« ベトナム放浪記その8(最終回) | トップページ | 札幌記念当たり&レパードSハズレ馬券解説 »

2010年8月21日 (土)

「ラーメン日本一」さんのド根性ラーメン850円&「らーめんなか房」さんのらーめん400円

 暑い毎日ですが、いかがお過ごしでしょうか。
 こう暑いと素麺とかあっさり系に走りがちだけど、それでは栄養も足らんし、冷たいのばっか食べてると胃腸にも良くないよ、だからラーメンなのだ、つけ麺じゃなくてラーメンなのだ!!!

 とか言いながらいつもラーメンなラーメンマンなんだけどね。

 水曜日は午前中に仕事で京都に行くことになってたので、終わらせてからのお昼はいつものように京都ラーメン♪
 最近、一乗寺に進出してたが、どこで食べても美味いのが京都のラーメン。
 北区の方(金閣寺方面)に久しぶりに攻め入ろうかと思った。
 で、つらつらとネット検索してたら、今まで忘れてたこの店の存在を思い出した、行かなくちゃ!!!

 
068  ①ラーメン日本一:ド根性ラーメン850円

 ネットで検索して出てくるのは北山店の方なんだよね、詳しく知りたい人は面倒くさいけど検索してクレイ。
 謳い文句は「京都名物ド根性ラーメン! なんと!普通のラーメンの2倍以上! 焼き豚がまさに日本一の山、富士山の様にそびえたつ。味も絶品! 京都の方だけじゃなく、観光客や修学旅行の学生さんもうわさを聞きつけてやってくるとか…普通の餃子の7個分はある名物ド根性餃子(一人前3個)も大人気! 両方とも時間内に食べると特典があるので胃袋に自信のある方はぜひお越し下さい!」、です。
 このド根性ラーメン2杯を20分で完食したら無料、3杯を40分で完食したら以後、何食べても永久に無料、わはは。失敗したら実費、これは当たり前。
 別に2杯食べに行くつもりじゃなくて、単にどれくらいの量か知りたくてね(後日2杯食べに行くための下調べだったりする、ウフフ)。

 と、期待して着いたは良いが、何と改装中で休み、あちょー。
 なので、当初行く予定だった「タンポポ」に行こうかと進路を変更。
 ぐるりと大きく左にUターンする形になって南へ下ろうとしたら「ラーメン日本一」の看板が!?
 ううむ、ド根性ラーメンの幟も立ってるじゃないか、どゆこと???
 見逃す手はないので、再び胃袋を勝負モードに戻していざ行かん!

Photo  お店に入って名詞? を見たら裏に地図が載ってた、それがこれ。やはり同じ店なのね。
 なるほど、大きく左にUターンすれば行く訳だ、これは運命やったか。

072  でもこのお品書き画像を見てもらえば分かるが、値段が違うし(ド根性で50円安い)、2杯チャレンジもやってないっぽい、そんでド根性餃子が見当たらん。

 ま、ええわ、注文はド根性ラーメン、麺堅で!!!

070 071  どん! ド根性ラーメンです。
 上からだとイマイチ分かりにくいので、横から撮ってみました、更にどん!!!

 麺2玉入ってるそうだが、それに加えてこれでは隠れて分からんが、チャーシューの下に実はもやしが1袋分くらいもっさり載っかってる。
 そしてこの食べ応えあるチャーシュー、上にある塊は端切れの寄せ集めみたいなのであるが、実はこれが美味い!
 ワタシは麺派なので、まずは麺から食べたいが、掘り返さないと出てこない。
 何とか箸でひっくり返したが、中太な麺はしっかりしててスープにも合ってる。
 そのスープはとんこつよりも鶏ガラが濃い感じのクリーミーなスープ。
 キワモノ系かと思ってたけど、普通に食べても美味しいんじゃないの???
 とにかくもやしが多いので、非常に食べ応えがあったが、1杯なら楽に完食だね。
 1杯1.5kgあるという話やがホンマかいな、そうかいな???
 2杯か、体調が万全なら20分完食は可能でしょう、そう思ったド根性ラーメンでした。

 あ、一つ付け加えると、上に載ってるチャーシューの塊は冷たいので脂が固まってるから、一旦スープに浸けて温めて食べた方が良いでしょう(またどーでもええ情報を…)。

 
069  ②らーめんなか房:らーめん400円

 これは同じくネットで調べてて、夏は(8月~9月)は限定でらーめん400円で提供してるとのナイスな情報を得たので行くことにした。
 それは良いんだけど、この店はハッキリ言ってメチャクチャ行きにくい、カーナビも上手く誘導してくれないし、表通りではないから一方通行だらけでなかなか辿り着くのは至難の業だと思うなー。
 HPにあった「地下鉄烏丸線鞍馬口駅 2番出口下車徒歩3分」で行くのが正しいかと思われます、事実駐車場も無いしね。

074  店の入り口にちゃんと張り出してるじゃん、らーめん400円、それに17時から定食注文したらカレーサービス! それと何と「素らーめん」もやってるぞ!!!
 まぁ、鳥取の「素ラーメン」とは全然違う、具ナシの「素」ラーメンなんだろうけど、おもしいろいねぇ。

 カウンターに座ったが、これがまた火のそばだったので暑い暑い。
 らーめんを注文、麺が太いか細いかを訊かれたので太いの堅麺でオーダー。
 14時前だったのでカウンターに学生さんが1組居たが、後ろにあるカレーをガシガシ食べてた。
 学割? じゃなかったらお昼も定食頼んだらカレーサービスなんかな?
 どっちにしろもうそんなに食べれんけどね。

073  待つこと5分、らーめん400円です。
 
 って、これが「素らーめん」ちゃうの??? って思うくらいにシンプル。
 まぁ、400円で頑張ってくれてるんだからチャーシューが何枚も載ってる訳にはいかんだろ。
 大将は屋台で修行してこの地に10年前に店を出したそうであるが、なるほど鶏ガラで取られた重たい感じの醤油スープは屋台の味っぽい。
 全体的に懐かしい感じの味だねぇ、いかにも京都ラーメン的な背脂チャッチャではないけれども、濃厚鶏ガラ醤油ってことではこれもまた京都ラーメンでしょ。

 
 しかし小ぶりな丼で良かった、ド根性から少し時間が経ってたので、完全に満腹中枢刺激してたもんな。
 さー、これで2杯イケそうな手応えは掴んだので、いつでも挑戦したいと思います(しねぇって)。

|

« ベトナム放浪記その8(最終回) | トップページ | 札幌記念当たり&レパードSハズレ馬券解説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/49209764

この記事へのトラックバック一覧です: 「ラーメン日本一」さんのド根性ラーメン850円&「らーめんなか房」さんのらーめん400円:

« ベトナム放浪記その8(最終回) | トップページ | 札幌記念当たり&レパードSハズレ馬券解説 »