« 有馬記念ハズレ記念解説 | トップページ | 2010年讃岐うどん巡りその9 »

2010年12月27日 (月)

「手打ちうどんたぬき」さんの冷かけ(大)450円

290  先々週の今年最後の出張で東海地区行ってきた話、つまりは愛知県。
 一月か二月に一回は知多半島の武豊に行くんだけど、ここはまぁ、本当に何にもない所で、お昼なんて駅から5分のショッピングセンター内にある寿がきやで290円のラーメンを食べる位しかないのである。

037  ところがこの夏くらいに名鉄知多武豊駅東側出口徒歩1分の所にどうにも讃岐うどんみたいな店を発見した、手打ちっぽいし。
 発見した時は定休日で行けなかったんだが、その後は時間帯が合わず、食べること適わなかったが、今回丁度仕事が終わったのが正午過ぎだったので、まさにお昼時に入店したのがこの店。

 
1216  ・手打ちうどんたぬき:冷かけ(大)450円

 「ゆめたろう」っていう幟が出てたからそういう名前かと思ってた、だってどこにも店の名前書いてないんだもん。
 だが「手打ちうどんたぬき」って名前が判明。
 あー、すっきりした。

Photo  入口で大将が手打ちしてたので、まぎれもなく本格派のお店だ。
 店に入るとセルフ式、讃岐のうどん屋さんですね(釜玉やってるもん)。
 トッピングもゲソ天とかあるし、しょうがにネギに天かす、あまつさえ蒲鉾まで自分で入れられる。
 更にこの店のやる気を見たのは、冬なのに「冷たいかけ」もやってること。
 こりゃかなり自信を持ってるんでしょう。
 本場香川でも冬に冷かけやってる店少ないもん。
 まぁ、焼うどんはご愛敬。

 お昼を境にサラリーマンが入ってきた、ワタシはビジネスマンなんで違うんだけど(しつこいって)。
 もうすっかり地元の味になってるんだねー。

450  で、「冷やかけ」(大)を注文して、〆たての麺に冷たい出汁をかけてくれた、トッピングは蒲鉾2枚にネギに天かすにしょうが。

 どれどれ、どんな麺じゃらほい。
 おおおおお、四角い麺だが角がない、剛麺系だが口に入れた時の感触がシルクのような。
 噛みしめたら二重食感でくにゅ系でもある、弾力性あって力強い、美味いじゃ~~~ん♪
 出汁は讃岐のいりこひりひりではないが、鰹が利いててこれはこれでイケる。
 美味い美味いとあっちゅう間に感触。
 香川行ったら10軒は食べ歩くから、急にエンジンに火が点いて、お代わりしそうになった。

 
 いやー、本当にしっかりした麺出しますよ、この店。
 行って欲しいんだけど絶対誰も行かねぇだろうなー、惜しい!!!

|

« 有馬記念ハズレ記念解説 | トップページ | 2010年讃岐うどん巡りその9 »

コメント

手打ちの麺だと全然違いますよね!
美味しそうだなぁ。

投稿: のり | 2010年12月28日 (火) 14時29分

のりさんはノリさんですか???
なんのこっちゃ、ははは。

手打ち、美味しいですけど、打ちたての〆たてが美味いので、意外と賞味時間は短いんですよ。
香川に一度行ってみて欲しいですねー。

投稿: 日月 | 2010年12月28日 (火) 15時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「手打ちうどんたぬき」さんの冷かけ(大)450円:

« 有馬記念ハズレ記念解説 | トップページ | 2010年讃岐うどん巡りその9 »