« NHKマイルC追い切り「私見」 | トップページ | NHKマイルCハズレ馬券解説 »

2010年5月 8日 (土)

京都新聞杯&新潟大賞典&プリンシパルSハズレ馬券解説

 快晴、メチャ気持ち良い天気でした。
 だーけーどー、朝はいつもと同じ時間に起きちゃった、休みの朝くらい9時まで寝てみたいんだけどねぇ。
 二度寝ができた訳でもないのでちょっとストレス溜まってた所に、医者に行ったら(あ、別に病気ではありません)、1時間待ちで薬も30分待ち、ますますイラっと来る。
 ここで馬券が当たっておれば少しはスッキリするんだが、そうはいかないんだよなー。

 
Imgp9974  では京都新聞杯から。
 結構前に行く馬が多そうなので後ろからでも届きそうだけど、外回すのは得策ではなさそうだ。

 ◎ネオポラリス:ムーニーバレーがちょっと凄い差し切り方やったので。距離も2400mこなしてるし問題なかろう。
 ○ゲシュタルト:スプリングSではローズキングダムに先着、皐月賞でも最後の直線も結構粘ってた、先行して残るならこれか。
 ▲レーヴドリアン:どうしても後方一気しかできないのでいくら京都の外回りとはいえ前を残す可能性が高い。もちろん突き抜ける力はあるが。
 △コスモファントム:4ヶ月ぶりでいきなりからどこまで走れるか。
 ×シャイニーナイト:毎日杯4着、逃げて上がりもしっかりしてる。
 ×シルクアーネスト:鋭い上がり持ってるので。

 ハードダダンダン:行って潰れそう。
 カミダノミ:神頼みじゃねー。
 ブレイクアセオリー:メイショウウズシオを買わないからこれ買う訳には行かん。
 アドマイヤタイシ:未勝利勝ちでは。
 モズ:札幌組がそもそも怪しい。
 カネトシパサージュ:ハマってどこまで。
 マコトボイジャー:前走で見限った。
 プレファシオ:ダート馬だろ。
 アドマイヤテンクウ:前走-20kgなのに更に-16kg、絶対おかしいので最下位。
 アキノグローブ:買える要素がない。
 メイショウウズシオ:馬体回復は良いけど、善戦マンなんだって、決め手もないし。

 馬券はネオポラリスから馬単、押さえで馬連、3連単は2頭軸。

 モズとシャイニーナイトが行って、コスモファントムがそれを見て、ゲシュタルトは外から先行、ネオポラリスは中団、レーヴドリアンは付いて行けてない馬を除けば最後方。ネオポラリスは終始折り合い欠いてるようで、坂の上りでもまだふわふわしてた、ダメだこりゃ。直線に入ってコスモファントムに先頭が変わったが、ゲシュタルトがしぶとく伸びて最後は1馬身1/4突き放して完勝、追って34秒3とこんだけ良い脚使うとはねー。2着にコスモファントムが粘り込んだけど、次走の上積みより距離が一杯の印象を受けたな。3着は一頭だけ脚色が全然違ってワタシはゴール前で届いたと思ったんだけど、33秒9の脚でもハナ差及びませんでした、3連単サヨウナラ~~~。4着のメイショウウズシオと5着のブレイクアセオリーはそのままなだれ込んだだけって感じやったな。ネオポラリスはブービー負けでした、すんません…。
 ゲシュタルト、伏兵としておもしろい存在に…ならんか(今回は相手が強すぎるため)。

 
Imgp9973  その前に行われた新潟大賞典。
 いつから新潟開催始まってたっけ? てなくらいにレースを見たことないが、感想としては、ずいぶん砂が舞い上がってるなってこと。前掛かりで行く馬が多いので差しを狙いたい。

 ◎ニホンピロレガーロ:前走の勝ちっぷりといい、何てったって去年の2着馬だし、速い時計の決着もOKなのでここから。
 ○サニーサンデー:先行激化なので番手で競馬してくれ。
 ▲マイネルスターリー:ちょっとケチ付いてるけど、持ち時計もあるし、左回りもOK。
 △チョウカイファイト:左回り巧者、末脚確実なのでここでもやれる。
 △トリビュートソング:グラスワンだーだし、オースミグラスワンの再現あるか。
 △セイクリッドバレー:古馬になってからチョイ足らずなんだよなー。

 シャインモーメント:東京で2連勝だし、キングヘイローだし太宰Jだし買ってもいいけど、イマイチ食指が湧かんかった。
 レッドアゲート:日経新春杯が何の気まぐれか。
 ベルモントルパン:難しいだろうね。
 エーシンコンファー:49kgでも今日の最下位。
 アグネススターチ:ペースメーカー。
 サンレイジャスパー:いつまで走らせる?
 タマモサポート:この着順続きでは。
 マイネルシュピール:11着-11着で今回も11着なんじゃない?って言おうとしたらホンマに11着やった。
 デストラメンテ:得意の舞台で復活あるか? ないと思うけど。
 ゴールデンダリア:重賞勝つならとっくに勝ってるでしょ。

 馬券はニホンピロから馬単流し、3連単2頭軸。

 49kgのエーシンコンファーとアグネススターチが競ったことで、ずぶずぶの差し展開になって、ドリジャニを抑え込んだのがフロックではなかったことをゴールデンダリアが証明しちゃった。1分57秒7って時計も速っ! 外からねじ伏せられてしまったのでしゃーねーなー。2着に1馬身差でセイクリッドバレーが勝ち馬と同じ最速の33秒8で来た。3着は3/4馬身差で33秒9の上がりでニホンピロレガーロ、上がりの上位3頭での決着。4着アタマ差でマイネルスターリー、5着に半馬身差でデストラメンテでした。
 全く悔しくもない馬券やったな。

 
Imgp9975  おまけでダービートライアルなのでプリンシパルSも印だけ。
 1頭だけダービーってずいぶん厳しい条件になっちゃったなー。先週までだったら大外一気は苦しいので好位から競馬したい所。

 ◎マルカボルト:ワタシは幻の皐月賞馬と呼んでた、何で皐月賞トライアル使わんかったんやー。
 ○ルーラーシップ:後方一気の馬じゃないのに速い上がりを繰り出せるのがこの馬の怖い所。広い東京は条件ピッタシ。
 ▲ダイワファルコン:勝ちはないけど東京も走ってるし、弥生賞だけ走れば。
 ×ミカエルビスティー:テンション高いなー。
 ×スティルゴールド:一応、逃げるものとして買った。

 マルカボルトから馬単2点、押さえの馬連に3連単2頭軸。

 マルカボルトが軽快に逃げて、直線手前で他馬を引きつけた時、直線で更に伸びるための布石かと思ったんだよねー。実際ルーラーシップが来た時、2頭のマッチレースになるとばっかり思ったが甘くはなかったです、ハイ。好位付けから33秒7の脚で4馬身ぶっち切りで1分59秒1とこっちも好時計勝ち、これがこの馬の真の能力やったか。2着にクォークスターが突っ込んできて単勝190円ながらも馬単2290円も付いた。3着に1馬身半差でバシレウス、4着ヤングアットハートに、5着がダイワファルコン。マルカボルトは7着に沈んだ、ひでぶっ!
 しかしノリJ、明日はサンライズプリンスで勝つし、ダービーはそりゃペルーサ乗るやろうけど、手の内みんな知られてもうたがな。関西の騎手もしっかりしてくれい。

 
 本日:1勝5敗▲10480円/16000円   明日々々。

 今日の当たり馬券:京都11Rの3連複。

 今日の嘆きの馬券:特になし。

 
 さー、NHKマイルCはサンライズプリンスがどんな勝ち方するのか楽しみだ、リルダヴァルで対抗してみるが。

 では休みボケしてるが明日こそしゃっきりしたいと思います。
 

|

« NHKマイルC追い切り「私見」 | トップページ | NHKマイルCハズレ馬券解説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/48306293

この記事へのトラックバック一覧です: 京都新聞杯&新潟大賞典&プリンシパルSハズレ馬券解説:

« NHKマイルC追い切り「私見」 | トップページ | NHKマイルCハズレ馬券解説 »