« 2010年10月2日 | トップページ | 2010年10月7日 »

2010年10月 3日 (日)

スプリンターズSハズレ馬券解説

 今日は競馬づくし、朝の4時半からレッドディザイアの出るフラワーボウル招待を観て、雨の中阪神までバイク走らせて、夜は凱旋門賞だよ。
 馬券売れっちゅーの。
 レッドディザイアは一旦先頭に立ったが、追い不足もあったんでしょう、最後差されて3着に終わったけど、デザーモも交わされてからは追ってなかったし、一回叩いた本番は勝てるんじゃない?

 
088  ではスプリンターズS。
 先行激化と踏んで、差し馬を狙いたい。

 ◎ダッシャーゴーゴー:前走フロックとちゃうで、追い切り特選馬、更に調子上がってる。坂路の駆け上がりが凄いし、阪神でも勝ってるから当然中山でも勝てる。持ち時計がない? そんなもん時計の出る馬場使えばタイム出るっちゅーの。とにかくいい加減、弱い短距離界の世代交代してくれ。
 ○ワンカラット:前走、二つ落鉄しながらも勝ってしまうあたり本物でしょう。馬ナリで直線に入ってきたらあっさりがあっても。問題は騎手がG1勝ったことないってことか。
 ▲グリーンバーディー:59kgで前走あの脚やもん、そりゃ買いたくなるよね。馬体もセントウルに比べて全然良くなってるし。末脚炸裂か。
 △キンシャサノキセキ:重賞4連勝はダテじゃない、疝痛の取り消しは気にしない。外枠をどう克服するかだな。
 △サンカルロ:高松宮記念の豪脚の再現を期待。頭はなさそうやけど2-3着なら十分。
 △サンダルフォン:中山0.0.0.5はこの際置いておく。ハマった時の破壊力は凄まじいので一発期待。
 ×プレミアムボックス:6ヶ月ぶりでこの舞台はキツいかもしれんが、人気薄で狙うならここ。
 
 アイルラヴァゲイン:今となってはダートの方が良いんじゃないの?
 ビービーガルダン:ちょっとピーク過ぎた感じ。
 ウルトラファンタジー:いきなり日本に来て勝っちゃうのか? それに先行激化と読んでるので潰れちゃうかと。
 ローレルゲレイロ:今年の使い方がムチャクチャ過ぎる、残念だがこれもピーク過ぎてる。
 ファイングレイン:パドックでの気合いの乗りだけは良かった。
 ヘッドライナー:ペースメーカーとして何がなんでも行って欲しかった。
 マルカフェニックス:G1ではどうしても壁がある。
 ジェイケイセラヴィ:ここんとこの充実ぶりは凄いが、来たらごめんなさい。
 ウエスタンビーナス:今日の最下位。

 馬券はダッシャーゴーゴーから馬単流し、3連複はグリーンバーディー、3連単はワンカラットと2頭軸。

 押して先頭切ったのがウルトラファンタジー、ちょっと行きすぎたと思ったか、抑えた所をローレルゲレイロとビービーガルダンが並んでローレルゲレイロが交わして行った。ジェイケイセラヴィも好位で続き、ワンカラットは中団、スタートで跳んだキンシャサが折り合い欠きながら続き、グリーンバーディーが居て、ダッシャーゴーゴーは後方の内、サンカルロはケツから2番目、サンダルフォンは最後方でここからハマるか。3角から4角でローレルゲレイロは何もできず失速し、ウルトラファンタジーが先頭に立つ。追いかけたのがジェイケイセラヴィ、外からキンシャサが進出、ダッシャーゴーゴーは最内突いて一気にチャージ。なかなか詰まらないウルトラファンタジーとの差をこの馬だけが最速の33秒5で迫ったが、ハナ差届かず。勝ち時計1分7秒4と優秀な時計で香港の8歳馬が後続を封じ込めて勝ってしまった、ウルトラファンタジー恐るべし。でー、2着のダッシャーゴーゴー、リプレイ見たら確かに川田Jは直線でインに切り込みすぎて吉田豊Jの進路妨害しとるわ。サンカルロはあの不利があって、上がり2番目の33秒6を使って前に迫ったから巧く捌けてればウルトラファンタジーに並べたかも。でも2着は1馬身3/4差でキンシャサノキセキ、ウルトラファンタジーを捕らえるより、粘るジェイケイセラヴィを捕らえたって感じ。で、3着が半馬身差まで来たサンカルロ、陣営には後味悪い結果やね。4着に降着のダッシャーゴーゴー、高松宮記念はこの馬で決まり。5着にクビ差で伸びきれなかったワンカラットでした。ジェイケイセラヴィは見せ場たっぷりのの6着、グリーンバーディーは勝負所でごちゃついて追い切れず7着、ビービーガルダンは先行しながら何もできずに沈んで10着、サンダルフォンは大外から自分の競馬に徹したがハマらず11着、ローレルゲレイロはもうちょっと突っ張って欲しかったが、無抵抗で14着に激敗でした。

 コメント。川田J「馬券を買っていただいた皆さん、申し訳ありません、すいません」とかなり凹んでいたそうです。四位J「一回使っていれば…、でも悲観する内容ではない」。大久保センセ「うーん、残念、一番肝心な所だったからねぇ」。藤岡センセ「ハミが抜けた、時計も速かった」。グリーンバーディー陣営「今日のペースだともっと前に居たかった」。アンカツJ「状態は良かったけど、ごちゃごちゃした所に入ってしまった」。

 しかし直線で突き放されるとはねぇ、勝った馬は強かった。
 でもダッシャーゴーゴーも惜しかった、これで3歳馬のレベルの高さは証明された、とっとと世代交代してくれ。
 ここに5歳馬が出てないって所があの世代のダメダメさを表してるな。
 さぁ、ヴィクトワールピサにはそのハイレベル3歳世代を世界レベルに引き上げてもらいましょうかねー。

 
 本日:1勝7敗▲10260円/20500円   はふー。

 今日の当たり馬券:中山最終Rのバクシンオーメモリアル。当然のシルクフォーチュンの馬単と3連単。あのレースは逃げた馬がそのまま2-3着に入ったのを見ても、完全前残りの展開。なのに3角あの位置で、4角を安全策で大外ぶん回し、なのに最後1馬身1/4差付けて楽勝してしまうんやから、あの馬はどっかおかしい。2着のハイエモーションの上がりが36秒9、勝ったシルクフォーチュンの上がりがそれより2秒速い34秒9、凄すぎる~~~。もうJBCスプリントは間に合わんか。ならば次は距離を伸ばしてどこまで行けるか見てみたい!

 今日の嘆きの馬券:阪神9Rの3連単、ツルマルジュピターとサワヤカスズカが逆だよ! 阪神11R、雨でテンシノマズルを1秒ちぎったパントクラトールの最下位、とほほ。阪神最終R、馬単の裏炸裂。

 
 今日は昨日と一転、ユーイチJと小牧Jがさっぱりやった。
 次週の京都開催でまた復活して欲しい。
 京都大賞典はもっかいアドマイヤメジャーを狙いたい。誰が乗るんやろ? 大先生はフォゲッタブル? スマートギア? ユーイチJはベストメンバー? 騎手見て考えます。
 毎日王冠にもアドマイヤメジャー登録あるな、確かに2400mは長いのかもしれん。ショウワモダン59kgか、そんでここにペルーサが出るのか、これも誰が乗るんでしょ? 異色の対戦やなー。

 
 さぁ、今夜はまだ終わらない、ナカヤマフェスタとヴィクトワールピサの好走に期待。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年10月2日 | トップページ | 2010年10月7日 »