« 2011年5月8日 | トップページ | 2011年5月11日 »

2011年5月 9日 (月)

「味司 野村」さんのドミグラスソースカツ丼750円

 GWは終わって今日から通常営業も会議資料だのなんだので終日内勤、明日は会議でまたしても籠もったまま、性に合わない今日この頃。
 そのGWの前半戦は近くて遠い岡山に行って来たと言った。
 メインの国宝閑谷学校は後日。

 まずはデミカツ丼から。

 つーことで閑谷学校にに行って岡山市内に入ったのは14時、遅めの昼ご飯を食べたのがこの店。

 
429  ・味司 野村:ドミグラスソースカツ丼750円

 一応下調べはしたよ、すると発祥の店がここだってんで、すんなり決定。
 「おかやまデミカツ丼MAP」ってのが「デミカツ丼応援隊」って所からダウンロードできるので持っていったが、いかんせん到着時刻が遅かったので(本当はお昼に行って二軒は食べようかと企んでたんだけどね)、一軒だけ食べることに。
 そりゃー、夜は岡山市内を呑み歩いて、翌日は海を越えて讃岐うどん巡りも行く手はずになってたので、ここで胃袋を使ってしまう訳にはいかんからね。
 結構ラーメン屋さんでデミカツ丼を一緒に出す店が多いらしいがそれも無理。
 あ、ちなみに言うと、香川はどこ行ってもうどん屋さんがこれでもかっちゅーくらいにあるけど、岡山はラーメン屋さんがメチャクチャ多いと感じた、これでもかっちゅーくらいある。
 このお店の場所は駅から東に3分ってとこか、一本路地入ってるので分かりにくいかな、それと駐車場はないので有料Pに停めねばならん。
 14時過ぎてもお店は満員、さーて、加古川のかつめしとどう違うのか教えてもらおうやんけ!!!

Photo  とまぁ、非常に「和」な料亭みたいな粋な店の暖簾をくぐっていきなり置いてある券売機で食券を買う、この辺は今風やな。
 まずは店内かお持ち帰りかをチョイスしてからメニューを選ぶ、普通の卵とじカツ丼もあるし、デミカツ丼と卵とじの両方食べれるセットもあるがここはやはり「ド」ミグラスソースカツ丼を食べる。
Photo_2  メニューこんなの、見てもらって分かるように非常に店内は暗い、別に電力消費を抑えてる訳ではなくて、間接照明でオサレしてる訳だ。

750 Up  待つこと15分、ようやく来たよ、オロローン。
 如何でしょ。
 見た目はもの凄くデミソースが濃厚に見える、ご飯の上に茹でたキャベツが敷かれてその上にデミソース、ポイントはグリーンピースかな(笑)。
 どれどれ、まずは一口、ほほー、思ってたよりももっとデミソースが濃い!
 味をギュギュっと濃縮させたような、そんな濃い濃いなソースやん。
 カツはロースで細めに切っており、ご飯と食べ易いようになってるのが工夫といえるか。
 ここの店が特に濃いのだとすると、かつめしとは確かに違う。
 かつめしはだいたいがプレートランチでここのは丼、向こうがカツを食べさせるもんだとしたら、こっちはデミソースを食べさせる、そんな感じかな。
 美味しかったけど他の店食べてないから比較しにくいな。
 他の店が安くてボリュームあるかもしれんし、ソースももっと他を知りたい。
 でもこの店の弱点は分かった、カツ丼に比べて味噌汁が貧弱すぎる。
 ちゃんと出汁取ってくれって感じ。

 
 でも女性向けに3/4の盛りの子カツ丼、半分の孫カツ丼もあるし、細かいサービスと何よりお店が良い。
 ま、一店だけで語るのは問題があるので、今後の検討課題とさせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月8日 | トップページ | 2011年5月11日 »