« 2011年11月5日 | トップページ | 2011年11月8日 »

2011年11月 6日 (日)

みやこS&アルゼンチン共和国杯ハズレ馬券解説

 今日のニッカンスポーツの競馬面見て驚いた。
 「ファルコンJCダート慎重」って記事、~目に見えない疲れがあるだろうし、1週間ほどケアして次を考えたい~だって。
 いやー、どこまで陣営ショッパいのか、レベルの低さに驚いた。
 もうなんなりとやってくれ、って感じ。
 呆れた。

 
210 3  では真のダート王を決めるJCダートの前哨戦、みやこS。
 馬場は稍重、8Rでオースミイレブンが勝った時計が1分50秒7、前で決着したのを見ても後方一気は難しいし1分50秒を切るポテンシャルがないと難しい。

 ◎ワンダーアキュート:5ヶ月半ぶりだけか、東海Sの超レコードは圧巻。ちゅーか、この馬いつも時計が速いんだよね。
 ○エスポワールシチー:ずっと本命で買い続けてきたが今回初めて敵に回ってみる。昨日も言ったがフェブラリーSをぶっ飛ばして行って以降ガス抜きしたみたいに勝ちまくってきた頃とダブる。ここで勝つようなら以後ずっと本命で行きます。
 ▲ゴルトブリッツ:この馬も快足馬、とにかく前で競馬して強い馬しか要らん、追い切りはバタバタやったけどダート馬なんてそんなもんやしね。
 ×ニホンピロアワーズ:これもずっと本命で買い続けて来た馬、しかしここまで強い馬と当たるのが初めてなのでここで好走できるようなら以後もっと楽しみ。
 ×キングスエンブレム:前走で復活の兆し。

 インバルコ:とにかくエンジンの掛かりが遅い、スピード負けする。
 メダリアビート:ちょっと相手が強いか。
 エイシンダッシュ:使ってから。
 トウショウフリーク:エスポワールシチーやワンダーアキュートにゴルトブリッツ、攻め潰されて終わる。
 シャア:これも使ってから。
 ドリームライナー:今日の最下位。
 メイショウタメトモ:この馬強いか???
 ダイシンオレンジ:難しいと思うな。
 サクラロミオ:この馬が来るような展開にはならん。
 ヒラボクキング:実はここ2走のぶっち切り具合から秘かに買おうかと思ったが止めた。
 
 馬券はワンダーアキュートから馬単2点、3連複はエスポワールシチーと2頭軸、3連単は力通りに決まればとムチャ振りしてみた。3連複の馬券をPATで買ってるのはお金をそんなに持っていくのを忘れたからじゃ。

 好スタートを切ったのがエスポワールシチー、内からトウショウフリークが主張、ヒラボクキングが続いて先行集団形成。遅れることなくゴルトブリッツとワンダーアキュートが続き、少し離れてニホンピロアワーズ。1000m59秒台で通過、南部杯で57秒台で行ったエスポワールシチーにとっては楽勝ペース、やばー。その頃手応えが全くなくなっていったのがゴルトブリッツ、早っ!!! 直線に入ってエスポワールシチーがトウショウフリークを捕まえたは良いが、その後ろのワンダーアキュートが思ったより伸びない、もがいてる内に外からニホンピロアワーズが急襲するが。結果エスポワールシチーが1分48秒4!!!ってう破格の時計を叩き出して完全復活、2番手に付けてなおかつ一番速い上がりを使えばそりゃ勝つわ、これでJCダートはこの馬で決まり。3馬身半差の2着に何と踏み潰されて終わるかと思われたトウショウフリークが最後まで粘りきったのには驚いた、甘く見てすんません。3着にエスポワールシチーと同じ最速の上がり36秒7を駆使したがワンダーアキュートを捕まえただけで届かず、でもGⅢくらいやったらすぐ勝てるわ。半馬身差の4着にワンダーアキュート、使ってる組との差が出た感じ、JCダートで人気がないようならエスポワールシチーの相手として厚く買いたい。1馬身半差の5着にヒラボクキング、最後は甘くなったがこの馬も今後が楽しみだ。キングスエンブレムは7着、インバルコは8着とスピード負けした感じかな。
 それにしても今年のJCダートって外国馬来るんかいな?
 来週は武蔵野Sだけど本番が1800mってことを考えたらシルクフォーチュンとダノンカモンじゃないでしょ、テスタマッタの方が気になるな。
 いずれにせよエスポワールシチーVSトランセンドの対決の図式か、こりゃメチャメチャ楽しみだ。

 
211  その前に行われたのがアルゼンチン共和国杯。
 馬場は先週いじくりすぎてひんしゅく買ったので今週は普通、外差しの方が良いか。

 ◎オウケンブルースリ:58.5kgやったので止めようかと思ったが、パドックが良い頃の雰囲気に近かったので行けるかと思った。
 ○ナムラクレセント:自在な脚質なので後藤Jの腕次第。
 ▲キングトップガン:前走が太め残りなんだとしたら-14kgは絞れたもの、ちゅーか魅力的な4歳馬が居なかったのでオッサンを買った。
 △トレイルブレイザー:目黒記念で0秒1差、ここでも差はないが勝ちきるイメージがないんだよなー。
 △ビートブラック:先行するには厳しい枠。
 ×コスモヘレノス:結構美味しい馬券獲らせてもらってるので。
 ×カリバーン:流石に距離長すぎやろ。
 
 ピエナファンタスト:前走は見事な差し脚やったけど相手も弱かった。
 ネコパンチ:ネコパンチよりネコグンダンの方が可愛い。
 フォゲッタブル:前走の4着に騙されんぞ、この馬はもう走りたくないのや。
 トウカイトリック:流石に9歳では。
 カワキタコマンド:2000mくらいがベストなんじゃね?
 ドリームセーリング:ペースメーカー。
 ポルカマズルカ:ちょっと相手が強い。
 ゴールデンハインド:家賃高い。
 コスモラピュタ:行ってちょーだい。
 アブソリュート:何でこの距離なん?
 イケドラゴン:今日の最下位。

 馬券はオウケンブルースリから馬単流し、3連複でナムラクレセントと2頭軸。

 ドリームセーリングが引っ張りカワキタコマンドにナムラクレセントが先行、トレイルブレイザーは先行集団のケツ、カリバーンは中団の先頭、中団のケツにビートブラック、後方集団の先頭にキングトップガン、その後ろにオウケンブルースリ。3角から4角でじわっとトレイルブレイザーが進出、ビートブラックも早くから追い出す、そして最後方から外に持ち出して満を持して追い出すオウケンブルースリ、ここで一昨年のJCばりに強烈な末脚で差しきるかと思ったんだけどねぇ。直線に入って先頭に立つカワキタコマンド、えええ。トレイルブレイザーが交わして変わって先頭に立つ、そこにオウケンブルースリが迫ったが…。届かず最後まで長く良い脚を使ったトレイルブレイザーが重賞初制覇、母父フォーティーナイナーねぇ、へぇへぇへぇ。2着に1馬身1/4差でオウケンブルースリ、58.5kgが最後に効いたか、しかしこの連続の好走で本格復活と言って良いんじゃない? 3馬身離されたが3着にカワキタコマンド、勢いのまま馬券になったなぁ。4着に1馬身3/4差でカリバーン、距離長いのに4着に来るんやから適距離なら結構やれるはず。5着にビートブラック、位置取り悪すぎ、6着に馬場の悪そうなインを突いてイケトップガンが浮上、驚きのアブソリュートが7着と、ビートブラックからここまでハナハナハナ差の接戦でした。ナムラクレセントは見せ場なく13着…どういうこった???
 ということでJCではオウケンは買いですね、本番も田辺Jで行くんかいな?
 しかし天皇賞組はかなり強いのでどこまで迫れるかでしょうね。

 
 本日:3勝8敗▲10840円/22500円   ワンダーアキュート…。

 今日の当たり馬券:東京10Rの銀嶺S、インペリアルマーチ鉄板も相手も堅かった。
 京都10Rのロードカナロアの馬単と押さえの馬連、いやー、この馬メッチャ強いね!!! 今日の馬場で上がり32秒7って切れすぎやん、驚いたー。
 京都最終Rのルアーズストリートの押さえの馬連、くそー。

 今日の嘆きの馬券:こちょこちょ嘆いた。

 
 次開催の京都JSは普通に行けばランヘランバか、でも捻るやろうな。
 京王杯2歳Sはオリービン、って書こうとしたらモンストールが登録されてるやん
 武蔵野Sは実績からダノンカモンとシルクフォーチュン、復活すればテスタマッタ、ナムラタイタンは走らんし、バーディーバーディーは弱いからなぁ。
 そしてエリ女、何とレーヴディソール出走、常識的にはありえんが買う。でも普通に考えたらスノーフェアリーに挑む日本勢ってとこか。相手筆頭がアヴェンチュラ、次いでフミノイマージンにイタリアンレッドにレディアルバローザ、ホエールキャプチャは3着までか、アパパネは買えん。

 さて、今週からまた出張WEEKの始まり、お疲れだよなー。
 では良いお酒を。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月5日 | トップページ | 2011年11月8日 »