« 2011年5月28日 | トップページ | 2011年5月31日 »

2011年5月29日 (日)

日本ダービー外れ馬券解説

 参った、並びかけた時は勝ったかと思ったんだけど、皐月賞馬は強かった。
 今日は、じゃねーなー、今日も馬券の買い方が下手くそでしたわ。

 
305 306  では大雨の中行われた日本ダービー。
 馬場は池添Jも言ってたように外の差しが効いてきたような印象、だけど大外一気は通用するとは思えないので今回に限ってはダービーポジションで進めてもらいたい。

 ◎コティリオン:もうこの馬場では来るか来ないか分からん、枠も良いとこ引いたし上手く壁作って折り合ったら重馬場適性あれば差し切りもあるだろ。
 ○ウインバリアシオン:とにかく前走のぶっこ抜きには驚いた。きさらぎ賞でオルフェーヴルと互角の競馬してるんだからもちろん通用する。とにかく皐月賞まともに走った組では逆転は無理なのでこの2頭に期待するのは当然。
 ▲オルフェーヴル:重の新馬戦を勝ってるから適性はある。しかし前走は全てが上手く行ったのも事実、今回はマークもキツくなるし上の2頭に差し負ける可能性に賭けた。
 △クレスコグランド:普通なら京都新聞杯組は軽視だけど、この馬は前々走で重で勝ってる。
 △ベルシャザール:皐月賞組では走ってないこの馬、スプリングSではオルフェーヴルの2着だからちゃんと走れば。新馬戦で重で勝ってるし。
 △ユニバーサルバンク:先行して粘り込むならこの馬かと。
 ×サダムパテック:パドックで見たらすん詰まりの馬体、2400mの馬じゃないけど東京コースってだけで買った。

 オールアズワン:追い切り動いてたが流石に買えん。
 リベルタス:何で使うかなぁ、今日の最下位。
 フェイトフルウォー:新馬戦で重ぶっちぎって勝ってるし皐月賞惨敗組だけどそもそもこの馬はまだ仕上がってないだろ。
 ナカヤマナイト:前走ですらのめってたって言ってんのにここで買うのか?
 デボネア:哲Jが乗ってひっそり人気なら買ったがいくらデットーリでも3番人気で買う馬じゃない。
 エーシンジャッカル:パドックでも良く見えたねー、でもよう買わんわ。
 ロッカヴェラーノ:逃げる気ないならあっと驚かされることもない。
 ショウナンパルフェ:前走と乗り役が違う。
 トーセンラー:この馬場をこなせるとは思えん。
 トーセンレーヴ:ダービー出たかっただけの馬。
 ノーザンリバー:ダート行けダート。

 馬券はコティリオンとウインバリアシオンから同じ所へ馬単、ここで間違えたのが3連複をコティリオンとオルフェーヴルの2頭軸にしたこと(ウインバリアシオンやったら23000円馬券、ひぃ~~~)、3連単は2頭軸でオルフェーヴルは2着まで。

 でろんと出たのがリベルタスとロッカヴェラーノ、この2頭は走る気が全くなかったみたい。ハナ切ったのは藤田Jのオールアズワン、ケレン味のない逃げ。ノーザンリバーにショウナンパルフェが続き、ユニバーサルバンクも好位置、ベルシャザールにトーセンレーヴが続き、トーセンラーとサダムパテック、ナカヤマナイトとクレスコグランド、その後ろつまりは中団グループのケツにオルフェーヴル。そこから離れた最後方グループの先頭がウインバリアシオン、コティリオンは更に後ろ、ダメだこりゃ。オールアズワンが直線に入ってもなかなか沈まず見せたが外から差し馬が当然来た。今回に関してはサダムパテックに不利はなく、先に仕掛けたが一番最初に失速したのは距離もあるが馬場もある。その後ろではナカヤマナイトとオルフェーヴルが追い出すが、ワタシが見た感じではナカヤマナイトは2回オルフェーヴルを弾き飛ばしてた。しかし動じず狭い所を割って抜け出そうとする、そこを大外から一気にウインバリアシオンが並びかけたのでワタシは勢いから勝ったと思った。がー、並ばれても更にそこからもう一伸びする力がオルフェーヴルにはあった。1-2着馬で後続を7馬身ぶっちぎったその末脚はあの不良馬場でもなんと34秒8と34秒7!!! 3着のベルシャザールが36秒7なので2秒速い!!! ありえねー。何度もぶつけられながらも抜け出す時の脚は超速、追ってもまだ伸びるし、今日は完敗としか言いようがなかった。ウインバリアシオンの1馬身3/4差も位置取り考えたらメチャクチャ詰めてる、しかし勝った馬が強かったのでしゃーない。3着ベルシャザールと4着ナカヤマナイトはクビ差、5着のクレスコグランドがアタマ差、1-2着馬がいかに別次元やったか(でも黄金世代ではないよ)。サダムパテックは伸び欠き7着、逃げたオールアズワンは8着、ユニバーサルバンクは10着か、デボネア11着、そんなもんだろ。中止したリベルタスは皐月賞も同じように止まってた、使うべきじゃなかったってこと。

 コメント。池添J「今日の馬場は外差しが決まる馬場だったのでそれを頭に入れて乗った。夢を叶えてくれたので本当に凄い馬です」。アンカツJ「勝つかと思ったけど勝った馬は強いね」。松永昌センセ「道悪が良かったとは思わない、良でも走ってるから」。後藤J「良い所は見せられたかな」。ヨシトミ先生「重でも辛抱してくれたが良でやりたかった」。中竹センセ「殿下からここまで出走できたことが良かったんだと言われた」。

 
 本日:0勝13敗▲24500円   デスモード。

 今日の嘆きの馬券:東京6Rのフルアクセルからの馬単ヒモ抜け。
 京都9Rの御室特別、レジェンドブルーから必殺の馬単の裏。
 東京9Rの富嶽賞、ドロから必殺の馬単の裏またもや炸裂。
 京都10Rの東大路S、トウショウフリーク鉄板もヒモ抜け。
 東京10Rのむらさき賞、リリエンタールからまたもヒモ抜け。
 東京最終Rのつばさ賞、ピューターから買うも故障したか、デスモード極まれり。

 
 しかしデットーリJは初騎乗初勝利で魅せたなー。
 青嵐賞ではピンナJにウイリアムズJにデットーリJで外国人J1-2-3ヲイヲイ。
 ピンナJってかなり追える、まぁ、外国人Jは彼に限ったことじゃないけどね。

 それにしても昨日からのこの必殺モードは何とかならんか。
 毎週々々出張してて週末の楽しみがこれではやっとれん。
 今日は買い方が悪かったのだと自分を慰めたい。

 来週は軽~~~く遊びでやろか。
 ユニコーンSはグレープブランデー、と言いたいがヘンコなのでアイアムアクトレス。シゲルソウサイも狙う。
 安田記念に果敢に挑む3歳馬リアルインパクト、この馬がどこまで走るか楽しみ(馬券は買わないけどね)。ここはユーイチJの乗るジョーカプチーノかな。アパパネは前走が究極の仕上げってことで割引く。この大雨で馬場が前か後ろか分からんが、前ならシルポートは必要。今日みたいな感じならダノンヨーヨーか。エーシンフォワードやサンカルロ、リディルも出るし、何より外国馬の登録が3頭もあるのは興味深い。

 
 給料もらったとこやけど大人しく過ごすことにする。
 ではオルフェーヴル陣営に完敗の乾杯。

 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年5月28日 | トップページ | 2011年5月31日 »