« 2012年2月7日 | トップページ | 2012年2月11日 »

2012年2月10日 (金)

「穂乃香」さんのひやかけうどん1玉280円

 まぁ、これもお蔵入りしてたネタだけど捨ておけんのでアゲる。
 行ったのは尼崎ちゃんぽん食べに行った後なので勤労感謝の日だな、古っっっ。
 尼ちゃんの後、尼崎の商店街を練り歩いて発見して入った店なので、やはり尼崎商店街は行くべき所だと思う訳だー。


882  ・穂乃香:ひやかけうどん1玉280円

 ひつこく言う尼崎の商店街とは阪神尼崎駅を北に出て西にアーケードがあるのでそこのこと。
 結構、南北に派生したアーケードもあるので見る所はかなり多い。
 この店は東西の筋じゃなくて南北の筋、西に向かって歩いてたらとある交差点の角の南にある。
 これだけじゃ訳分からんが注意して歩けばすぐ分かる。
 ワタシの中の讃岐センサーがビビッと反応したので尼ちゃん食べまくった後に更に懲りずに入った。

 お昼時過ぎてたけど店内かなりの混雑、人気店なんだねー。
 ワタシは香川に行くあまりに足下がおろそかになりがち、つか関西で「讃岐うどん」と謳われてもどうにもこうにも食指が湧かんのだよ。
 だからこんな店があるということなんて全く知らない。

881  ではメニュー。
 かけにぶっかけにかまたまに肉に冷しに、まんま香川のセルフみたいなメニュー。
 店内では若い大将が(または大将の息子さんか)が麺を打つ作業も見られる、間違いなく手打ちだ。
 混雑してたのだが、麺の茹でがおっついてなくて、茹でるのでしばらく待ってくれとのこと、大歓迎♪

880  そうこうして茹でられ〆られ冷たい出汁をかけられた麺がこれだ!
 画像では分かりにくいが、もの凄い見た目で分かる剛麺、やっぱ讃岐うどんのイメージだとこういう麺になるのなー。
 では時間が経てば麺が死ぬだけなのでとっとと食べてみる、麺ぞぞぞー。
 おおー、すごい弾力だ、ここまでオムライスに尼ちゃん2杯食べたので噛むのがキツイ麺だ。
 出汁はと、ふんふん、いりこのスッキリした大箱セルフ系の味やね。
 まぁ、上述のようにアホみたいに食べた後だったので苦しすぎたが、普通に行けば非常に食べ応えのある麺だと思う。

 関西では珍しく手打ちでセルフの讃岐うどんやし値段もリーズナブルやし人気が出て当然かと。
 この店は「讃岐うどん」と名乗ることをワタシが許す←だーかーらー。

 つまり何が言いたいかというと、尼崎商店街はびっくり箱のようなおもしろい場所なのでどんどん遊びに行ってみよう!ってことかなー。

 おおっと、今度は笠岡のみならず尼崎の親善大使まで努めることになってしまった、ははは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月7日 | トップページ | 2012年2月11日 »