« 2011年4月24日 | トップページ | 2011年4月27日 »

2011年4月26日 (火)

JR岐阜駅前の金の信長像

 永禄十年(1567年)「井の口」から「岐阜」へと地名を改めた織田信長公は、楽市楽座など、新しい政策を取り入れ、岐阜のまちの発展に尽力しました。
 マントを羽織り、右手に種子島(鉄砲)、左手に西洋兜を持ち、まっすぐ前を見つめるこの像は、常に次代の最先端を歩き「変革」を目指した信長公の夢を象徴しており、都市再生を図る岐阜のまちの未来を表現するものとなっています。

 平成二十一年九月二十六日
 岐阜市
 寄贈「信長公の銅像を贈る会」(市制一二0周年記念)

---------------------------

 
 はい、何のこっちゃさっぱり分かりませんでしょうから画像と共に楽しんでもらいましょ。
 GW前なので手抜きで画像のみだ。

 以前、岐阜の大垣の方に仕事で行った帰りにJRの岐阜駅を電車内から見てたら、金ピカの信長が居たのでちょっと驚いた、次に行く機会があればなぁ、と機会をうかがってたらついにその時が来た、イヒヒ。
Photo_2
 こんな感じでJR岐阜駅の北側の広場に建てられてる。

 UPでどーじょ♪
Photo_4 Photo_5 Photo_6  
 これがJR岐阜駅前で一番高い建物、最近できたような高層マンション。
ちょっとアートな感じにの写真に仕立ててみました。
Photo_7
 夕方17時くらいだったんだけどあまり人が居なかったのはそれが岐阜ってこと(失礼なことを)???

 何でも信長って訳じゃないだろうけど「信長ゆめ階段」ってなんやねん。
47
 と、帰り際に長良川から引いたというキリッと冷えた「岐阜のおいしい水」をごきゅごきゅ飲んで名古屋に向かって行った4月某日の夕方でした。
Photo_8
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月24日 | トップページ | 2011年4月27日 »