« 2011年4月10日 | トップページ | 2011年4月16日 »

2011年4月12日 (火)

広島deお好み焼き「お好み焼き おと屋」さんのお好み・そばW・肉・玉子・生イカ800円

 先月広島に引き継ぎ出張で行った話。
 ちなみに明後日からまた行くんだけどね、とほほ。
 同行してくれた広島の営業マンが、お好み焼きが食べたいと言うお客さんには必ず連れて行くという地元人御用達のお店。
 かなり必殺のお店だと思う。

 
409  ・お好み焼き おと屋:お好み・そばW・肉・玉子・生イカ800円

 場所は全然分からん、かなり細々とした所にある店なので。
 しかし最寄り駅で言うならJR広島駅から3駅の新井口(「しんいのくち」と読みます「あらいぐち」ではナイ!)ではないかと思う。
 画像では分かりにくいが、マンションの1Fなんだが、手前は駐車場で店の向いはエロホテル、間違って行く店じゃない。
 この店に行く、という人しか行けない店だね。
 讃岐うどん巡りに通じる物がある。

413  お品書きを見てクレイ、お好みのそばが600円でこれが肉・玉子入り、そばの追加が100円に生イカ入で+100円で計800円って訳。

 この店がどうしてお勧めなのかというと、このそばが何と生麺なのである。
つまりは茹でてから鉄板で焼く、これはワタシの関西でのお好み焼き経験でもない。  
 
 4人でお昼前に入ったのだが、お客さんはまだ来ておらず。
 お店はカウンターでも食べられるが、テーブル席もある、今回は我らはテーブル席。

411 412  注文を請けておばちゃんが一気に焼き始める、その手際の良いことったらない。
 こて(「てこ」やったっけ、「へら」とは言わんよな、って前このネタやったな)の音が心地良い響きになるのだねぇ。
 この画像がそばを焼いてる所の物。
 ちなみに焼かれてる麺はケチャップで味付けされてるのは意外。
 4人で行ってるから生地が4枚でそばが4玉なのね。
 そんで最後に卵を割ってならして生地と麺を載っける、美味そうじゃ。

414  待つこと15分(野菜が多いから焼き上がりに時間が掛かるのだ)、お皿で出されたのがこれ、本当は鉄板で食べたいんだけど4人じゃーねー。
 たっぷりの青さの上にネギ、ほうほう。

 こっちのお好み焼きにはそれなりに食べ方があって、知らずに行くと驚かされる。
 見て分かるように既にソースは塗られてるのだが、食べる前に更にテーブルの上にあるソースをダバっとかける、もちろんオタフクソース(カープソースも好きじゃ)。
 オタフクはワタシにとってはかなり甘めなので、同じくテーブルにある激辛のソースをワタシもダバっとかけて一味唐辛子を更にもりもり振りかけて食べる(なんてったって「ギロチン」が好きなワタシですので)。

 どれどれ、おおおおおおおおおお、確かに麺がメチャクチャ美味い!!!
 蒸し麺じゃないから麺の弾力性がゴムのようにある、なるほど一推しするはずや。
 広島のお好み焼きは関西みたいに生地をあまり、つかほとんど使わないのでキャベツの食べ応えもある。
 どうでもいい話だが、子供の頃はイカ玉一辺倒だったが、大人になると豚が入ってないと脂の旨さがないので物足らん、だけどイカは好きじゃ!

 そばWだったので思ったよりボリュームもあって満足、つか美味い!!!
 だけどもう一回行けと言われても行けないお店なんだよねー。
 あ、よく見たらテントに電話番号が書いてある、これでカーナビで行けるな、って広島では車は使わないんだよねー、ザンネーン。

 
 本当はビール呑みながら食べたいんだけどねぇ、しゃーないのでまたお昼に連れてってもらおうっと♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月10日 | トップページ | 2011年4月16日 »