« 2010年讃岐うどん巡りその4 | トップページ | 天皇賞(春)ハズレ馬券 »

2010年5月 1日 (土)

青葉賞当たり馬券解説

 本日からGWのためにツーリングに出ております。
 しかし毎年のことですが、この時期は天皇賞と被る、だからJRA施設のある所しか行けないんだよねー。
 ここ数年はうどん食べてWINS高松で観戦後高知へ行って桂浜の竜馬像を見に行くのが通例だったのだが、「龍馬伝」のおかげで人が多そうなのと、毎回高知も飽きてきたってこと。うどんは飽きないんだけどねー。
 で、天皇賞を見たら結局土・日が潰れちゃうので、今回はWINSを変えることでツーリングの幅を広げようと思ったって訳。
 まずはWINS高松から今夜はここ今治にて落ち着いて、明日はしまなみ街道走って尾道でラーメン食べて、WINS広島で観戦予定。
 幸いにも天気だけは良さそうだー。

 
100501_153401  つーことでうどんはさておき、パンパンの馬場で行われた青葉賞、今年から2着までに優先出走権が得られます。
 馬場は内伸び、9Rの八重桜賞でも外からまとめて差しきるかと思われたダノンスパシーバであったが、結局内を通ったシャイニンアーサーに及ばず、枠順も重要なファクターになっちゃったか。この時計が1分33秒4でダノンの上がりが33秒7、高速決着必至。

 ◎ハートビートソング:外枠だろ、ヲイ。いやー、ペルーサ打倒なら無敗のこの馬とあの馬しか居ないでしょ。ゼンノロブロイ×トニービン、勢いに東京巧者、ペルーサより前で運べたら上がりもしっかりしてるので抑え込めんか?
 ○ペルーサ:得意の東京、枠も良いし、死角なんてあるのかしらん。
 ▲トゥザグローリー:-12kgでやっと太め感もなくなってきた。その末脚、どこまで通用するか。
 △レッドスパークル:重賞で強い相手と互角に戦ってきた、一度使ってどこまで。
 ×エクセルサス:距離に関しては全く問題なし。行けばしぶといかも。
 ×トウカイメロディ:上がり33秒台連発。

 ビッグバン:馬見たら良い馬なんだけどねぇ、この血統で芝無理か、ううむ。
 ジョーバリアント:アドマイヤコジーンだしね(出たー、にわか血統派)。
 サクラエルドール:気性激しすぎる。
 アロマカフェ:全戦マンか。
 ミッションモード:まぁぼちぼちじゃないの?
 ロードオブザリング:-24kg。
 コスモエンペラー:逃げたらおもろいけど、ここ2走で完敗してるからねぇ。
 コスモヘレノス:ちょっと相手が強いかな。
 リリエンタール:チーム藤沢&山本英の3頭目、チームプレイとしか考えられん。
 スマートフォーカス:前走凄かったけど、未勝利戦やから。
 ベストブルーム:今日の最下位(これが当たってもねぇ)。
 メイショウエバモア:ダート馬でしょ。

 馬券はハートビートソングから馬単、トゥザグローリーをタテ目押さえて、3連複で保険、3連単は2頭軸。

 まぁ、結果的には放っておいてもペルーサ勝ったやろうけど、チームの1頭、ミッションモードのナイスガイ北村Jが淡々とした淀みのないペースで1000mを1分丁度で逃げたのはナイスアシストであったと思う。あれで前が残ることがなくなったんだから。ハートビートソングはもっさりしたスタートで、中に切れ込んでいくかと思いきや後方待機策、いーーー。ペルーサは道中、リリエンタールに蓋されてたけど、アンカツJはさっさと前に行っちゃうし。中団に居たペルーサをマークしたのがトゥザグローリー。3角から4角でインに張り付いたので内突きかと思わせたユーイチJであったが、直線に入る頃には大外最後方になってた、どないやねん。結局直線まで抜群の手応えで回ってきたノリJが最後手綱を抑える余裕の4馬身差の楽勝、上がりもダントツの33秒8で2分24秒3の快時計をマーク、一気にダービーの本命に躍り出た? 2着に追いかけたが最後力尽きたトゥザグローリー、でもこの馬これからがどんどん良くなる馬だと思うのは皆一緒でしょ。3着にハートビートソングが上がり2番目の34秒1で追い込んできたが、いかんせん位置取り悪すぎ、半馬身捕らえきれずにダービー出走ならず。4着にクビ差でアロマカフェが粘りこんだ。離された5着にリリエンタールでもう一頭のペースメーカーのミッションモードはミッションを完遂して7着、レッドスパークルは追い込んだ訳でもなく13着撃沈でした。
 勝ち方は強いが、今日はアシストが多かったので(しかしええんかいな)本番では鵜呑みにはできんが、強いのは確かでしょう。でもヒルノダムールと互角なんだから、皐月賞組と互角ってことで良いんでない?
 
 結果:3連複770円×600円=4620円
     3連単1880円×100円=1880円

 何と6500円購入して払い戻しがキッカリ6500円という怪現象、なんのこっちゃ。

 
 本日:3勝2敗△980円/11500円   疲れた。

 今日の当たり馬券:東京7Rマイウェイの馬単、京都9Rの3連複。

 今日の嘆きの馬券:特になし。

 
 明日はG2のような天皇賞、こんなメンツなら唯一の牝馬に突き抜けてもらいましょうかねー。
 無事、WINS広島に着けますように。

 
 ちなみに何で今治に泊まるかというと、ここ今治が誇るB級グルメ、「焼豚玉子飯」を食べるためでしたー。
 これは近日UP致しますのでお楽しみを。

 それでは引き続き良いGWを♪

|

« 2010年讃岐うどん巡りその4 | トップページ | 天皇賞(春)ハズレ馬券 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/48236967

この記事へのトラックバック一覧です: 青葉賞当たり馬券解説:

« 2010年讃岐うどん巡りその4 | トップページ | 天皇賞(春)ハズレ馬券 »