« 弥生賞当たり馬券解説 | トップページ | 井上雄彦 最後のマンガ展 »

2010年3月 9日 (火)

2010年讃岐うどん巡りその2

 何度も言うが会社の引っ越しで土・土・日と3日休日出勤したんだが、代休は1日取っていいだけだって、そりゃないよなー。
 で、本来なら2月うどんということで行くはずが、月末はいかん、3月の月初に取ってくれときたもんでい、あらら、早々に今年の毎月うどんの野望が潰えた、あちょー。

018  ま、それなら平日に休み取ってのんびり回っちゃおうと思った次第。
 ところが先週の木曜日はどこからどう見ても天気が悪い、どうやっても雨予報。
 三宮からジャンボフェリーで高松に行って(これが0時55分発で5時くらいに着く)7時からレンタサイクル借りて回ろうと思ってたが、無理っぽい。
 ETC千円の恩恵がない土・日じゃないので走っていく旨味がない。
 ならレンタカーを現地で調達しようかと思ったが、ワタシの愛車「青い巨星号」で行っても2千円くらいしか変わんない。
 じゃ、カーナビの「nav-やん」をせっかく買ったことだし船に車載っけちゃおう。

 
 では朝5時に着いての単独アタック開始!!!

 
34 15070  ①オビカ食品:(小)150円ちくわ天70円

 朝毎回行ってるが、宇多津のさぬき浜街道沿いにある中部卸売市場内の市場で働く人のためのうどん屋さん、だから朝早いのだ。待ちに待ってたうどん一発目なのでちくわ天入れる。ここは完全セルフなので丼に入ったうどん(大)・(小)を自分で選んでテボ(うどんを温める網のような物)で温めてトッピングして出汁タンクから出汁を注ぐ。お勘定は食べ終わってからの自己申告。ま、いつものごとくワタシは麺を一番に考えてるので、麺はそのままで出汁が温かい=ひやあつでいただきました♪

Photo 200100  ②まごころ:(小)200円ゲソ天100円

 さぬき浜街道を更に西へ多度津の方まで行った所にあるここもお馴染みの超大箱セルフ。ここも完全セルフ、今度はゲソ天だ! ここは畳で食べれて新聞も漫画も豊富なので、早朝人が居ない時間帯だと寝っ転がってグダグダ自分の家みたいにできるのが良い所だ←ヲイヲイ。

 
Photo_2 280200  ③山下うどん:(大)280円芝エビかきあげ200円

 1月も行ってる坂出のこの店ですが、ワタシの中ではBEST3に入る別格な店。何度も言うてるが、薪で茹でるワタシが知ってる2店の内の1店。うどんは何でこんな食感になるの!? ってくらいに絶妙。丁度茹でたて〆たての麺にかきあげが揚がった所だったので最強タッグの完成。ここではまずは麺に生醤油をかけてある程度麺の味を堪能してからお出汁をかけてかきあげとともに食べる。サイコー♪

 
Photo_3 200  ④山越:釜玉(小)200円

 言わずと知れた釜玉発祥のお店。場所はへんちくりんな所にあるんだけど(綾歌の方すんまへん)、週末になると観光バスがどんどん来て客がどんどん吐き出されて普通に100mは並ぶ脅威のお店。でも流石に木曜日の開店したての9時では並ばずに食べれました。釜玉良いよねー。

 
Photo_4 1200_2  ⑤池内:1玉200円

 山越から東へ車で3分ってとこか。川沿いの店で、川下に鯉を見ながらうどんを食べることができる! 小麦の香るエッジの利いたずっしりした麺はメチャクチャ硬派と言っておこう。昔は大好きな店の一つだったんだが、数年前の小麦粉高騰以来100円だったうどんが200円と倍の価格に跳ね上がっちゃったんだよねー。もう小麦粉の値段下がってるよ!!!

 
Photo_5 180  ⑥マルタニ製麺:かけ(小)180円

 高松市内に戻ってきた。5年以上ぶりに行ったなこの店。お店の看板が少しきれいになってた。しかし店内は昭和レトロ。近所に麺を卸してるだけあって、麺は確かです。お出汁も醤油味が前に出てて結構好きな味。でも後から入ってきた客は皆そば食べてたのには驚いた。

 
Photo_6 130  ⑦穴吹製麺所:かけ(小)130円

 仏生山のこれまた分かりにくいお店。いつも迷ってるが、今回は「nav-やん」のおかげですんなり。でも曲がり口の所に今度家が建つみたいで、景色が変わりつつある、困ったもんだ。で、9時開店で10時に着いちゃったから出がらしみたいな麺に当たってしまった。出来たてのこの店の麺は何とも言えぬくにゅ系の最高峰なんだけどねー。セルフの店ではこういうことは普通ですので、時間通りに行けなかった自分を責めましょう。

 
Photo_7 210_2 Photo_12  ⑧野口製麺:かけ(小)210円・釜揚げ(半玉)ロハ 新規

 やっぱり市内でコトデン花園駅徒歩3分らしい。家族経営でおじいちゃんもおばあちゃんも健在の昔懐かしい雰囲気、店は新しいけどね。釜揚げが美味いとのことであったが、揚げたてがなくてしゃーなし「かけ麺そのまま」(麺は温め直さないで良いよってこと)注文。骨太で力強い麺だなぁ。完食してほげっとしてたらおばちゃんが「もう釜揚げ揚がるけど食べない?」って言ってくれたのは嬉しいが、これからもまだ食べるし、実は今日8軒目だってこと言ったら引いてた。だけどき気さくなおばちゃんは半分だけおごるから食べていけって、釜揚げ食べさせてもらった。おおっ、美味いじゃん、だけど…ダメ押し!!!

 
Photo_9 1220  ⑨つるいち:ざる(1玉)220円 新規

 旧11号線を今度は西へ、こんな奥まった所にこんなうどん屋さんがあるなんて思わんかったよ、しかも美味いし。ちょっと汁物は辛いのでつるっとざるってみた。何だこの二枚腰の食感は!? 噛んだ瞬間空気が抜けるような感じだけど一本芯が残ってる!!! 一体どんなマジックなんだぁ!? あー、このうどんをうどん好きなあなたに食べさせてあげたい!!!

 
Photo_10 180_2  ⑩大吉:かけ(小)180円 新規

 マックで1時間休憩、内30分は睡眠、お店の方スイマセン。で、今度は市内中心部から東へちょっと行った所にうどん屋さんを発見したので新規訪問。12時過ぎてたけど回転率が良いので生きた麺が出てきた、麺そのままのかけね。ほよ? 何か麺がきしめんとまでは言わないが平たい麺だ、おもしろい! 何ともくにゅくにゅした麺でイケてるじゃーーーん♪ 良い店見つけちゃったー。今度は天ぷら載っけて食べたいなー。

 
Photo_11 170  ⑪地上最強のウドン ゴッドハンド:かけ(小)170円

 大吉から徒歩3分、三越の筋を東に歩けばあります。ゴッドハンドは当初年中無休だったのがいつの間にか土・日・祝休みになってガッカリさせられたのだが、この度年中無休に戻ったようです。1時くらいだったので外れたかと思ったが、何と茹でてるから数分待ってくれとのこと。待つがな待つがな! すっきりいりこの出汁にビシッと角が立った麺が出てきてそりゃ嬉しいけど、流石にもうこれ以上は食べれましぇ~~~ん。

 
 ちゅう訳で3月4日:11軒12.5玉3天ぷら・1卵3新規

 なかなかの成績じゃーん、これで「2月のうどん」が終わったので、土曜にでも「3月うどん」食べに行くぞー。

 ね、栗東のGくん♪

|

« 弥生賞当たり馬券解説 | トップページ | 井上雄彦 最後のマンガ展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/47768468

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年讃岐うどん巡りその2:

« 弥生賞当たり馬券解説 | トップページ | 井上雄彦 最後のマンガ展 »