« 2011年11月29日 | トップページ | 2011年12月6日 »

2011年12月 4日 (日)

JCダート押さえ当たり馬券解説

 今日はちゃっちゃと(とっとと呑むから)。
 しかし改めてトランセンドの強さを思い知らされたJCダートやった、流石ドバイで2着に粘っただけのことはある、世界の走りを見させてもらった。

 
257 Photo Jcg Photo_2  ではJCダート。
 馬場は良で今開催は芝も砂も極めてイーブンな造りになってるのでバカみたいな時計にはならん。

 ◎エスポワールシチー:トランセンドとの差は枠の差もあるが、1番人気じゃなくて2番人気ってこともあるし、今までさんざ儲けさせてもらったってこともあるし、かつてのダート王の復活を見たいってのもある。
 ○トランセンド:今回はラヴェリータがトランセンドの為に走る可能性もあるかと思ってみたり。とにかくどうやって先頭に立つかでしょう、南部杯のような走りでは勝てない。
 ▲ワンダーアキュート:割って入るならこの馬、まだ底の見えてない強さ。+14kgで相変わらずチャカチャカしてて発汗もキツかったがいつものことなので気にしない。
 △テスタマッタ:突き刺すだけの一発があるならこの馬だろ。
 △ダノンカモン:やっぱ距離でしょ。
 ×ミラクルレジェンド:勢いがあるし、何より1800m戦で8.1.0.0は脅威。
 ×ニホンピロアワーズ:前走結構差してきてたんで3着はあるかと。

 マカニビスティー:どんだけハマっても難しい。
 ソリタリーキング:来年に期待。
 エイシンダッシュ:前走が負けすぎ。
 ラヴェリータ:連携作戦でエスポのハナ叩きに行ったり???
 ダイショウジェット:いつも怖い馬だよ。
 バーディーバーディー:古馬と対戦するようになってから一回も買ったことがない。 
 フリソ:統一重賞なら勝てるかも。
 ヤマニンキングリー:流石に前走より手強い。
 トウショウフリーク:呑み込まれるだろ。

 馬券はエスポワールシチーから馬単、3連複はトランセンドとの2頭軸、3連単は1着固定。

 大外から一気に先頭を奪いに行ったトランセンド、これが1角での審議対象になった訳だが、藤田Jとしてもどうしても譲れん戦法やったんやろうね。エスポワールシチーが続き、トウショウフリークが行ってラヴェリータが前目、ダノンカモンとテスタマッタが中団で後ろにワンダーアキュート、少し遠いな。3角から4角で馬体を並べ2強激突ムード、直線に入ってトランセンドがわずかに出るが、前走のみやこS同様にエスポワールシチーが捕まえるのかと思ったが相手はトウショウフリークではなかった。インからラヴェリータが出てしつこく粘る、エスポワールシチーはそれすら捕まえるのが大変な手応え。そこでモタモタしてる間に後方に居たワンダーアキュートが上がり最速の36秒8で無理矢理割って突っ込んできたが、トランセンドは2馬身先にゴール。こんだけ強かったんか、トランセンド!!! 参った参った参りました、初めてこの馬を心の底から強いと思った。来年もドバイ行ってちょーだい。2馬身差ではあったがワンダーアキュートの末脚は強烈やった、底の見えない強さや。ハナ差の3着にエスポワールシチー、うーん、何で伸びなかったんやろう??? 半馬身差の4着にあっと驚く10番人気での激走、ラヴェリータ、内にこだわった大先生の騎乗も良かった。で、5着にクビ差まで迫ったダノンカモン、1800mよりは1400mやろうな。クビ差の6着にミラクルレジェンド、通った位置の差か。ハナ差7着にヤマニンキングリー、伸びてきたのにはびっくり。テスタマッタは道中ガツンと持ってかれて12着、もう苦しいかな。
 とにかくトランセンドは強かった、敵前逃亡したスマートファルコンなど足許にも及ばんくらいに。

 結果:3連複920円×500円=4600円

 
 本日:2勝4敗△64460円/19500円   ほっほっほ♪

266 124t  今日の当たり馬券:WSJS最終戦のゴールデンホイップTのアスカクリチャンの馬単万馬券。ランリョウオーが圧倒的1番人気やったので逆転するならアスカクリチャン、というのもWSJSで少しでも上に行きたいムルタJならひっくり返してくれるんじゃないかと思った(この時点では吉原Jの優勝かと思ってたがまさか逆転したとは)。相手もノリJのリフトザウイングスを最後に買い目に入れたWSJS馬券。
 久しぶりに最後の最後で興奮したわー。

 
Photo_3 Photo_4  と言う訳で昨日はムルタJにボロカスやったが、今日はべた褒め(笑)。
 流石世界の一流騎手、また単騎免許で日本に来てクレイ。
 しかし昨日2勝して優勝間違いなしと思わせた吉原Jであったが、今日は13着-13着と沈んで2Pしか獲れなかったのは痛かったが、金沢に吉原Jありと印象づけるには十分の活躍ぶりであった。
 ノリJはノリJで最年長だからこのくらいの位置で良いんです、なんて相変わらずとぼけたこと言うてたのも味であった。

 
 ではこれでまた懲りずに次回も遊ばせてもらいます、たまにはこういうのがあるから競馬は止められませんなー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

6回阪神初日デスモード

 昨日は別に呑みに行った訳ではなく、むしろ禁酒していたが鬱陶しくて更新するのを止めた。
 恐ろしく自分にツキがなかったのでアホらしくてキーボードを叩く気にならなかった。
 それにレースも荒れまくってたしね。
 しかし開催替わりで月も変わってツキも変わるかと思いきや、そう甘いもんではなかった。


1236  ではざっと昨日の競馬を。
 6回阪神開催初日にしてWSJS初日で鳴尾記念。
 お昼を中津浜線のBigBoyでサラダバー食べて少しは野菜を摂取して7Rから向かった、そう6頭立て2400mのレース。
 ここのアドマイヤカーリンはかなり勝ちにくい馬なのでネオブラックダイヤからアドマイヤカーリンを負かす馬券を買い、かつアドマイヤカーリンを除いた単勝を推奨したが、単勝は間に合わず、すると芝0.0.0.4の単勝最低人気馬のタガノキャプテンが激走しちゃって6頭立てなのに馬単19920円の大波乱、小頭数の競馬は荒れるにしても荒れ過ぎや。
 ここで終わったと思った(早っっっ)。
 続く8Rはシルクシュナイダーに逆らってみたが圧勝される、しかしワタシの中ではシルクから買ってても7番人気の大外枠のエーシングレーソロは買えないし、ましてや3着の14人気馬のブリリアントシチーには手が出ず。
 9Rのポインセチア賞は最初から分からんレースだが、芝を勝ち上がりながらも騎手の進言によって砂を使ってきたキズマが8番人気で快勝レッドクラウディアとコリンブレッセは持ってたがこれでは。

123t  そして迎えたWSJS初戦のゴールデンサドルT。
 芝の傾向は良馬場もあったが、内伸びとか極端な馬場ではなく、珍しくフラットな馬場だと思った。
 しかしこれと言った馬も居らず、Aランク馬も買いたいという感じもしなかったし、ならば開幕週で逃げ馬でとオーセロワも考えたが小倉帰りの連闘で大外枠では買いづらかったらしっかり余裕で勝たれた。
 そんで2着に忘れた頃のキョウエイアシュラで6-7人気決着で馬単14940円の波乱。

233 123g  メインの鳴尾記念、パドックで観てたらフレールジャックが細すぎる。
 何でこの馬は秋を越えても馬体が成長してこないのかねぇ、と評価を下げて対抗&単穴のダノンスパシーバとレッドディヴィスを繰り上げたが、レースではムルタJがガツンと持って行かれてずーっとムキになってミッキーパンプキンを追っかけて直線でずるずる失速、骨折明けの+20kgのレッドディヴィスが力でねじ伏せた。
 2着に大先生に乗り替わって初めてこの馬らしいキレを出したショウナンマイティが入り中波乱、しかしこれはムルタJを信じてデムーロJを信じ切れなかったワタシの人災。
 とにかくツキがない。

T 123t_2  そのツキのなさとはこういうこと。
 最終RにしてWSJSの第2戦、ゴールデンブライドルT。
 サンライズクォリアの放馬、もう取り消しにしてくれと思った、いや祈ったが叶わず、出走するも最後伸びず8着。
 確かに勝ったレーザーバレットは強かったが、レースが始まる前に終わってしまう所が究極のデスモードだと思った。

 ちなみに当たった記憶もないステイヤーズSはナムラクレセントとマイネルキッツのどちらかを考えた所、雨で走ったことのあるナムラを上に取ったらマイネルにやられた。
 2着のイグアスは狙ってただけに悔やまれる結果であった、でも流石にトウカイトリックは買えないけどね。

 と言う訳で昨日もボコボコ(まぁ、ワタシだけではないとは思うけど):0勝8敗▲21500円

 
 ではヤケクソになりたくないので今日はガッチリ当てて取り返したいと思います、エスポワールシチーとワンダーアキュートで。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月29日 | トップページ | 2011年12月6日 »