック:追い切り全然ダメじゃん。
 マイネルラクリマ:Aコースで勝った馬だから信用できん。
 アドマイヤロイヤル:何でここ使ってんの?

 馬券はフレールジャックから馬単、3連複はコスモセンサー、3連単はフミノイマージンとの2頭軸。

 つまんねーレースだったので端折る、逃げたコスモセンサーを番手で進めたガルボが差し切った、そんだけ。2馬身半差の3着にヒットジャポットが追い込んだ。クビ差4着のフミノイマージンは前を捌くのに手間取って上がり最速の33秒3も差し込めず。クビ差5着に出遅れたダノンシャーク、連続で好走せん馬だ。半馬身差の6着にミッキードリームでクビ差の7着にフレールジャックか。フレールジャックは左回り不得手と見た、口向き悪かったしなー。とにかく馬体増えない限りはもう買わない。サダムパテックはやはり走らず13着か、しかし最下位スマイルジャックとは驚いた。
 とにかくガルボでは当たりましぇーん。

 
 本日:1勝8敗▲1980円/22000円   パソコン買えん。

 今日の嘆きの馬券:京都10Rの橿原Sは高橋亮Jにもう一回勝って欲しかったのでニシオドリームから買ったが馬単の裏炸裂。
 東京10Rの早春S、ギュスターヴクライとダコールの1-2着固定で3連単を買うも3着のトウカイオーロラ抜けで悶絶。
 京都最終R、シルクデイブレイクから買うも2-3着抜け。
 

 まだ来週までがワタシの中でのパソコン購入の猶予期間、次回はガッツリ当てる。
 クイーンCはオメガハートランド、と言いたい所だが、ヴィルシーナも強い。イチオクノホシも注意、キボウダクリチャンはどっちのクリチャンだ?
 共同通信杯はディープブリランテ、だけどレッドブレイゾンには期待してる。ゴールドシップとエネアドも侮れん。で、押せ押せのローテのキングクリチャンはここも使うの???
 京都記念は小頭数もメチャメチャ強いメンツ、しかしダークシャドウを狙いたい。1番人気はウインバリアシオン? ヒルノダムール? トーセンラーも侮れん、JC4着のトレイルブレイザーも出る、おもしろいレースになりそうだー。

 
 今週も出張なし、しかし来週からまた出っぱなし、寒いし疲れるのー。

|

« 小倉大賞典ハズレ馬券解説 | トップページ | 「敦賀ヨーロッパ軒 駅前店」さんのチキンカツ丼840円 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/53910267

この記事へのトラックバック一覧です: きさらぎ賞当たり&東京新聞杯ハズレ馬券解説:

« 小倉大賞典ハズレ馬券解説 | トップページ | 「敦賀ヨーロッパ軒 駅前店」さんのチキンカツ丼840円 »