« 2011年10月29日 | トップページ | 2011年11月1日 »

2011年10月30日 (日)

天皇賞(秋)ハズレ馬券解説

 レース結果に文句言うつもりはないし、勝った馬は強いと思うし、騎手もしっかり追ったし良いレースやったと思う。
 しかし気にくわんのがここで一気に馬場を変えてくるJRA。
 8Rのくるみ賞でレコードが出てげんなり。
 図らずもピンナJが勝利騎手インタビューで時計が出る馬場って言っちゃってるが、もうええ加減にG1仕様の馬場とか止めろ。
 別にレコードが出るレースを見たい訳じゃない、これでこの後使い物にならん馬が出てきたらそっちの方が問題や。
 繰り返すが結果は文句ないがやり方に吐き気を催す。
 本当にファンが離れる前に止めろ。

 
Photo  という訳で個人的に凄い後味の悪い天皇賞(秋)。
 馬場は内より中、外伸びはなさそう、4Rで岩田Jが初めて逃げ切ってたので強い馬なら前に行っても残るかも。

 ◎エイシンフラッシュ:追い切りの動きもさることながらパドックのその馬体、黒鹿は本当に美しく見える。前も引っ張ってくれそうなので程々に溜めていってラストの末脚に期待。先行してくれなんて頼んでねえっちゅーの、ルメールJここんとこ冴えてねー。
 ○ペルーサ:追い切りでの弾けるような動きとやっぱ内すぎず外すぎずの枠、スタートは気にしてないし+14kgも気にしてない。春はイマイチやったけど休養してガス抜きできたんでは?
 ▲アーネストリー:もちろん枠は気になるが、シルポートを行かせてマイペースの離れた2番手追走で余力残して直線迎えれば残り1ハロン凌ぎきる可能性ないか?
 △ダークシャドウ:毎日王冠での脅威の決め手、高速決着も問題なし。ただ思ってるより人気しすぎ、文字通りのダークシャドウ馬券なら本命で買いたかったが。
 △トゥザグローリー:外枠も先行して前を踏み潰すから問題なし、近2走はノーカウント、ダークシャドウじゃなくこっちに乗るユーイチJには何らかの思惑があるはず。
 ×ブエナビスタ:追い切りイマイチに馬体重が増えてると言いながら当日-10kgのちぐはぐさも気になるので3着まで。
 ×ローズキングダム:これはまだメンディザバルJが日本の競馬に慣れてないに尽きる、日本での初勝利が天皇賞なんてありえねー。
 
 シルポート:内枠も良くないし今回はTV馬。
 ダノンヨーヨー:穴で買おうかと思ったが内枠で止めた。
 アクシオン:常識的に無理だろ。
 ビッグウィーク:全然良くなって来ないねぇ。
 ジャガーメイル:買うなら次のJC。
 メイショウベルーガ:ここ使ってエリ女でしょ?
 トーセンジョーダン:人気の盲点、つーか甘く見すぎてた。
 ミッキードリーム:勢いは買うが流石に使いすぎでは。
 シャドウゲイト:今日の最下位。
 シンゲン:こっちが最下位か。
 ナリタクリスタル:実力足らず。
 
 馬券はエイシンフラッシュから馬単流し、3連複はペルーサと、3連単はアーネストリーと2頭軸。

 大外枠でボコッと出遅れ、いきなりアーネストリー終戦、しかしアーネストリーがポジションを回復しに行ったからレースがとてつもないペースになった。気持ち良くスタートしたシルポート、1000m通過タイムは何と56秒5!!! アーネストリーをマークもせにゃいかんので全体的に速くなったのだねー。ビッグウィークにエイシンフラッシュが続いちゃって(ヲイヲイ)、ローズキングダムも先行しちゃった、この辺に居た馬は全滅。ブエナビスタは先行集団の中団、ダークシャドウもこの辺り、トーセンジョーダンにトゥザグローリーが続き、離れた後方集団の先頭にペルーサ。直線に入って失速したシルポートを馬ナリのような手応えで交わしにかかったエイシンフラッシュ、一瞬夢見たがそんな訳もなく、外からトゥザグローリーが。しかしその外から一気にトーセンジョーダンが交わしてダークシャドウも馬体を併せて抗うがピンナJの執念が実ったか、トーセンジョーダンG1初制覇を天皇賞(秋)ってどでかいレースで達成。勝ち時計1分56秒1、アホかっちゅーの。半馬身差2着に敗れたダークシャドウはミッキードリームが邪魔になってトゥザグローリーの更に外を回らさせられた分、届かんかったがスムーズなら勝ってたのはこの馬、JC行くわな。3着のペルーサは大外から最速の33秒9で飛んできたが半馬身及ばず。3/4馬身差4着のブエナビスタは岩田Jが思い切って内を突いたは良いが、下がってくる馬を捌ききれず前が開いたラスト100mで突っ込んでは来たが時既に遅し、だけど衰えてる訳ではなかったので次走は買い目に入れます(笑)。5着に1馬身3/4差でトゥザグローリー、これ使って次走は当然怖いし有馬記念ではもっと怖いでしょう。6着に3/4馬身差でエイシンフラッシュ、あの流れをそのまま押し切ってたら化けモンや。どうもルメールJは去年から一時のきらめきが薄れてるような気がして仕方ないんだが。先行した馬、ローズキングダムは11着、アクシオン12着、アーネストリー14着、シルポート16着、ビッグウィーク17着でした。これ見たらエイシンフラッシュの凄さが分かるのー。
 4歳馬VSブエナビスタVSアーネストリーと思われてたが伏兵の5歳馬登場、次走JCこそまともな馬場で走らせろ、JRAボケが。

 コメント。ピンナJ「このような伝統的なG1を勝てたのは嬉しい。宝塚記念の時は調子ももう一つだったしゲートも悪かったが、今日はとても良く仕上がってた。今日は時計が出る馬場だったのでびっくりしてるがこれくらいは出るのかな。正直また何度でも日本に来たい」。ベリーJ「スタートも良く鬼門の2角の入りも良かった。以前より比較にならない程パワーアップしてた、誤算はこんな異次元の時計」。ノリJ「スタートも上手く出た、負けたと言ってもこんなタフなレースだったからね、次は必ず良くなるよ」。松パクセンセ「やっぱり大人しすぎる、年齢的なものもあるのかな」。ルメールJ「レース自体はスムーズ、気分良く行き過ぎて止まっちゃったな」。哲J「枠は言い訳にしたくない、次は頑張ります」。蛯名J「行けるだけ行けと言われてた、20馬身くらい離したと思ったが、後ろを見て付いてきてるのでびっくりした」。

 リスポリJといいピンナJといい、今後親日家になってくれそうなのは嬉しいが、気前良すぎやろ。
 ま、この辺も新旧交代なんかな。

 
 結果:1勝11敗▲25800円/26500円   ボッコボコ。

 今日の当たり馬券:東京2Rのストローハットの馬単。

 今日の嘆きの馬券:京都9Rの高雄特別、トウカイパラダイスの馬単炸裂。
 京都メインのカシオペアS、ショウリュウムーンから買って保険で3連複購入もダイワファルコン買い目入れずでがぼー。
 京都最終Rはいきなり小牧J落馬で2秒で終戦。
 その他数えきれず。

 
 夜逃げしたいくらいやが、一応ファンタジーSは…分からん。
 みやこSはこっちがJBCでもええのじゃないかという組み合わせ、エスポワールシチーVSワンダーアキュートVSゴルトブリッツ、おもしれー。
 アルゼンチン共和国杯にトウカイトリックの馬名があるので驚いたがオウケンブルースリーの走りに注目か。

 今週は木曜が休みやがJBCもあるのであまりムチャせず行きます。
 ではピンナJに乾杯。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年10月29日 | トップページ | 2011年11月1日 »