« 2011年9月13日 | トップページ | 2011年9月18日 »

2011年9月17日 (土)

名古屋deラーメン「麺や 六三六」さんの六三六ラーメン(大)790円

 水曜から昨日まで愛知~静岡~愛知へと出張に行ってきた。
 水曜は初日であるし、マイペースで仕事ができたが、木曜の静岡ではそうもいかん。
 距離も遠いわ、初日呑みすぎたから辛いわ(それは自分が悪いんだろ)、夕方前まで接待する側に回ってホスト役をこなし、その日の夕方から名古屋に戻って言いにくい値上げ交渉。
 その後、今度は接待酒に連れてっていただき、終電まで酒を呑む。
 そんな状態で昨日は元気な訳はないんだが、悪いことに暑さが疲れを倍加させ、しかも移動距離が半端ではなく、三河の方に行った後は知多半島までの強行軍。
 雨はいつ降るかと悩ましい中、終わってからはどこまで元気やねんで、三宮の前から気にしてた店に絶品の餃子を食べに行った。

 そんなこんなでお疲れで今朝は8時間は久しぶりに寝かせていただきました。
 この3連休で体力回復せにゃ、マレーシアの疲れが未だに抜けてないんだもんよー。

 
 ではこれは今回ではなく先々週出張に行った名古屋のラーメン話。
 名駅のミッドランドスクエアの裏に(裏とは失礼な)ウインク愛知って最近できたビルがある。
 そこの地下が飲食街になってて、結構良い店が入ってるんだよねー。

 
831  ・麺や 六三六:六三六ラーメン(大)790円

 この店はウインク愛知ができてちょっとしてから名古屋のラーメンマンに紹介してもらった店。
 何回か食べたけど実はつけ麺しか食べたことがない、脱つけ麺な今のワタシとしてはこの店の普通のラーメンを味わってみたい。

 いつもお昼時に行くとメチャメチャ並んでるんだけど、この日は名古屋での自分の仕事が終わったので、17時過ぎに入店。
 流石に並んでることはなく、ワタシの他に一人客が居るだけであった。

Photo  ではうんちくを見てもらおう。
 以前は千葉県産と謳っていたが今は国内産、そりゃあまり産地限定しない方が良いんだけど、どうしてもどこどこ産のなになに使ってますってストーリーが今や必要になってるからねぇ。
 とにかく煮干しに昆布に鶏がらに豚骨に【大量の野菜】を14時間煮込んだものを3つ合わせる無化調のスープが売り。

790  では味玉なしの普通の六三六ラーメン690円(大)100円がこれ。
 つけ麺はうどんのような麺であるがここは至ってオーソドックスなストレート麺、ずるっとな。
 おおおおお、スープがメチャクチャ麺に絡むやん!
 その秘密は上記の【大量の野菜】である、そう、所謂ベジポタ系のスープ。
 煮干しの香りも動物系の香りもあるが、それより野菜ポタージュというよりもっと粘度が高いんじゃないかっていうスープ。
 化学調味料使ってないので旨味を出すにはここまでせないかんのだろうねぇ。
 お昼時に行くといつもスープのどでかい寸胴をずーっとかき混ぜてる姿が見て取れます、真剣だなぁ。
 チャーシューはくどいようだがあまり興味がないがメンマは大好き、そんなメンマ通の方ならここのメンマは絶賛するのではないでしょうか。
 歯応えと言い微妙な味つけ具合と言い、ワタシ的には花丸である。
 当然スープ一滴ネギ一切れ残さず完食、良く出来てるねぇ。

 
 ま、こういう基本のラーメンが美味しい店はつけ麺もまぜそばも許すってこってす。
 何が嬉しいってこのお店、名古屋や岐阜だけじゃなくて大阪や神戸や姫路にも支店があるんだよねー。
 ありがたやありがたや。

 
 では今日から3連休、天気にはお気を付けて楽しみましょう♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月13日 | トップページ | 2011年9月18日 »