« フェブラリーS当たり馬券解説 | トップページ | アーリントンCハズレ馬券解説 »

2010年2月24日 (水)

ありえねー盛り、「鰻の新玉亭」うな丼上丼・肝吸い付き(大)

294_2  もうインパクトが凄いのでまずはこのうなぎ丼の上丼(四切・肝吸い付き)の(大)1785円を見てもらおう、なんつー漫画的か!
 大食いの猛者ならずとも男ならワクワクする絵柄ではないか!?
 これを見せられたら行かない訳にはいくまい。

 
 えー、先週はハードな一週間を送っておりまして、月・火は会社の引っ越しの後片づけをしながらも営業活動。
 水曜は日帰りで三重県は津市まで、木・金で名古屋に行くんだから三重に行ってそのまま名古屋に行って2泊しちゃえば良かったと思うんだが、そうなったら今週の月曜に会社に行ったら書類が山積みになってるおそれがあるので、強行軍でも戻ってきて雑事をこなす。
 本当に飛び回った一週間だったが、しかしそこはそれ、ワタシだけの楽しみをしてきたのだ。
 おいおい公開して後悔するが、まずは水曜日に行った冒頭のお店をレポートする。

 
303  とりあえず三重県まで行く、新大阪から御堂線に乗ってなんばで近鉄に乗り換え、鶴橋から特急に乗り換えて伊勢中川まで1時間乗ってそこから津市しやくそのある津新町駅まで行く。
 店が開いてなかったらしやくそ食堂巡りに変更できるようにね!
 駅から歩いて10分くらいだから計2時間あれば行けた。
 

292 302  「鰻の新玉亭」さんです。
 個人経営の店じゃないよ、鰻の専門店、老舗の鰻料亭と言っても過言じゃない。
 この店はその筋では(どの筋やねん)有名な店で、先の画像のようにてんこ盛りの鰻丼を出すというので前から行ってみたかったの。
 津市には割とよく行くんだが、何かと絡めていくので自由な時間が少なかったんだが、今回は13時に待ち合わせってことで、ちょっくら早めに出てお昼を食べてから仕事に行くことにした。
 ま、こんだけ食べて午後からちゃんと仕事になったかどうかは謎だけど。

300  誰かの大食いコラムで、ご飯の量が多くて鰻が足らんかった、ってな話を見てたので、おしながきにあるように「並丼」の二切ではこの量のご飯は辛かろう、ってんで「上丼」の四切を張り込んでみた。せっかく津まで来てるんだからこれくらいは良いだろ!

 待つこと10分、そわそわする。期待と不安が入り交じった落ち着かない感じ。
 (大)注文した時にお店の人に「食べられなかったら持ち帰ってもらいますからね~」と言われてたが、バカにするんじゃない!!! ワタシはあの「ちょいめしあさチャン」の爆裂中盛り丼を完食した男、この程度で臆する訳なかろう!

293 295  で、待ちに待ってた「上丼」の(大)が出てきたので原寸大写真と現物を比べていただきましょう。
 いやー、凄いですねー、迫力ですねー、豪快ですねー、どこから食べるんでしょうねー、食べきれるんでしょうかねー。

296  一通り写真を撮ったらさぁ、掘って掘って掘りまくろう!
 普通こういうデカ盛りの店にはレンゲが付いてくるんだが、そこはうなぎ一筋百余年、あくまで箸だ。
 どこから崩して良いのか分からんが、開いた蓋を受け皿にして鰻とご飯を取り分けてみる。
 まずは鰻、おおー、炭焼きの香りがしっかり移って香ばしい! 鰻も美味いじゃないの! ご飯はというと、その鰻の炭の香りが付いたタレがご飯に染み通ってるのでまた美味い訳だ。
 かなりレベルの低い話とすると、誰でも焼肉のタレでご飯を食べてみたいと思うじゃん、あれあれ。
 鰻のタレでもご飯ナンボでも食べれるような気するじゃん、そんな「夢」を今、ワタシは実現してるのだ!!!

 妄想は放っといて、箸は進む、休んじゃうと食べれなくなるからね、満腹中枢刺激されちゃうから。

297_2 298_2 299_2  まずは半分近く食べて一枚パシャリ、分かりにくいのでアップでもう一枚パシャリ。
 更に食べ進めて残り1/4でパシャリ、すげ~~~。ここまで崩してもまだ自立してる!
 で、1/4の時点で丼に倒したらこれで普通のうな丼でした。

301  もうここまで来たら楽勝、鰻の美味さとタレの美味さを感じながら美味しくいただきました、1kg以上の鰻丼完食。
 途中、写真撮ったりしてたのでだらだらしてたが、実際は10分くらいで食べきりました、やっぱスピードが大事だじぇい。
 中のご飯を見てもらっても分かると思うけど、白ご飯の部分がほとんどなく、ご飯の中までタレが染みこんでるのは圧巻。
 ただし、「並丼」の二切の鰻では食べきるのは厳しいと思うので、お値段は張るがやはり「上丼」の四切で食べることをお勧め致します。

 
 三重県侮りがたし!!!

 次回は名古屋麺まみれの予定です。

|

« フェブラリーS当たり馬券解説 | トップページ | アーリントンCハズレ馬券解説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/47652026

この記事へのトラックバック一覧です: ありえねー盛り、「鰻の新玉亭」うな丼上丼・肝吸い付き(大):

« フェブラリーS当たり馬券解説 | トップページ | アーリントンCハズレ馬券解説 »