« 京都新聞杯&毎日王冠ハズレ馬券解説 | トップページ | 「餃子の王将 宝塚IC店」さんのギガントチャーハン861円 »

2010年10月11日 (月)

白山大賞典&東京盃&南部杯ハズレ馬券解説

1011jpn1  ほとんど何もしない一日やった、南部杯なんだけど祭日ってそういうもんでしょ?。

 今日は「勇午」~フィリピンODA編~をまとめ読みしてよくよく勇午ってばトラブルメーカーだと思った。
 今は勇午の交渉人以前の高校生時代から~台湾編~が始まってる。
 「別府」と言うだけあって大分出身やったとはねぇ。

 
 ま、余談。

 
 交流重賞3つをまとめて。

 Photo 3 3_2 まずは10月5日の白山大賞典から。
 ◎パワーストラグル:交流重賞はかつての実績馬より勢いのある馬を買うってことで連勝中のこの馬を狙ってみた。
 ○コスモファントム:今年の3歳馬のダート馬は弱いとの持論。
 ▲ロールオブザダイス:何か調子上がってこないんだよねー。
 △フサイチピージェイ:前走復活の兆しがあったので。
 
 と、やはりJRA馬中心で組み立ててみたが、結果は逃げた地元のジャングルスマイルを馬ナリの手応えで交わしたパワーストラグルが6馬身差の圧勝、は良いんだけど、2着にそのまま金沢のジャングルスマイルが粘り込んじゃって、小波乱。3着にコスモファントムが1馬身半差に入ったが、着差的には完敗。4着にフサイチピージェイで5着にも地元馬のネヴァデザートが食い込んで、ロールオブザダイスは6着。しかし前走1.5秒差で圧勝してたジャングルスマイルを甘く見すぎてたのは反省。でもここんとこ地元馬が馬券に絡んだことなかったからねぇ。

 
Photo_2  続いては翌6日の東京盃。
 ◎ミリオンディスク:あくまでサマーウインドに逆らう。っつか、やっぱ藤岡兄弟を頭に馬券は買いにくいでしょ。こんな人ワタシだけじゃないはず。
 ○サマーウインド:ハッキリ言って楽勝でしょう、完全に勝負付け済んでるんだもん。JRAの現役バリバリだからねぇ。
 ▲スーニ:こないだのサマーチャンピオンが酷い競馬やったからなぁ。それに距離もベストじゃないし。
 △アナモリ:前で決着するので遅れて差してくると思うけど、好きなんで。
 ×ヤサカファイン:前日の反省から馬券に加えてみた、地元馬ではこれでしょう。

 サマーウインドが直線で突き放したかと思いきや何とヤサカファインが突っ込んで来てサマーウインドにハナ差まで迫ったのには驚いた。連日地元馬が2着に入って波乱を演出、ひぇ~~~。3着に2馬身差のミリオンディスク、4着にも地元馬のナイキマドリードが入って5着のスーニ、6着のアナモリのJRA勢を食っちゃった。ちょっと今後の馬券作戦を変えねばならんな、藤岡Jのことも含めて。
 ちなみに3歳牝馬で果敢に挑戦した三浦J騎乗のステラリードは最下位でした。

 
Photo_3 1011jpn1_2 Jpn1  で、今日のマイルチャンピオンシップ南部杯、Jpn1です。
 ◎エスポワールシチー:一応本命にしたけど、ネット映像で見ても太い!!! +15kgってなぁ。だけど他に勝てそうな馬も居ないので、しゃーない本命。追っかけてるってのもあるしね。
 ○セレスハント:エスポワールからの馬単がテスタマッタで2.3倍、セレスで6.5倍、崩れるとしたらテスタマッタかと思ったが…。
 ▲テスタマッタ:まだかなぁ。
 
 メイショウバトラー:オーロパークとの相性がとても良いけど、流石に10歳牝馬ではねぇ。
 アポロノサトリ:高橋亮かと思いきや高松亮くんでしたー。
 グランシュヴァリエ:今日の最下位(だと思うよね、この成績だと、だって3.2秒、2.1秒、1.6秒、3.4秒、負けてるんだよ)。
 バーディーバーディー:だから今年の3歳馬は強くないって。
 ジョインアゲイン:あ、こっちが最下位か、5.1秒、4.2秒、6.7秒、2.5秒、4.8秒負け。これでG1に出てくるのが終わってる、岩手勢もちょっと頑張ってくれ!!!
 クロスウォーター:聞いたことないが、北海道競馬から参戦、難しいと思うなー。
 コロニアルペガサス:3歳牝馬では。
 オーロマイスター:本来なら相手で買う所だけど、2500円しか残ってなかったので。でも2着付けだろうね。
 マヨノエンゼル:本当はこの馬がもっと伸びてこないといかんのだけど。

 馬券はエスポワールシチーから馬単2点。

 逃げたのはセレスハント、2番手にオーロマイスターが付けた、ヤバっ。3番手にエスポワールシチー、テスタマッタは中団。3角から4角でマクリかけたのが何とグランシュヴァリエ、先頭に並びかける。セレスハントは失速して、オーロマイスターの末脚が炸裂、エスポワールシチーは反応鈍く、グランシュヴァリエは交わしたが、前には届かず。1分34秒8のレコードでオーロマイスターが重賞初制覇にしてJpn1制覇、と言うことはクリールパッションが出てたら勝ってたってこと??? エスポワールシチーは3馬身差で完敗もそういうデキやったってことでしょう。しかしゼニヤッタが19連勝とか言ってるのに大丈夫かいな。で、3着に2馬身遅れて驚きのグランシュヴァリエが入って3連単で131万馬券と大波乱、ブービー人気だもんな。それにしても地方勢が本気になってきたのならそれは良いこと、じゃないと「交流」重賞の意味がないもんな。4着に1馬身1/4差で恐るべし10歳牝馬のメイショウバトラー、いつまで走るねん。5着に3馬身遅れてバーディーバーディー、こんなもんだろ。6着に前が詰まったテスタマッタでした。セレスハントは9着に沈んで、最下位はジョインアゲインではなくてアポロノサトリでした。

 
 10月5日:0勝1敗▲3000円

 10月6日:0勝1敗▲3000円

 本日:0勝1敗▲2500円

 
 ついにオッズパーク資金が底を突いたか、久しぶりにお金入れてきまーす。
 
 次回は10月21日のエーデルワイス賞、この時期の2歳重賞か…休むか。

Jpn1_2  では今日は盛岡でも特派員Mから良い月が出てるとの情報が来てますのでグダグダと呑ませていただきます~~~。
 

|

« 京都新聞杯&毎日王冠ハズレ馬券解説 | トップページ | 「餃子の王将 宝塚IC店」さんのギガントチャーハン861円 »

コメント

 日月さんこんばんは。さっき北海道から自宅へ戻ってきました・・・・。ばんえいを含めて競馬は全くしませんでした。
 金曜日に神戸で前泊し、土曜朝一の便で札幌へ・・・・。余市にあるニッカウヰスキーの工場で試飲を楽しみました。
 昨日は富良野へ・・・・。スイーツが美味しかったです。
 今日は札幌をブラブラ。海鮮丼とタラバカニの炭火焼で〆ました。
 残念だったのは、天候にあまり恵まれなかった事と、思った以上に食べられなかった事です・・・・。歳をとった事を痛感しました・・・・。もう少し日数が有れば・・・・。
 次回が楽しみです。

投稿: hirotti | 2010年10月11日 (月) 22時43分

hirottiさん、おはようございます。
ニッカで試飲して海鮮丼とタラバガニの炭火焼き???
何ともゴージャスでうらやましいです。
連れていってもらいましたらワタシが替わりにガッツリ食べますけど???

投稿: 日月 | 2010年10月12日 (火) 09時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/49712883

この記事へのトラックバック一覧です: 白山大賞典&東京盃&南部杯ハズレ馬券解説:

« 京都新聞杯&毎日王冠ハズレ馬券解説 | トップページ | 「餃子の王将 宝塚IC店」さんのギガントチャーハン861円 »