« 2011年7月18日 | トップページ | 2011年7月24日 »

2011年7月19日 (火)

「胡同製麺」さんの釜玉つけ麺中盛り780円

 台風来てるけど、明日から東京行って名古屋行って三重行っての2泊3日の出張なんだが、新幹線動くのかしらん???
 せっかく調べた代々木の美味そうなラーメン屋さんハシゴしようと思ってたのに、こればっかりはどうにもならんな。

 そういう訳ではないがまだつけ麺に失望してなかった頃に行ったこの店を紹介しちゃおう。

 
428  ・胡同製麺:釜玉つけ麺中盛り780円

 場所は梅田の第3ビルから第2ビルの連絡辺り、まぁ結構な飲食街ですわ。
 ついに大阪でも普通にこういうつけ麺の店ができるようになったのね。

Photo  では何で「胡同製麺」ってのかがこちら。
 この梅地下のごちゃごちゃした所が北京の下町の網目のような路地に似てるからなんだって、よう分からんわ。

Photo_2  つけ麺なので麺のうんちくはやはり持ってる、これどうじょ。
 14番の極太麺で自家製の多加水麺、もちもちなんだって。

Photo_3  そんでワタシも何も考えずに注文しちゃったんだけど、たぶん生卵に惹かれたんかと思う、じゃなかったら釜玉、つまりはあつもりなんて食べる訳ないもんなー。

780Up   ちゅーことで結構混んでたので15分くらい待って出てきたのがこれ、UPでもどぞ!
 生卵ですよ、釜玉ですよ。
 讃岐では茹でたての熱い麺に生卵を絡めて醤油ダレをかけてかき混ぜて食べるけど、そこはつけ麺だから熱い麺を熱いつけ汁に付けて食べる(何を当たり前なことを)。
 あつもり初体験であったが、印象は悪くない。
 麺は確かに多加水で極太とはこれでは今は言わないがまぁ、標準的な太さの麺。
 つけ汁はスタンダードな濃厚豚骨魚介酸味ナシVer.。
 貧乏症なので最後に生卵を絡めて食べたがこんなのもありかと思う程度。
 ワタシはやはりちべたい麺の方が断然麺の美味さが分かって良いと思うなー。
 〆はスープ割り、ここではカウンターにポットが置かれてて、別に店員さんに気兼ねしながら頼むことなく(最初から気兼ねなんてしてねぇっちゅーの)自由にあっさり魚介のなんちゃってスープを割って楽しむことができます。

 
 まだつけ麺デビューを果たしてない方はこちらの店から体験するのをお勧めします。
 そっからのめり込むのか普通のラーメンに行くのかは皆さんの自由です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月18日 | トップページ | 2011年7月24日 »