« 阪急杯&中山記念ハズレ馬券解説 | トップページ | 豊橋deラーメン「麺の亭 ささき屋」さんのら~めん全部のせ1050円ランチライス無料 »

2012年2月29日 (水)

京都deラーメン「ミスター・ギョーザ」さんの醤油ラーメン550円餃子240円&「ラーメン大栄」さんのラーメン(並)しょうゆ650円

 今月半ばに久しぶりに京都に行って来た、食べるのはラーメンだがもちろん仕事で。
 一乗寺辺りも結構行ったので最近は未知なる強豪を求めて適当にスマホでラーメン検索して行き当たり場当たり的に食べてる(どこが未知なる強豪を求めてるねん)。
 いつも京都南ICで下りて南へ下るか北に上がるか、今回は東寺辺りで探してみた。


213 ・ミスター・ギョーザ:醤油ラーメン550円餃子240円

 偶然迷い込んで発見した店だが(京都の路地は一方通行が多いのでうかつに入ったら訳分からんくなる)、だいぶ前に餃子が美味いと何かで見たことがある、印象的な名前なので覚えてた。
 場所は東寺の西側、餃子と言えばラーメンとセットで食べるもんだろ、ってことでお昼過ぎに入店。

Photo メニューこれ。
 ド定番で醤油ラーメンと餃子を注文、セットメニューがないみたいだったんで。
 注文して5分経たずに出てきた餃子、ラーメンと一緒に写真撮りたかったので後3分待ってパシャリ。
 

550240 おお、何と見事なコラボレーションだ、ラーメンと餃子だよ。
 
 今回に関してはまずはとても見事な焼き色が付いた餃子からぱくり。
 うんうん、生姜がよく利いてるね。
 非常にまっとうな餃子だと思った、だからビールをクレイ。
 

 続いてラーメンを食べる。
 ははは、ムチャクチャ懐かしい中華そばって感じ、京都ラーメンとは言い難いが昭和40年代テイストだよこれ。
 

 もやしにネギがどっちゃり、その上にコショウをかけてくれる、そう、このラーメンにはコショウが良く合う。
 

 だがしかーし、どうやら地元の人はラーメンと餃子ではなく、餃子2人前とライス(大)230円を食べるのが常食のようだ。
 

 前に居た二人組と後から来たおっつぁんがそういう注文してた。
 なるほど、ここで外国人やということがばれる訳か。

 さておき、この餃子、基本的に餃子のタレと自家製ラー油で食べるのだが、隣に味噌ダレが置いてあって、それを途中から付けて食べたらまた美味しさがアップする。


 だからビールをクレイ。
 いやいや、やっぱビーギョは最高ってことだね、お昼に来る店じゃなかったわ。

 
 

 これだけでは終われない、せっかく京都に来たのだから。
 今度は「京都ラーメン」が食べたくてスマホ検索、車で東に5分ほどの所にラーメン屋さんがあったので行ってみた(どんだけ適当やねん)。


213_2 ・ラーメン大栄:ラーメン(並)しょうゆ650円

 メチャメチャ年季入った店に圧倒されてふらふらと入ってみたが、入ってびっくり、去年の10月に行った「大福ラーメン」と店内がクリソツ、うり二つ、コピー、デジャヴー。

 厨房から客席から給水のポジションまで一緒、昭和レトロな所まで同じ、驚いたー。

Photo_2 じゃあ、大将はどんだけ頑固なじいさんなんだと思いきや、この若い女性が一人で仕切ってる、大いなるミスマッチや。
 
 あ、この画像ではお客さんが居ないように見えますが、そういう瞬間を狙って撮っただけで、その前もこの後もお客さんがひっきりなしに入ってきてました、余談。
 

 ラーメンを頼んだら醤油か味噌かと問われたので醤油を頼んだ。
 おもむろに細めのストレート麺をテボに入れて茹で始めた、その姿には鬼気迫る物があった(マジで)、命懸けてますね間違いなく(ヲイ)。
 

 堅めと言っておいたので堅さ加減を指で確かめながら丼にスープを張って湯切りした麺を入れて、スライサーに山のように置かれたチャーシューを丼にぼんぼん入れてくれる。
 なるほど、だから肉なし450円ってメニューがあるのか。
 ならチャーシューメン(並)850円はどんだけの量のチャーシューなんだぁ???
 

650 そのラーメンがこちら。
 見た目には油の反射で見にくいが、もも肉の薄切りのチャーシューが何枚も入ってる。
 それでもチャーシューからではなく麺からずずっと。
 ふんふん、アルデンテの細めのストレート麺は「京都ラーメン」を感じるぞう。
 スープをいただきます、うんうん、豚骨と鶏ガラのスープか? 濃厚だけど白濁するほどの濃厚さではなく背脂系の「京都ラーメン」ではなくオールドテイストの「京都ラーメン」だねぇ。
 チャーシューにはしっかり味が付いて噛めば味が拡がる。
 ネギの下にはもやしがあり、もやし万歳なワタシにはそれも嬉しい。
 }
 しかしこのラーメンにはメンマが入っていない、だから別メニューでメンマ100円とあったのか、残念。
 

 さておきワタシ的にはこういうスープには一味唐辛子を入れたいんだが、テーブルスパイスはコショウ。
 その替わりに置いてるのがにんにく唐辛子辛子ニラ、今ワタシが名付けた。
 これを途中に少し入れてみたが、反則的に美味くなる、当たり前か。
 純粋に辛味増しなら奥の唐辛子に油とにんにくを混ぜたようなペーストの方が良いかも。


 いやー、こういうお店達が普通に残ってる所が京都の良い所だ。
  ワタシが住む町なんて個人経営のラーメン屋さんなんか無いもんな。
 古都京都は懐が深いと思った2軒であった。

|

« 阪急杯&中山記念ハズレ馬券解説 | トップページ | 豊橋deラーメン「麺の亭 ささき屋」さんのら~めん全部のせ1050円ランチライス無料 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/54102134

この記事へのトラックバック一覧です: 京都deラーメン「ミスター・ギョーザ」さんの醤油ラーメン550円餃子240円&「ラーメン大栄」さんのラーメン(並)しょうゆ650円:

« 阪急杯&中山記念ハズレ馬券解説 | トップページ | 豊橋deラーメン「麺の亭 ささき屋」さんのら~めん全部のせ1050円ランチライス無料 »