« チューリップ賞&オーシャンS当たり馬券解説 | トップページ | 東北地方太平洋沖地震 »

2011年3月 6日 (日)

弥生賞ハズレ馬券解説

 いやー、今日は良い日だった♪
 競馬って素晴らしいですね。
 

100  では弥生賞、ここで抜けた馬が出てこないともう終わりや。
 プレイが逃げるのか、でも逃げて終わるはずがないので、やはり差し馬から買う。

 ◎ウインバリアシオン:ただの差しじゃなくて、先行差しを狙う。-8kgは絞ったものと解釈した。切れる脚がないのはきさらぎ賞で分かったので、5番手くらいにつけて早めの競馬を。
 ○ギュスターヴクライ:中山より東京だと思うけど、今の勢いを買う、人気も全然なかったし。
 ▲ショウナンマイティ:外枠がキツい、けどこの馬のメチャクチャな末脚を狙う。
 △サダムパテック:ここから買うのが正しいけどつまらん、出遅れてくれ。
 △ターゲットマシン:ちょっと胡散臭いが無敗だしね。
 △デボネア:京成杯は時計も速くて評価できる。
 
 ルーズベルト:兄がエジソンってギャグか? 父リンカーンやったらもっとおもろいのに。
 アッパーイースト:先行してどこまで。
 プレイ:善戦マン、強いと思わないんだよねー。
 オールアズワン:あの追い切り見たら買えんわ。
 トーセンマルス:今日の最下位。
 
 馬券はウインバリアシオンから馬単とギュスターヴクライから同じ所へ馬単、3連単は2頭軸。
 
 ターゲットマシンはレース前に終わってたね、ザンネーン。ゲートが開いてオールアズワンがヨレてウインバリアシオンが内に切れ込んでサダムパテックをサンド、もっかいウインバリアシオンとサダムパテックがぶつかったからか、ウインバリアシオンは後方から。ショウナンマイティはもさっと出て最後方。で、ハナを奪いに行こうとしたのがターゲットマシン、天然のすることは分からんわ(カッチーのことね)。アッパーイーストとやりあって、後ろのプレイにとってはラッキーやったか。サダムパテックは好位置確保、本当はここにウインバリアシオンが居るはずだったんだけど、あの馬は運もないと。インにデボネアが居て、外にオールアズワンが掛かって終戦、ギュスターヴクライにウインバリアシオンに最後方ショウナンマイティ。直線に入って粘るアッパーイーストを内からデボネアが交わして先頭に立ったが、外からじわっとプレイ、それより勢い良かったのがサダムパテック、好位置から競馬ができたのが良かった、1番人気に応える快勝。2着に半馬身差で何とかデボネアを競り落としたプレイ、みくびってたな。3着にハナ差でデボネア、京成杯2着はダテではなかった。4着にクビ差で上がり最速の34秒0であわやの所まで来たショウナンマイティ、5着にハナ差アッパーイースト、アタマ差6着に差し届かずのギュスターヴクライ、ウインバリアシオンは早めに進出したが位置取り悪く7着まで、あたた。無敗で臨んだターゲットマシンはなんと最下位、同じ天然者でも岩田Jとカッチーの大きな違いだね。
 しかし枠順組み替えてもっかいレースしたら結果はもちろん違ってくる。
 本番でもサダムパテックは人気になるかと思うが絶対ではないと思った、要するに今年は何が勝ってもおかしくないくらいにレベルが低いのがより鮮明になったってこと。

 コメント。岩田J「スタートでぶつけられたが落ち着いてくれた」。西園センセ「休み明けで次はもっと良くなる」。松岡J「かなりうるさかったね」。中竹センセ「いやー、惜しかった、2着だったらダービーまで賞金加算できたんだ!」。

36  後はスプリングSと毎日杯と若葉Sか。
 リベルタスにリフトザウイングにベルシャザールに、今日のアルメリア賞を快勝した遅れてきた大物、トーセンレーヴが注目だね。

 
 本日:3勝4敗△34300円/16500円   ムッフフ。

36s S  今日の当たり馬券:今日2戦組まれてたオーブン戦、まずは阪神10Rの仁川S。ワンダーアキュート鉄板もタガノジンガロか、美味しくない馬券やった。それにしても2年ぶりのカジノドライヴが2番人気なのには驚いた、普通買うか!?
10r  そして中山10RのブラッドストーンSのナムラカイシュウの馬単。これは前走出遅れながらも差し切った末脚を買ったらキッチリ差し切ってくれた、ラッキー♪
Photo S_2  で、更に阪神メインの大阪城Sの3連複。2頭軸が1-2でオートドラゴンが3着に突っ込んできてくれて助かった。ホワイトピルグリムやったら泣いてた。
 そして極めつけは阪神最終R、なーんちゃって、あんなん当たる訳ないって。5-13-14番人気の決着で3連単200万馬券、勝った大先生も苦笑いしてたもんな。

 
 さて次開催。
 阪神SJはタマモグレアーか。
 中京記念は騎手次第でサンライズマックス、シルクアーネストも買う。
 アネモネSは小粒、週中新聞見て考える。
 フィリーズレビューは出てくればハブルバブル。
 中山牝馬Sは混戦、去年のクラシック組を買う。

 
 さー、では今週は水・木・金と広島出張、身体持つかいな、とほほ。

 

|

« チューリップ賞&オーシャンS当たり馬券解説 | トップページ | 東北地方太平洋沖地震 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/51049279

この記事へのトラックバック一覧です: 弥生賞ハズレ馬券解説:

« チューリップ賞&オーシャンS当たり馬券解説 | トップページ | 東北地方太平洋沖地震 »