« 名古屋麺まみれ | トップページ | 弥生賞当たり馬券解説 »

2010年3月 6日 (土)

チューリップ賞&オーシャンSハズレ馬券解説

 みなさん、見ました?
 ドバイのメイダン競馬場で行われたマクトゥーム・チャレンジ・ラウンド3。
 ワタシは3時にピンポイントで起きてレッドディザイアの大外一気の後、ソッコーで寝ちゃったけど、今日は競馬場でも流れてたね。
 是非ともシーマクラシックじゃなくてWCを獲りに行ってもらいたい。
 しかし、ペリエJは勘違いしないでしないで騎乗して欲しい。あんな博打みたいな騎乗はそうそう決まらん。
 確かに先行有利の馬場であったのかもしれんし、あの脚を使えたのは収穫やったのかもしれんが、勝ちに行くにはやっぱ正攻法で行って欲しいもんだ。
 ウオッカは相変わらず持って行かれてたな、あれじゃラスト保たんわ。
 俄然ウオッカラストランよりレッドディザイアのWC勝利の方が興味湧いてきたって感じか。

G3 3613  で、阪神開催。
 もう朝から雨で寒いしテンションだだ下がり、家競馬で済まそうかとも思ったが、特別戦の前から雨が止んだし、昼寝していくぶん体力回復したので阪神競馬場へ出勤。
 

027 36g3 G3_2  G1馬が始動、のチューリップ賞。
 こんだけ重い馬場なら大外一気は決まらんでしょう、好位で競馬できる馬を買いたい。
 
 ◎オウケンサクラ:こぶし賞の最後の脚はちょっと凄かった。馬場適性なんて走ってみないと分からんからこの際無視ね。
 ○ワイルドラズベリー:紅梅Sは強かったよなー。ついにファルブラヴから大物誕生か?
 ▲ベストクルーズ:崩れないのが強み。
 △アパパネ:また大外引いちゃったし、休み明けで切れすぎる、それにJFのレベル自体が疑わしい。
 △エーシンリターンズ:好位からなだれ込む。
 △ラフォルジュネ:ひょっとしたら大物かもしれんので。

 ナムラボルテージ:稍重で勝ってるけど、中京やしな。
 ヴィクトリーマーチ:うーん、今回はパス。
 マスターセイレーン:1戦1勝ねぇ…。
 オメガブルーハワイ:2戦2勝ねぇ…。
 シルククラリティ:今日の最下位。
 グリューネワルト:前走負けすぎ。
 ショウリュウムーン:稍重で勝ち上がってるけど普通ここから買うか!?
 パミーナ:ダートで良いんじゃないの?
 ストレンジラブ:善戦はするんだろうな。
 
 馬券はオウケンサクラから馬単、押さえで馬連、3連単は2頭軸。

 アパパネは一瞬出遅れたが、そこから行きたがったか行かせたか、蛯名Jは先行集団に取り付くが、何とかなだめる騎乗、口向き悪かったなー。逃げたストレンジラブをワイルドラズベリーやアパパネやエーシンリターンズやショウリュウムーンまでが先行集団を形成。後方集団の先頭にオウケンサクラ、ベストクルーズにラフォルジュルネは最後方、ダメだこりゃ。直線に入ってワイルドラズベリーが先頭に立とうとするが、突き抜けるほどじゃない。アパパネが先頭に立とうとする所を外から何とショウリュウムーン、内からエーシンリターンズの3頭で叩き合い。坂を登ってからもう一伸びしたショウリュウムーンが未勝利勝ちながらG1馬を抑えて快勝、キムタケJやったな! ちなみに小牧Jからこの馬走るぞ、と言われてたそうです。2着に3/4馬身差でアパパネ、休み明けであんだけ前半ちぐはぐでこの競馬、アプリコットフィズじゃなくても蛯名J良かったかも! 3着にエルフィンS勝ちの割に8番人気と不当に人気がなかったエーシンリターンズでした。4着に位置取りの差が出たかオウケンサクラ、5着になんと34秒5の上がりでラフォルジュルネでした、オークスの方がおもしろいのかな?
 何のことはない、キンカメ産句で1-2-3でした、ひでぶっ!

 
026  続いて中山のオーシャンS。
 こっちの方が馬場悪そうだー。

 ◎キンシャサノキセキ:今ではどんな馬場でもこなすでしょう。阪神Cの呆れるくらいの勝ちっぷり見ちゃったからねぇ。何で2番人気なの? 意味分かんなーい。
 ○プレミアムボックス:前走は内突いて前が詰まって追えなかったが(それでも上がり最速)、今回は2番枠でも外に出してくるでしょう、上がり最速でどこまで迫れるか。
 ▲グランプリエンゼル:前に行って粘り込め。
 △アーバニティ:稍重で勝ってるし、ナイスガイ・北村J(笑)
 △ショウナンカザン:これが1番人気なの!? 前走相当恵まれた2着やったけどなぁ。

 ピサノパテック:無理だろ。
 アイルラヴァゲイン:ムラ馬、連続好走する馬じゃないだろ。
 ファイングレイン:近4走で59着。
 シンボリグラン:意地でも買わないぞ、8歳馬。
 セブンシークイーン:格が違いすぎる。
 エーシンエフダンズ:復活の兆しが見えない。
 シャウトライン:-18kg。
 サンクスノート:いきなり重賞勝つの?
 ランチボックス:そこそこやれるでしょう。
 サンダルフォン:終わっちゃったんじゃない?
 エーシンビーセルズ:ヨシトミ。

 キンシャサ確勝、でもこんな馬場なのでやる気ナシに馬単と3連単1頭軸。

 前に行く馬がちゃんと前に行って、キンシャサは中団。直線に入ると内から抜けてこようとするが、エーシンエフダンズが邪魔で負けたかと思ったが、前が開いた瞬間にすっと抜け出て重賞3連勝達成、強ぇえわ。だけどそこから下がさっぱり。2着にクビ差でそのエーシンエフダンズが先行して残っちゃうし、3着はアタマ差で8歳馬シンボリグランがしぶとく伸びた。4着は半馬身差で道中外から上が行った時に突き抜けるのでは、と思わせたプレミアムボックス。5着にクビ差で何とファイングレイン、幸J負けずに良かったな。
 うーん、ちょっとエーシンエフダンズは買えなかったなー、完敗。

 
 本日:0勝6敗▲15000円   当たらん…。

 今日の嘆きの馬券:阪神9Rの丹波特別、穴馬のショウリュウアクトは来たが、3連複の軸に据えたカノヤトップレディが全く走らず。10Rの仁川S、穴馬のシビルウォーは来たが、3連複の軸に据えたネイキッドが全く走らず。

 
 明日は弥生賞、ヴィクトリーピサを負かしたい。

 では良いお酒を。

|

« 名古屋麺まみれ | トップページ | 弥生賞当たり馬券解説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/47740319

この記事へのトラックバック一覧です: チューリップ賞&オーシャンSハズレ馬券解説:

« 名古屋麺まみれ | トップページ | 弥生賞当たり馬券解説 »