« 2011年4月27日 | トップページ | 2011年5月4日 »

2011年5月 1日 (日)

天皇賞(春)ハズレ馬券解説

 一昨日は朝から岡山に行って来た、近くて遠いご近所さん。
 10年ぶりくらいに国宝閑谷学校に行って、お昼と言うには遅すぎたが岡山の誇るB級グルメのデミカツ丼食べて、夜は関係ないけどもつ鍋食べて鯨飲。
 昨日はその足で海を渡って香川でうどん食べて夜に家に戻った。
 で、決定ではないが明日は早朝のジャンボフェリーで高松に行って(しつこいな)、桂浜に行くついでにうどんを食べようかと計画中。
 本当は阿蘇に行きたかったんだけど、いかんせんフェリー代が高い。
 往復25000円もかかったら火の車や、その点ジャンボフェリーは往復6500円くらい(バイク載せて)、貧乏は敵やでホンマ。

 
334  さっと流すが、九州行きを阻んだのが昨日の青葉賞だな。
 外回したら届かんので巧く立ち回ってくれるかがカギ。

 ◎ショウナンマイティ:9Rで浜ちゃんがマイウェイを外回して届かんかったので工夫して乗ってくれると信じた。東京の長い直線で末脚爆発してくれると。
 ○ギュスターヴクライ:不得手と思われる中山ですらサダムパテックから0秒1差、東京なら、なんだけど外枠が…。
 ▲トーセンレーヴ:前走で底が見えた感がしないではないか、3着までなら。
 △カーマイン:前走の差し切りは時計面でもお見事。
 △ウインバリアシオン:この馬はワタシのマイホース、ずっと追っかけてたんだけど今回はユーイチJじゃなかったのが不幸やった(けどアンカツJが乗ったことがこの馬の幸運やったりして)。
 △リフトザウイングス:ちょっと難しいと思うけど橋口厩舎でハーツクライなので。

 馬券はショウナンマイティから馬単流し、3連複はトーセンレーヴ、3連単はギュスターヴクライと2頭軸。

 道中かなりスローペースで浜ちゃんが先に動いちゃったのがどっしり構えて乗ってハマったアンカツJとの差か運か。ショウナンマイティは最後脚上がっちゃったような感じ、逆にウインバリアシオンは矢のように伸びて最後方から上がり最速の33秒6でぶっこ抜き、ユーイチJではしないような乗り方やった。しかしウインバリアシオンはこれがベストの条件をずっと走れなかったってのもある。ラジオNIKKEI杯は久しぶり、きさらぎ賞はオルフェーヴルですら負けたくらいやから展開合わず、弥生賞は枠とスタート、こここそが本性発揮の場ではなかったか。いずれにせよこれでダービーの人気馬になることは間違いなく、ユーイチJにとっては痛い痛い騎乗停止やった訳。2着にはまさかのショウナンパルフェ、ってこっちが4番人気でウインが6番人気かい、節穴かこの眼は。トーセンレーヴは見立て通り3着やったが、ギュスターヴクライが4着、ショウナンマイティが5着では馬券作戦失敗、九州は遠いわ。

 昨日:0勝5敗▲12000円   ノーホーラ、やっちゃった…。

 
335  それで今日挽回できれば即、別府までバイク載せていった所だけど、そうは甘くない天皇賞(春)。
 馬場は稍重やけど行った馬ばっか残ってた、本番もこれではたまらんと思ってたが和田Jがやってくれた、良かったか悪かったか。

 ◎エイシンフラッシュ:追い切り推奨馬、パドックでも素晴らしい馬体に見えた。59kgで大阪杯をレコードの3着、叩いて上昇しており定量で距離も伸びるここではヒルノダムールに負けようがないと思った。枠が外なのは確かに気になったが、良いポジション獲ってくれると信じて買った。
 ○トゥザグローリー:これも好調維持、馬も良く見えた。距離云々はやってみんと分からん、先行して突き放すんやから例年の天皇賞にぴったり、1番人気も当然だろうねー。
 ▲ペルーサ:これは正直半信半疑、もうすっかり怪物性も薄れたし。スタートの心配はしてないけど日経賞からの上積みに期待。
 △ローズキングダム:どう考えても3200mってイメージじゃないんだよなー。
 △ナムラクレセント:展開ドンピシャ、ローズキングダムより長距離適性あると思う。
 △ミスキャスト:内枠と先行力とデキの良さで一発。
 ×マイネルキッツ:じわっとトゥザグローリーに迫る怖い追い切りやったけど8歳馬ということを冷静に考えたら3着までか。
 ×コスモメドウ:ステイヤーの意地見せろ。
 ×コスモヘレノス:上に同じ。

 ヒルノダムール:上述の通り。2000mでレコード出す馬が3200mは勝てん。
 ジェントゥー:この手の馬は買わない。
 マカニビスティー:土砂降りなら買おうかと思ってた馬、実はパドックで良い馬だと思ってしまった、マジで。
 トーセンクラウン:常識的に考えて無理だろ。
 ゲシュタルト:距離長い。
 ジャミール:不振モードに入ってる。
 トウカイトリック:あと3歳若かったら。
 オウケンブルースリ:終わってる。
 フォゲッタブル:今日の最下位(去年の1番人気馬が!?)。
 
 馬券はエイシンフラッシュから馬単、3連複はペルーサ、3連単はトゥザグローリーと2頭軸。

 まぁ、なんと激しいレースやったことか、これが長距離の醍醐味やな。まずはナムラクレセントがスタート出遅れたこと、ハナ切ったゲシュタルトがどスローで逃げたこと、トゥザグローリーがスローは分かるがいきなり最初の坂に行く前に掛かっちゃったことが複合的な原因だろうね。1周目の下りでもまだ折り合えなかった四位Jはペースを握りに行ったコスモヘレノスすら制して先頭に立って落ち着かそうとしたが、それを許さずナムラクレセントの和田Jが中団から向こう正面で一気にハナに立って観客を沸かせた。元々折り合ってなかったが、これに釣られて更にローズキングダムが完全に終戦、ヒルノダムールは最初から我関せずで中団の前目でぴったり折り合ってる、エイシンフラッシュはなんとかなだめられて折り合ってる、マイペースで行ってるのが小牧Jのマカニビスティーと川田Jのトウカイトリック。終始先行してたのはマイネルキッツ、怖い怖い。直線に入って突き放そうとしたナムラクレセントであったが、ワタシ的には4角回り終えて猛然とスパートかけたウチパクJのエイシンフラッシュが勝ったと思った。んだけど内からするっと抜け出てきたのが藤田Jのヒルノダムール、勢い衰えぬどころか最後まで意地を張りきってエイシンフラッシュを弾き飛ばして前走無冠の帝王を返上したかと思ったらあっと言う間にG1ウイナーになっちゃった。藤田Jの好騎乗が光ったレースやった。半馬身差2着のエイシンフラッシュはヒルノダムールとは枠順の差、しかしダービー馬の意地は見せた、今日は勝ち馬が強かったのでしゃーない。1馬身半差の3着にナムラクレセント、長距離は騎手の腕だとすると和田Jは巧いということ。馬の力を存分に発揮した騎乗やった、だいたいこの馬は毎日王冠でウオッカと一緒に走るような馬じゃないんだっつーの。1馬身1/4差の4着になんとマカニビスティー、後方からぼっこり開いた内を猛チャージ、ダート王返上か。5着に離れた最後方から上がり最速の35秒1でクビ差にまで迫ったトウカイトリックでした。6着はマイネルキッツ、ゆったり行けての粘り込みならもう少し上の着順やったかも。7着ビートブラックは今の実力通りか。8着のペルーサは見せ場が全くなかった、距離自体が適ってなかったか。果敢に参戦したジェントゥーが9着、オウケンの10着は復活とは言わんだろ。終始折り合い欠いたローズキングダムが11着、トゥザグローリーに至っては13着でした。

 コメント。藤田J「この馬をG1馬にできたことが一番嬉しい」。昆センセ「勝てる自信はあった、馬に迫力が出てきたので強い調教は要らなかった、ダービーを勝ったくらいに嬉しい」。ウチパクJ「悔しいなー、レースとしては手こずりました。馬は良くなってます、次もやってくれると思います」。福島センセ「道中スローだったので上がっていったんだろう、正解でした」。小牧J「直線行けるかと思った、もう少し雨が降ってくれたらもっと良かった」。四位J「スタートが良かったために前に壁が作れなかった、ナムラに来られたのが痛かった」。ノリJ「レースの流れがムチャクチャ」。

 さー、宝塚記念で巻き返すのはどの馬か。ルーラーシップにブエナビスタも出てきたら更におもしろくなりそうやけど果たして。

 
 本日:2勝5敗▲10020円/19500円   やっぱ九州自粛。

 今日の当たり馬券:京都9Rの舞鶴特別、トウショウフリークの馬単。昨日のピューターと言い先週のゴルトブリッツと言い、強い4歳ダート馬がどんどん出てきたぞ。
 京都最終Rのいぶき賞、グレープブランデーの馬単。今の所3歳最強ダート馬かな。芝も走れるし、ダービー狙う?

 
 来週土曜日は東西でダービートライアル、NHKマイルCと両にらみの馬が多いな。
 京都新聞杯はレッドディヴィスで仕方ないでしょ、ダービーと関係ないけど。
 プリンシパルSは勝ち馬だけってのが辛い。しかしどっちにも登録してるトーセンレーヴは情けない。出てきたらアイヴィーリーグを買いたい。
 NHKマイルCにツルマルレオンの登録ないな、アイヴィーリーグ出れるかな? ここではエーシンジャッカルを狙いたいがアイヴィー次第。
 新潟大賞典はアドマイヤメジャーかマイネルゴルト、よう分からんわ、当たった記憶もあまりないし。

 明日はダイオライト記念、今までは1400mとか使ってたら今度は層の薄い2400mを使ってきたスマートファルコン、キングスエンブレムから1点だけ買う。

 
 ではワタクシ明日はお休みとなっております、お仕事の方は無理せず流していきましょう(ヲイヲイ)。
 それでは良いGWを。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年4月27日 | トップページ | 2011年5月4日 »