« 日本ダービー&目黒記念ハズレ馬券解説 | トップページ | 2010年讃岐うどん巡りその6 »

2010年6月 1日 (火)

尾道ラーメン三部作「ラーメン タケ」・「フレンド」・「東珍康」さん

 しつこくGWネタ、因島でしまなみ海道を一旦降りて村上水軍やら本因坊秀策やらをぼらぼら観光してたらお昼前になった訳。
 前回(調べたら06年でした)尾道に行った時はどこもかしこもラーメン屋さんが行列してて閉口した(特に有名な「朱華園」って店は50mくらい並んでた、アホや…)ので早めに行くことにした。
 で、因島から向島に渡るのにしまなみ海道以外にルートはないかとぐるっと回ってみたが船も橋もなく、しゃーなし再度ほんの1kmほどしまなみを渡ったらこれがあーた、750円も取りやがんの、ここまでで2900円も橋に使ってんのに更にこの仕打ち! この距離で750円はないだろと嘆いたワタクシでした。

 とにかく向島に住む友人と合流して観光客の居ない美味しいラーメン屋さんに連れてってもらったのだ。

52 850  ①ラーメンタケ:半チャンラーメン850円

 向島なので混んでる訳ない、こりゃ盲点だね。流石に観光客も島にまでは食いに来ないってか。
 11時開店と同時に入店、1番客だ。チャーハンが美味いというので半チャンにしたが確かにしっかり味が付いて美味いじゃーん。
 ラーメンはスタンダードな尾道ラーメンって感じ。鶏ガラに魚介の旨味に平打ちの細麺、ここは背脂少な目、だけど久しぶりやん尾道ラーメン!

52_2 Photo 600  ②宇宙一おいしいラーメン フレンド:大盛チャーシュー600円

Photo_2  向島から尾道に渡る。これは本当にたいしたことない距離なのでそこらじゅうから渡船が出てる画像は船尾)。しかも行ったり来たりを繰り返し、つまりは日常の足。3分くらい乗る船はちょうど着いた所で待たずに乗れた、その額なんとたったの80円、しまなみとの落差激しすぎやん。なんとも味わい深いことよ(だけど4年前は60円だった…)。
 そうして渡った尾道で案内されたのがここ、リトルグレイと一緒に写真を撮れちゃう店「フレンド」。
 名前の由来はさっぱり分からんが、駅から結構東にある店で、繁華街の外れにあるので観光客の波は押し寄せてない、流石地元人御用達の店。それでも10分は店内で待った。
 ここは間違いなく昔スナックを営んで居られたのだという造りで何だか笑える。
 そして出てきた大盛チャーシュー、こちらの方がラーメンとしてはより美味い、やっぱポイントは背脂だよなー。
 麺もかん水使ってないからそれも好き、最近は極太のつけ麺とか流行ってるけど、細麺はよくスープに絡むのでワタシは好きじゃ。

 
 食べ終わったら12時くらいだったので、急いで天皇賞を買うためにWINS広島へ向かうのであった。

53 650  ③東珍庚(とんちんかん):ラーメン(大)650円

 日が変わって翌日5月3日になってます。
 ②を食べた後、大急ぎで山陽道に乗って広島に着いたは良いが、1時間80km程走って1500円、ヲイヲイ、とっとと1000円にしてくれよ、ぼったくりもええとこやん。なのに広島中心部に行くための都市高速みたいなのにほんの10分程乗ったらこれがまた500円も取りやがる、全くひでぇ話や。で、天皇賞はボコられて半泣きよ。
 翌日、平和記念館に行って神妙になってから呉に行ってまた戻ってきた尾道で食べたのがこの店。
 かなり有名な店で(駅から歩いて行くのは絶対無理)、山陽道に乗るのにR2から北上した所にあるが、行きの時に見たらまさにお昼時だったので長蛇の列ができてたが、この日は15時過ぎてたので空いてたら食べてみようとまたR2を北上したの。なのにやっぱり並んでた。でも10番目くらいやったのでせっかくだから食べてみることに(なにがせっかくじゃ、食べる気満々なくせに!)。
 ここは普通のラーメン屋さんかと思いきや、中華料理屋さんですね。メニューがとにかく豊富なの。
 でも皆注文するのはほとんどがラーメンなんだよなー。
 水が美味いからスープも美味いと言ってるように確かにスープは美味い、とんこつ・鶏ガラ・野菜・だし昆布等、だけど意外にあっさりした味で、そこをやっぱり背脂で旨味を付加してる訳だ(ここのは特に玉がでかい)。
 チャーシューも厚めでそのラーメンは3軒の中では一番美味かった。
 やっぱ行列ができる店だけのことはあると思った次第でした。

 
 これ食べ終わった後はひたすらR2を東に東に進んで(高速代払うのにムカついたってこと、意地やね)、家に着いたのが何と22時。
 平和記念資料館を9時過ぎに出てこの帰宅時間、時は金也なのかライディングプレジャー(何言ってるワタシ!)なんか微妙な所やけど、GWはバイクで満喫したってことで良しとしておこう。

|

« 日本ダービー&目黒記念ハズレ馬券解説 | トップページ | 2010年讃岐うどん巡りその6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/48517869

この記事へのトラックバック一覧です: 尾道ラーメン三部作「ラーメン タケ」・「フレンド」・「東珍康」さん:

« 日本ダービー&目黒記念ハズレ馬券解説 | トップページ | 2010年讃岐うどん巡りその6 »