« シンザン記念ハズレ馬券解説 | トップページ | 2012年讃岐うどん巡りその1 »

2012年1月 9日 (月)

フェアリーSハズレ馬券解説

 はうー、今日も荒れてたなー。
 そんで馬場を完全に掴み損ねてた、ここまで極端に内有利になってるとは…。

 何でか今日は負けた途端に馬券を捨てちゃったので画像がないが当然当たってないフェアリーS。
 馬場は外差しが利きにくい、っちゅーか中山マイルなのでやっぱ外が必然的に辛かった。

 ◎オメガハートランド:これまで牡馬と戦ってきたので牝馬同士の対戦なら落とせん。問題はどうやって外枠を克服するかなんだけど、内枠にたいした馬が入っていなかったので何とか届くと思ったんだが…。
 ○パストフォリア:トーセンベニザクラの末脚よりこの馬の自在性でしょ、まさかあんなことになるとは。
 ▲シャンボールフィズ:前走は遠征でノーカウント、上手く先行できたらいいんだけど。
 △アイスフォーリス:重馬場の前走は気にしない、決め手もあるし枠も良いし人気がないのが何より良い。
 △フライングバルーン:未勝利戦のぶっち切り具合から一度叩いて上昇すればと思った。
 ×トーセンベニザクラ:出遅れが気になる。

 ターフデライト:勝ち時計が遅すぎて話にならん。
 ラミアプリマベーラ:参加賞。
 ニケ:弱すぎる逃げ馬。
 ダイワミストレス:スムーズにどういう競馬をするのが分からんので今回はスルー。
 マイネエポナ:小倉の新馬勝ち上がりでは。
 メイブリーズ:人気通りでしょ。
 ラシンティランテ:一日二回も落馬する騎手ですので(しつこいって)。
 ルネッタアスール:こんな極端な競馬では来ないような。
 サルバドールピアス:今日の最下位。
 チェリーメドゥーサ:大外も大外やし。

 馬券はオメガハートランドから馬単流し、3連複はパストフォリア、3連単はシャンボールフィズから2頭軸。

 出た瞬間終わったのがパストフォリア、一頭だけぽつんと走る様は、逆サイレンススズカ状態であった。ラミアプリマベーラが逃げてマイネエポナが2番手に上がる、アイスフォーリスが3番手、ダイワミストレスは内ぴったり、中団の底にトーセンベニザクラでその外にオメガハートランド、少し離れて後方集団の先頭にシャンボールフィズ、厳しい。3角で進出したオメガハートランドであったが、やっぱあんだけ外々回ったらやっぱり届かんね。マイネエポナが先頭に立って内からスパッとダイワミストレスが来たが、馬群を割ってトーセンベニザクラが突き抜け、オメガハートランドは勝ち馬より0秒1速い34秒4で上がったが届かず、結局トーセン>マイネ>ダイワ>オメガがクビハナハナ差。枠順入れ替えたらまた結果も違うと思うし、ジョワドヴィーヴルが大外枠やっても届かんかった可能性あり。と考えたら半馬身差の5着に上がり唯一の33秒台、33秒9で来たチェリーメドゥーサは実はとんでもなく強い馬かもしれんので次走要チェック。
 しかしこの馬場っちゅーか、コースはどうしても不公平感が否めん。

 
 本日:0勝13敗▲21500円   タコ殴り。

153  今日の嘆きの馬券:淀短距離Sだな。こんだけ内の逃げ馬有利とは思わんかったのとワンカラットはある程度の位置でレースすると思ってたので勝つのはワンカラットかエーシンダックマンのどちらかで、2着にドリームバレンチノかたぶんに3着臭いスギノエンデバーかと思ってたのでシャキッとした馬券を買ったが、ワンカラットは前に行けないし、スギノエンデバーが2着に粘り込んで3連単も外すしと組み合わせで悶絶した。
 しかしワイルドラズベリーもミキノバンジョーもいつまでスプリント路線走らせるんだぁ??? 全然好走できてないと思うんだけどなー。

 
 本当に今日の京都は訳分からんかった。
 福寿草特別はサイレントサタデーは狙ってたが、評判のレッドアーヴィングは最下位だっせ、無理々々。
 新春Sのノーブルジュエリーもずっこけたし。
 最終Rはシルクフラッシュの逃げに期待したが、外から差してきて届かずの6着、四位J頭使えよなー。

 
 ということで少し自粛ムードで行きたいと思います。
 と言いながら日経新春杯はトゥザグローリー鉄板。
 京成杯はしつこくスノードンを買ってみようかと思案中。

 
 今週はムチャクチャ忙しいのでホント競馬は軽く行きますわ。
 この馬場では予想も難しいしね(トゥザグローリーにとっては絶好だけど)。
 では自粛呑みしまーす。

|

« シンザン記念ハズレ馬券解説 | トップページ | 2012年讃岐うどん巡りその1 »

コメント

日月さん、遅くなりましたが明けましておめでとうございます・・・・。
私の方も今日は「競馬初め」でしたが、私の方も「完全ストレート負け」でした。とにかく軸馬が全く絡まず・・・・。訳が分からない連続でした・・・。
フェアリーステークスはパストフォリアから勝負も出遅れで終わり・・・・。淀短距離ステークスはワンカラット4着・・・。最終レースも京都はドリームクラフト、中山はラロメリア軸も共に4着・・・・。本当についてない・・・・。
新年からこんな負け方では、連敗街道を爆走しそうな勢い・・・・・。GIシリーズまではのんびり勝負して、財布の中身をなるべく減らさない勝負を心がけたいですね。

投稿: hirotti | 2012年1月 9日 (月) 20時16分

hirottiさん、こんばんはー。
とにかく荒れてましたよ、なかなか当たりませんねー。
パストフォリアからですか、それはキツい。
障害ではよくあるんですけどね。

日経新春杯のハンデが気になる所ではありますが、ここはこないだの馬場ならトゥザグローリーとスマートロビンの1点で決めじゃないスっかねー。

でも本当はスマートロビンはユーイチJで春天に望んで欲しかったんですけどね、アンカツJじゃぁねぇ。

投稿: 日月 | 2012年1月10日 (火) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/53696373

この記事へのトラックバック一覧です: フェアリーSハズレ馬券解説:

« シンザン記念ハズレ馬券解説 | トップページ | 2012年讃岐うどん巡りその1 »