« 2011年10月16日 | トップページ | 2011年10月23日 »

2011年10月18日 (火)

京都deラーメン「大福ラーメン」さんのラーメン600円&「ラーメン屋台 吉祥院店」さんのラーメン(中)520円

 明日は東京と横浜に行って浜松泊まり。
 明後日は愛知県は豊橋、明々後日は名古屋、行く前から疲れるわ。
 来週の広島は決定事項、とほほ。

 実は今日も今日とて京都に行っていたのだが、これは先週の12日の話。
 仕事でいつものように京都に行った、京都南ICを降りていつもの西大路に行くんだが(JRで行けよなんてことは言いっこナシね、確かにJR京都駅から一駅西に戻るだけなんだけど、それじゃラーメン屋さん巡りができんのだよ)、今回は何の下調べもしてこなかったのでとりあえずスマホから「ラーメン」で音声検索して一番近かったのがこの店。

 
1012  ・大福ラーメン:ラーメン600円

 場所は…知らん、スマホナビで行っただけなんで。
 ナビがあれば誰でも行ける!!!←当たり前だっつーの。
 まぁ、最寄り駅は無さそうなのでよほどのラーメン好きが車で行くか、近所に住んでる人しか行きようのない店だよ。

 と言う訳でみたまんまの古いお店、良いねぇ、こういう店。
 カウンターだけのお店だけど、店自体はゆったりした作りなので背中がいきなり壁、みたいなことはない。
 時間は13時を過ぎてたので客はワタシの他1人。
 メニューの画像を撮り忘れてしまったが、基本ラーメンだけのお店だったような。
 だからではないが、普通にラーメン頼んだ。

600  ワタシのためだけに麺を湯切りしてくれるのは嬉しい限りだ。
 5分で出てきたラーメンがこれ。
 おおお、見た目凄いインパクトあるやん! 濃厚なのが一目で分かる。

 では麺からずずず、ははは、ふにゃふにゃな麺やなー。
 これがこの店の標準か、柔らかい柔らかい。
 そんでスープはと、ほほー、鶏ガラに豚骨の濃厚系か、味わい深いスープやなー。
 チャーシューはももの薄切りか、あんま重要視してないので印象は薄い。
 それよりネギ、この濃厚なスープのアクセントとしてわざと厚く刻んで清涼感を出してるんやったら凄い、ただの偶然にしてもナイスな組み合わせ。

 こういう濃厚鶏ガラスープも京都ラーメンだよ、いやー温故知新を地でいった、偶然にしては良い店行っちゃった、ラッキー♪

 「大福」で(大)を食べなかったのは当然もう一軒行くため。
 更にスマホより近所のラーメン屋さんを検索、車で3分くらいの所に一軒あった。
 だからこの店の場所も分からん、上と同じで好きな人か近所の人しか行かん店。
 あ、だけどどっちの店もちゃんと隣に駐車場完備してるので車で行ってみて下さいね。

 
1012_2  ・ラーメン屋台 吉祥院店:ラーメン(中)520円

 この店に関しては店名がよく分からんかったので調べたら上記の名前が正しいらしい。
 これじゃ「台湾ラーメン」か「吉祥院のラーメン屋台」でどっちも店の名前とは思えん。
 しかし名古屋じゃあるまいに何で台湾ラーメンなんだろ??? 京都で台湾ラーメンが流行ってたとは勉強不足でした。

Photo  だけど注文したのはラーメン、普通のラーメン。
 ここはお客さんが3組くらい居たんだが、皆が台湾ラーメン食べてた。
 台湾ラーメンを頼むのが当たり前なのでしょう、店員さんも「えっ!?」みたいな顔してたもんな。
 しかし焼豚なしとありで150円の価格差も凄いが中と大で170円差ってのも凄い。
 普通のラーメンだと中と大で160円の差、どーいうことでしょ???

520  さておき今回は堅めを頼む(笑)。
 見た目は普通の醤油ラーメンやん、だけど丼の半分くらいしか入ってなくて寂しい…。
 では麺からちゅるっと。
 堅めと言っただけあって堅めや(当たり前やっちゅーの)。
 スープをずずず、んんん? 変わった味やなー。
 鶏ガラに野菜の甘みが感じられるがもっと直接的に甘い、ああ、台湾ラーメンのベースの味やからこういうちょっと甘めのスープなのね。
 これにニンニクと唐辛子にミンチ入れたら台湾ラーメンになる、そんな味。
 ネギがわさっと入ってるが別に意味はない、もやしが入ってるってのも久しぶり。
 最近ではスープ命的な店が多いからもやしが入ってるラーメン屋さんはほとんど無いが、入れろれろよもやし!って感じ。

 まぁ、台湾ラーメン食べた方が良かったってことですね~~~。
 でも京都で台湾ラーメン食べる気はないのだよねー。

 
 偶然行った店で別に新しくも何ともない、むしろ古い店であったが、最近の判で押したみたいに同じ豚骨魚介のWスープなんかよりよほど良かった。
 個性があって良いじゃん、な今回の京都ラーメンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月16日 | トップページ | 2011年10月23日 »