« 金鯱賞ハズレ馬券解説 | トップページ | 尾道ラーメン三部作「ラーメン タケ」・「フレンド」・「東珍康」さん »

2010年5月30日 (日)

日本ダービー&目黒記念ハズレ馬券解説

 まー、人気の盲点での決着となったダービーもワタシ的には番狂わせ感はないな。
 だから戦前から言ってたように2強で決着することはないし、混戦ダービーだって。
 なのでデキの良さを強調したいし、展開面も考えたんだけど、想像以上の脚を使われてしまいました。

 
277 Imgp0033  では何とか天気は持った日本ダービー。
 青嵐賞がスローすぎて参考にはならんかったが、次のむらさき賞でも上がり34秒0が出てたように馬場は悪くはない。
 これだっていう逃げ馬は居ないけど、スローにはならないのがダービーでしょ、だけど前崩れで最後方一気が決まるとはとても思えないので、好位置から爆発的な脚を使う馬を買いたい。

 ◎ヒルノダムール:追い切り特撰馬。皐月賞みたいな競馬をして欲しいんじゃなくて、若駒Sや若葉Sみたいな良い位置に付けて競馬して欲しい。そこからでも十分末脚炸裂してくれるはず。
 ○ルーラーシップ:若駒Sでヒルノダムールと好勝負をしてるし、アルメリア賞での勝負根性、毎日杯はノーカウント、プリンシパルでは広いコースでついに爆発。今回も好位置に付けてキッチリ弾けてくれるでしょう。
 ▲ペルーサ:死角ってあるの? 若葉Sではヒルノダムールを抑えたけど、あれは勝負のアヤ、再戦すれば分からん。だけどそれはあくまでマッチレースになればの話で、強豪達がひしめき合うレースでは何があるか分からんので。 
 △ヴィクトワールピサ:ワタシはこの馬が果たして東京向きなのかどうかがイマイチ掴みかねてた。中山での一瞬の脚は東京では使い所が難しいのではないかと。現に新馬戦でローズキングダムに長い脚を使えずに負けてるし(ここまであら探ししなくても…)。
 △エイシンフラッシュ:当初はワタシの定義する「前目で爆発する」って定義からは外れるけど、追い切りがあまりに良かったのと、パドックで溜息漏れるほど良く見えたので追加した。
 △ローズキングダム:当初は挫石で買うつもりはなかったが、木曜追いが全然良かったので中山よりは東京向きであるし、前目で爆発できるポイントに合致してるので買った。
 △リルダヴァル:追い切りも動いてたし、ユーイチJも今回が一番良いと言ってたし、前目で炸裂する脚もあるし。
 ×ゲシュタルト:追い切り推奨馬、先行して抜け出した京都新聞杯はダテじゃない。

 レーヴドリアン:あの追い切りでは買いたくないし、最後方から大外ぶん回して来るとも思えないので。
 サンディエゴシチー:追い切りでも述べたが、いつ走ってもおかしくないけど、ダービーで馬券にはなるまい。
 コスモファントム:京都新聞杯で明らかに最後距離で垂れたので。
 アリゼオ:ペースメーカーになってもらいましょう。
 トーセンアレス:今日の最下位。
 ハンソデバンド:見るも無惨な追い切り。
 メイショウウズシオ:良くなるのはもっと先でしょ。
 シャイン:どう考えてもマイルまで。
 トゥザグローリー:この馬ももっと先、古馬になってからだろ。

 馬券はヒルノダムールから馬単、ルーラーシップから馬単、押さえでペルーサを馬連、3連単は2頭軸。遊び馬券でWC馬券でプラティニ(エイシンフラッシュの母父)とペルーサ馬券に、今日はたまたま使ってたのが青えんぴつに青ボールペンと青尽くしだったので4枠の馬単折り返し。ダービーだからこういうのもアリだろ。

 いきなり落馬しそうになったのはハンソデバンドの蛯名J、ヒルノダムールに影響がなくて良かった。隣でもっさり出たのがペルーサ、いきなりしんがり、しめしめはしめしめなんだけどね。アリゼオとシャインとコスモファントムが予想通りの先団形成、しかしまさか1000mを1分01秒6で行くとは!? 去年の超不良馬場より遅いよ、ありえねー。この段階でペルーサはないな。すると先行抜け出しで良いハズなんだけど…。先行集団を見て何故かトゥザグローリーが続き、ヴィクトワールピサとゲシュタルトが併走してるんだけど、一目瞭然で岩田Jが折り合えてない、これは厳しいな。で、その後ろで凄く良く見えたのがルーラーシップとローズキングダム、エイシンフラッシュはやや後ろ目、ヒルノダムールは折り合いは抜群も位置が後ろ過ぎる、ワタシの狙いとは違う! 3角から4角でルーラーシップがヴィクトワールピサの前に出て、これは勝ったかと思った。ペルーサは大外回って上がっていく。直線に入って横一線になって、ゲシュタルトとトゥザグローリーの間がぽっかり開いたのでプリンシパルの脚が使えたのならルーラーシップがスパッと割って出るはずだったんだけどエンジンが掛からない。隣でスピードに乗ったのがローズキングダム、一旦先頭に出る。ペルーサは内に刺さろうとしてノリJ追えず、そこで内からひっそりとエイシンフラッシュが!? 何と32秒7と切れに切れて快勝、ウチパクJお見事。ぶっつけ皐月賞3着から更に上昇してたのは間違いなかったが、まさかここまでの脚を使うとは思わんかった、負けた。2着に32秒9でクビ差ローズキングダム、代打騎乗の後藤Jよく乗った。馬体重が少しでも増えてたのは良かったし、東京の長い直線が合ったってことでしょう。3着に1馬身3/4差で粘るトゥザグローリーとゲシュタルトを抑えてヴィクトワールピサ、掛かりっ放しってのと東京初めてってのと岩田Jの緊張もあったか。4着にクビ差ゲシュタルト、だから混戦だって。5着にアタマ差で最後の最後にエンジンが掛かって追いついたものの時すでに遅しのルーラーシップ、四位Jのテン乗りが問題があったとは思わん。6着に1馬身1/4離されてペルーサ、つまりローズキングダムとエイシンフラッシュも通った所に差があったかとも思われる。エイシンフラッシュの場所までがベストポジションでそこから外は伸びあぐねる馬場であったのでは? じゃないと内に行ったトゥザグローリーが最後まで粘ったことの説明が付かん。ヒルノダムールは更に大外を回らされたので藤田Jとしても不本意な9着、前に行くと思われたリルダヴァルは後方から行って外回って12着でした。これじゃダノンシャンティが出てても勝負にならんかったし、もっとタラレバで言えば実は勝ったのは前に行って長く良い脚を使ったサンライズプリンスかも知れんな。

 コメント。ウチパクJ「責任を果たせて良かった。人間歯を食いしばって頑張ればいつか良いことがある」、含蓄のある言葉を述べてはります(笑)。藤原センセ「今思うとタスカータが後押ししてくれたのかな…」。橋口センセ「頑張った、巧く乗ってくれたよ。最高の競馬をしてくれた、ホント悔しいけど良い競馬だった」。岩田J「全部が噛み合わなければダービーは勝てないね」。長浜センセ「今までのがフロックではないのを証明してくれたんじゃないかな、秋が楽しみ」。四位J「すんなり行けたらなー、悔しいなー。これから成長してくるんじゃないかな」。ノリJ「馬のデキそのものは最高だった、結果は仕方ないよ。出たくたって出れないこともある、10万人の前に出たら馬もビクビクするよ」。戸崎J「凄く良い馬に乗せてもらいました」。池江郎センセ「私にとってこれが最後のダービーです…」。昆センセ「ああいうパターンになるとしょうがない、あそこまでスローになると…。前に行けないと競馬は苦しいね」。ユーイチJ「もう少しペースが速くなってくれれば良かったけど…」。

 馬も良かったけどウチパクJの騎乗には参りました、盛岡のMさん、良い酒呑んでますかぁ???

 
276  続いてはとんでもなくつまんねぇレースになっちゃったんでスルーすらしたい目黒記念。
 1000m63秒のスローペースを最後方追走する岩田J、よほどダービーで動揺してたか? 訳分からんわ。

 ◎トップカミング:戦前の話では岩田Jメチャメチャ自信あったそうですよ。
 ○ミッキーペトラ:なんつったって坂路48秒8やもん。
 ▲モンテクリスエス:長距離は歓迎もこの馬には上がりが速すぎるか?
 △コパノジングー:これが勝つようだと(勝っちゃうんだけど)よほど深刻だわ。
 △アルナスライン:11ヶ月ぶりで58kgで、恥ずかしいが名前だけで買った。
 ×トウショウデザート:内から掬うか?

 スマートステージ:前走みたいに最後方からでは届かんだろ。
 フェニコーン:1000万勝ちで(3着に来てますけど)?
 マキハタサイボーグ:今日の最下位。
 ピエナグッドラック:51kgでも7ヶ月ぶりでは(ならアルナスラインはどうする)。
 イケドラゴン:51kgでもありえねーな(ありえてるし)。
 ナイアガラ:要らんだろ、常識的に。
 
 馬券はトップカミングから馬単、ミッキーペトラを馬連で押さえて、3連単は2頭軸。

 スタートしてナイアガラにトップカミングは脚引っかけられたんかな? じゃないとあの位置取りと末脚のなさはおかしい、何もできずに終わる馬ではない。ま、いいや。とにかくイケドラゴンがどうしようもないペースで逃げて2着に粘り込んでコパノジングーが33秒3の末脚で差し切った。3着にフェニコーンだよ、4着にスマートステージだよ、ウオッカメモリアルもウオッカが泣くわ、ダービーと比べてとんでもないグダグダなレースだったわ、悲惨。

 
 本日:2勝5敗▲10860円/22500円

 今日の当たり馬券:京都メインの鞍馬Sの馬単、一番つまらん馬が2着に来ちゃった。それと京都最終のサウンドアクシスの馬単、アナモリの末脚恐るべし。

 今日の嘆きの馬券:そりゃダービーでしょ、当たると思ったんやけどねぇ…。また一年かけて出直します。

 
 来週はこれまたグダグダな安田記念。あまりにもどうしようもないので珍しく外国馬買います。マルカフェニックスとエーシンフォワードが狙いと言ったら狙いか。
 ユニコーンSはバーディーバーディーか、我ながらつまんねー。

 しかしプロスアンドコンズが走ってたのにも驚いたけど、5月2日に1400mを一回使ってたとは知らんかった(12着)。今日も12着、新馬戦でダービー馬の2着がこれやもん、競馬は難しいわ。

 それではウチパクJに完敗、いや乾杯(ベタな)!!!

|

« 金鯱賞ハズレ馬券解説 | トップページ | 尾道ラーメン三部作「ラーメン タケ」・「フレンド」・「東珍康」さん »

コメント

 日月さんこんばんは。私の方は京都競馬に限れば、本命決着が多かった事もありソコソコプラスでしたが、波乱続きの東京が全くカスリもせず・・・・。さらに日本ダービーはいつものGIより2割増しの金額で勝負したので、トータルではややマイナスながら少しばかり傷口を広げる結果になってしまいました・・・・。
 今日の日本ダービー、私は昨年(アンライバルド)の雪辱を岩田騎手に晴らしてほしく、ヴィクトワールピサから相手にペルーサ、ルーラーシップ、ヒルノダムール、トゥザグローリーの相手4頭に馬連、ワイド、3連複1頭流し、3連単1着固定の馬券を、さらに+αでヴィクトワールピサからペルーサの馬連1点を千円分購入しましたが・・・・。最後の直線で負けを確信しました・・・・。
 ちなみにエイシンフラッシュ、ローズキングダムは買えず・・・・。エイシンは前走3着の皐月賞はマグレだと思い込んでしまい、さらにローズキングダムは挫石のアクシデントを聞いて買えませんでした。
 日月さんの馬券拝見しましたが、馬券を外したとはいえこの2頭を押さえているのは凄いです・・・・。
 目黒記念はモンテクリスエス本命も8着では・・・・。プレミアムレース未だ的中0のまま・・・・。プレミアムレースは馬券を当てること自体「プレミアム」なのか・・・・。
 来週の安田記念、リーチザクラウンをどう扱うか悩みます。前走の復活は本物かマグレなのか・・・・。さらに外国馬の取捨が鍵になりそうですね。

投稿: hirotti | 2010年5月30日 (日) 20時20分

hirottiさん、どうもー。
やっぱダービーは燃えますね。
しかしここ数年の大荒れ模様から一筋縄ではいかないと思ってましたが、人気の盲点でしたねー。
まぁ、京都を的中させてるんですから良しとしましょう。

しかしウオッカメモリアルと名前が付いた目黒記念は目を覆うような悲惨なレースでした。

安田記念もスカスカなメンツなのでまじめに考えるのはもったいないですね。

投稿: 日月 | 2010年5月31日 (月) 13時36分

こんばんは。
コメントありがとうございました。

日月さんもヒルノダムールからでしたか。
自分も過去の戦績から人気2頭を負かすのはこの馬かと思ったんですが、あの流れであの位置からは苦しいですよね。

心情的な本命はリルダヴァルでしたが、外目の後方追走で大外を回すという昨日のレースでは一番勝ち目のない騎乗になってしまったのが残念です。

内で我慢して一気に伸びてきたエイシンフラッシュと内田騎手の騎乗も見事だったし、
流れに乗って強気の競馬であわやと思わせた後藤騎手の騎乗も男前でしたね。

(勝ち時計はともかく)やはりダービーは最高ですね。

来年のダービーはどんな馬たちがどんな競馬を見せてくれるのだろうかと期待しつつ、お互い競馬を楽しみましょうか。

それでは。

投稿: ころすけ | 2010年5月31日 (月) 21時54分

ころすけさん、想像を絶する遅さのダービーでしたが勝った馬は強かったです。
血統背景はよく分かんないんですけど、凱旋門賞に行くとか行かんとか?
もう日本のダービー馬としてどんどん世界中に行っちゃって下さい。

次の阪神から2歳新馬戦が始まります。
また自分の馬を見つけたいですね。

投稿: 日月 | 2010年6月 1日 (火) 00時12分

日月さん、おはようございます^^
すっかり「朝の男(笑)」いちご一恵です。(爆)

何分にも「史上最高」メンツで行われたダービーだから、もっと締まった競馬が観たかったですね。
ペルーサ本命の身からしたら、あのスタートの時点で全てが決していました…トホホ。

目黒記念はナイアガラのスタートが全てだったと私は思っています。
スタートを見た瞬間「何をしやがる!」と思ってしまいましたもの(苦笑)

テンションが上がり過ぎていたのか、ちょっと脱力気味です。(笑)
今週は安田記念ですか…メンツがショボ過ぎてテンション上がりませんな~…ちょっと肩の力を抜いていきましょうかね~。

投稿: いちご一恵 | 2010年6月 1日 (火) 07時38分

朝の男、いちご一恵さん、おはようございます(笑)。

スローペースの上がり勝負はどうかとは思いますが、アルカセットの2分22秒1を破られても困りますし、高速決着のNHKマイルC後の馬の具合を考えても、速い馬場はあまり望んでいません。
でもスローペースはまた話が違いますけどね。
ペルーサ、痛恨の出負けでしたね。
でも早め進出で夢は見れたんでは?

目黒記念はスタートで終わりました、ボゲェ、って感じですね。

安田記念…かるーく行っときますか(と言いながら土・日になると燃えるんですけど・笑)。


投稿: 日月 | 2010年6月 1日 (火) 09時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/48497459

この記事へのトラックバック一覧です: 日本ダービー&目黒記念ハズレ馬券解説:

« 金鯱賞ハズレ馬券解説 | トップページ | 尾道ラーメン三部作「ラーメン タケ」・「フレンド」・「東珍康」さん »